HOME シドニー暮らし 生活便利帳 【海外移住】オーストラリア...

【海外移住】オーストラリアのクレジットカード、お金事情は?

さてさて、ウチの旦那さんの職場が変わりました。理由は勤務時間が長く、家族との時間が少なくなるからという理由で弁護士になりたくなかった彼は、某大学の某学部でなんとかなんとかっていう、ポリシー・オフィサーと言うポジションを見つけ、なんとめでたく採用となりました!

そこで、今はやりの(ずっと前から流行ってるんだけど)、オンライン銀行で二人の共同名義の口座を開いてそこにお給料を入れることにしました。今でもCommonwealth銀行の口座はあるんだけど、金利は安いわ、手数料はとるわ、とにかくなんだよ!って言う感じなので、使ってやらないことにしたんです。

まあ、と言うことで、今回はオーストラリアのお金の話をしましょう・・・・。

オーストラリアでは夫婦や恋人の共同名義の口座が開ける

日本では夫婦での共同名義の口座ってひらけないらしいんですが(どちらかの名義にしないといけないが、代理カードというのがあって、これで引き出しができるそうだ)、オーストラリアでは共同名義の口座がひらけます。

また、この二人の名義がある口座があることで二人の関係、つまり、内縁関係だったり、婚約関係(?)だったりと証明できるので、オーストラリア人と恋愛中、または将来結婚するつもりの人は、二人の関係を証明できるので開いておいたほうがいいです。

そして、最近のカードはキャッシュカードに加えて、クレジットカードもついて来ますので、講座を開くときに確認しておいたほうがいいと思います。

オーストラリアの基本的な利子について

当然ながら、オーストラリアでは銀行によってその利子率が変わってきます。ただ、オンライン専門の銀行の方が利子率が高いです。当然ながらオンライン専門なので支店がないし、オンライン上でもしも何かあった場合にはちょっと困ったことになるかもしれないという不安はあります。

ただ、この場合ですね、普通の銀行、支店がいくつもある都市銀行のようなもの(CommonwealthとかANZとか、NABとかそういう大手の銀行)だって、今はオンラインでデジタル管理しているので支店があろうとなかろうと特に大差がないそうです。

なので、オンラインの銀行で手数料は無料、しかも利子率が高いというのが多いんですが、たま〜に大手の都市銀行でもセールというか、ほかの銀行に流れないようにするために新たな戦略もやっているようなので、ネットでチャックするのをお勧めします。

最近では、iSelectとか、ifoChoiceとかで比較できるのもあります。特に、iSelectではかなりしっかりしたコンサルタントの人が働いているのでよく相談に乗ってもらえますよ。

オーストラリアで使えるクレジットカード会社は?

日本のように、オーストラリアにはクレジット会社は多くありません。日本は、まあ、結構色々あるみたいですけど、オーストラリアはもう、基本的には3つだけ。

VISAカード

マスターカード

アメリカンエキスプレス

この3つだけ。

で、この中でもアメリカエキスプレスは手数料が掛かるので、使えないお店やレストランがいっぱいあります。ですから、本当に使えるのはVISAとマスターカードだけ。そして、お店によってはお客さんがカードにかかる手数料を払う、つまりカードの手数料分2%とか、3%とか料金に上乗せされる場合があります。それと、$10以下ではカードが使えないとかそういうのもあるので、注意したほうがいいでしょう。

キャッシュレス大国・オーストラリア

まあ、海外は大体そうなって来ているんですが、オーストラリアも同じく、キャッシュレスが進んでいる国なんです。現在では、eftposと言われる、クレジット会社、銀行のキャッシュカード(Saving)などの機能を使って現金引き落とし、またはクレジットカード払いにするのが一般的になって来ています。  ウチも最近は、ほとんど現金を持ち歩きません。また、銀行を新たに開設し、希望するとDebitカードというのがもれなくついて来ます。

Debitカードとは?

Photo from ANZ bank in Australia

このディビット・カード、基本的にはクレジットカードのようなものなんですが、銀行の口座に使う分の預金がなければ引き落としができない、使えないというカードです。普通のクレジットカードと違うところは、クレジットカードは現金がなくても、当然ながら買い物ができますが、このDebitカードは現金が口座にないと買い物ができません。要するに、クレジットカードの使い込みができない、使い過ぎない!ということ。それに、カード破産しいても、このデビッド・カードならちゃんと発行してもらえます。

当然ながら、ネットショッピングにも使えますし、先払いしないというのがこのカードのいいところでもあるし、短所でもある。

Eftpos、PaywaveとPayPassとは?

Photo from Commonwealth Bank

また、VISAが提携しているPayWave、マスターカードが提携しているPayPassとお店やレストランにある機械にカードをサッとかざすだけで、$100以下ならばサインもPINナンバーも要らずに支払いができちゃうというもの。まあ、確かにちょっと盗難とかあったらどうなんですか?ってことも重要になるんですが、それでも便利なものなんです。

最近では銀行に口座を開くと、このデビット・カードがキャッシュカードと一緒についてくるようになりました。場合によっては、これにVISAやマスターカードもついてくる見たですが、銀行によって違いますので確認してからカードに契約しましょう。

オーストラリアのクレジットカード事情

日本はリボ払い、一括払い、分割払いなどの種類が選べますが、オーストラリアはそんな便利な(?)機能や選択はありません。私が思うに、こういう機能や選択って、実は使う人の首を絞めているんじゃないかと思うんだけど。だって、ああ、あの時はあれを選んだから、今回は・・・・なんて、考えていても、よく使う人は覚えてないだろうし、カード破産というのは、こういうところからくるんじゃないのかなぁ。

もともと、私は会ったこともない他人に自分の金をやる(寄付は別!)という事に結構、抵抗を感じるタイプなので、賃貸も嫌いだし(お陰様で持ち家です)、ローンも嫌いだし、キャッシングした時のボッタクリまがいの金利の高さにショックを受けてからクレジットカードのキャッシング程、もったいないものはないと思っているので、クレジットカードの使い過ぎなんて一回もないし、絶対にクレジットカードではキャッシングしないと決めているんですけど、それでも人生、何があるかわからない。

で、賢いオーストラリアでのクレジットカード選びというのをするために、ここでご紹介しますが、まず調べるのは金利。それぞれの銀行や金融機関によって、この金利が変わってきますし、年会費も変わってきます。当然ながら、クレジットカード会社が儲けていられるのは、この金利と年会費ですよね。

調べるポイント:

  1. 年会費 = annual fee
  2. 金利 = purchase rate
  3. 残高譲渡の金利 = balance transfer *
  4. 提携企業のポイント制 = rewards program
  5. トラベル保険などの特典付きなど

[aside type=”normal”]残高譲渡というのは、別のクレジットカードの残高、債務の一部、または全部額を別のクレジットカードに移転されることをいい、すべてのカード残高を1か所に収めて、残高と支払いまとめて行える方法なので、返済するのにも便利で元の支払いよりも金利が安くなるのが特徴です。[/aside]

まとめ

私たちも先日、新しいマスターカードを契約して、カードが来るの待っています。これは旅行保険が無料について来るもので、Bankwestから出ている年会費無料のやつで50日以内に残額を0にすれば金利がつかないというもの。Visaのデビットカードだけでは不安なので、このマスターカードを契約しました。

しかし、本当にキャッシュフリーになりつつあるオーストラリアですが、コーヒーとか小さいものを買うのがちょっと困るかなぁ・・・という感じ。実は、手数料はお店に掛かってくるので、コーヒーが値上がりしていると言う状況も無きにしも非ず。

それでも私としてはこのキャッシュフリーについてはものすごくありがたい。もうねぇ、オーストラリアの小銭ってものすごくデカイの。重いのよ〜。下手をすると財布がパンパンになるんだよ〜。だから、以前はできるだけ小銭を使うようにしていたんですわ。

と言うわけで、もしも日本に来るような方はキャッシュレス、それもデビットカードでペイパスやペイウェイブがついているカードをご持参くださいね、楽でいいですよ。

 

 

 

Sakura
2000年からオーストラリア在住。シドニー某大学の修士課程卒業。『海外在住引きこもり主婦』のアーティスト兼ブロガー。専門は銅版画ですが、油絵もやります。海外生活事情や文化などを中心に書いてます。
- Advertisment -

最新記事

人気の記事

ランダム

人気のカテゴリー