オーストラリアで家電製品をお得に買うプライスマッチとお勧めショップ4選

オーストラリアっていうのは、国がデカいくせに人口が少ないので実は商業的なシェアが狭いんです。なので、食料品にしろ電化製品にしろ基本的には選択肢が限られて来ちゃう。

それでも最近はネットが普及したので、Amazonのオーストラリア進出もあるし、eBayなどのオークションやネット販売も増えて来て、選択肢も増えてきました。

しかし、私はとりあえず、大きな買い物は自分の目で見てから決めますし、やっぱり同じ商品なら安いところで買う!っていうのが信条だし、こんだけ安く買ったぜ!という満足感も好き。

なので、今回は電化製品などは何処で買うかというお勧めのショップや方法をご紹介します。

 

店頭では最安値をチェックして、プライス・マッチする

多分、この古典的に店頭で買う人の方が断然多いと思うんですが、その時でもディスカウントしてもらえるかもしれない場合があります。

まずは、その商品の最安値をチェックしましょう。

例えば、テレビを買い換えようしましょう。

どんなTVがいいのかわからない場合ですが、それは店頭に行ってどんなテレビがいいのかを物色しましょう。

この時、店員さんが来てあれこれと世話を焼くとは思いますが、とりあえず、このときは「ちょっと探しに来たの。教えてくれるかしら?」程度にして、ここで一気に買う素振りは見せない方がいいでしょう。

そして、デザインや仕様、予算に見合ったTVが見つかったら、とりあえず、そのお店を離れましょう。

まずはお茶でも飲んで、ネット検索します。

そして最安値を表示しているお店を探して、そのお店と競合してもらうように交渉するのです。

ネット検索の時の注意点

ネットでその商品の最安値をチェックするんですが、この時に注意しなくちゃいけない以下の条件があります。

 

1. ネットショップであってもオーストラリアの会社

2. 海外からの輸入でないこと

3. グレーマーケットと言われる転売ではないこと

4. 会員制や特殊なクーポン、送料などを含めた金額ではない事

 

私も何度かネットショップの金額を提示したら、

「ああ、これはネットショップだからダメ。店舗販売の金額を探して」

と言われたことがあります。

そしてお目当てのTVの最安値が見つかったら、それを持ってまたお店に戻ります。今度は人の良さそうな、店員さんを見つけて、

“This is the lowest price, can you do the price match?”

「これが最安値だから、プライス・マッチしてもらえる?」

と聞いてみましょう。

これがPrice Matchというもので、基本的に大概のお店でこのプライス・マッチポリシーというのがあるんです。言わないだけで。たまに表示もしていないところもあったりします。

「ウチの店はそんなことやってないよ」

と言われる場合があるかもしれませんが、その時は、

“OK, then. I will go to another shop. Thank you.”

「オーケー。じゃあ、他の店に行くわ。ありがとう」

と言って出て来ちゃえばいいだけの話で、彼らが損をするだけですから。

 

オーストラリアでお勧めの電気店

では、何処に行くか・・・ということですが、

オーストラリアでは大手の電気屋さんがありますが、面白いものである程度の特色があるんです・・・企業色とでもいうのか?

そこで豪州在住歴20年からの経験で、独断と偏見を持ってお勧め、レビューする電気屋さんをご紹介しますね。

1. BING LEE : ビーイング・リー

実はウチの電化製品は全て、このBing Leeで揃えているくらい、うちはここのお店で買ってます。

と言うのは、カスタマーサービスがいいから。

このお店は中国系のオーナーさんなんですが、非常に社員さんの教育がいいと言うか、とってもフレンドリーで面倒見がいいと言う感想があります。

いつも行くお店でもちゃんとプライス・マッチしてくれるし、わざわざ他の会社のネットに行って自ら何処まで安くなるかやってくれる。

しかも、プライスマッチしたのにも関わらず、もっと安くなるかもしれない・・・と言って、更なるディスカウントを試みてくれるんです。

それがどんなに小さい買い物でもやってくれる。

まあ、店員さんにもよるんでしょうけど、私が行くいつものお店ではこんな感じで皆さんが頑張ってくれるんです。

BING LEEのお勧めポイント

  • 翌日デリバリー可能
  • ネット注文でもお店に取りに行ける
  • アフターペイ支払いも可能

 

BING LEEのサイトへ

2. The Good Guys : ザ・グッド・ガイズ

こちらの大きな電化製品を扱っているお店は、なんと2016年に上記のJB Hi-Fiに吸収合併されたんですねぇ。。。知らなかった。

まあ、あまり驚かないと言うのはこちらのお店はあまり流行っていない感じ・・・。

たまにこちらに行って買い物とか見るんですけど、店員さんにやる気が感じられないと言うか。

たまたま行った場所がそうなのか、たまたまあった店員さんがそうなのか・・・いや、数店舗行ってるんだから。私の気のせいではないはず。

まあ、安く買えればそれでいいと思っているので、欲しい品物があった時には行きます。。。

 

The Good Guysのお勧めポイント

  • 翌日配達が選べる
  • ネットで注文して店頭に取りに行ける
  • 会員になると特別割引や特典がもらえる

 

The Good Guysのサイトへ

3. Harvey Norman : ハービー・ノーマン

Harvey Normanはオーストラリアでは大手の会社になります。

大きな電化製品からベッド、家具やキッチンのリノベーションなども扱ってますし、ショッピングセンターには必ずと言っていいほど入っています。

ですが・・・

そして私ら夫婦が絶対に行かないのが、このハービー・ノーマン。

これ、個人的な話になるので申し訳ないですけど、なぜか何処の店舗でもタカビーな店員が多い。面倒くさがって説明すらしてくれない人が多い。過去に何度も行ってますし、違う店舗にも行ってますが、なぜかどこの店舗の従業員も態度が悪い。。。。

なので、どうしてもここにしかない場合とか、どうしても他に行くのが面倒くさい!という時にしか行かない。

ちなみにここでもプライスマッチやってます。。。

ここで働くと偉いのか???と思う、会社。

ちなみにコロナウイルスの時に、この会社のとある店舗では、

「ウチのマットレスはウイルスはないよ、だってオーストラリア製だから」

というような看板を出して、顰蹙を買い謝罪しています。

このような宣伝をしたのは、この会社だけ。。。

Harvey Normanのお勧めポイント

  • 家具とかベッドなども買える
  • ネットで注文して店頭に取りに行ける
  • 60歳以上だと10%のディスカウントがある

 

The Good Guysのサイトへ

4. JB HiFi : ジャイビー・ハイ・ファイ

黄色い店舗でよく見るお店で、ヘッドフォンやらパソコンやらカメラやらと小さいものが買えるお店。

まあ、そこそこの品物が揃っているので洗濯機や冷蔵庫などの大きな電化製品はないですが、オーディオなどのショッピングには非常に便利。

大きなショッピングセンターには必ず入っているので見逃すことはないでしょうね。

このお店もprice match policyがあります。

JB Hi-Fiのお勧めポイント

  • 家具とかベッドなども買える
  • ネットで注文して店頭に取りに行ける
  • 60歳以上だと10%のディスカウントがある

 

The Good Guysのサイトへ

オーストラリアでお勧めの電気屋さんまとめ

今回は店舗で買える、電気屋さんをご紹介しました。

あ、ちなみに大きなMyerとかDavid Jonesなんかにも当然ながら電化製品は入っていますが、多分高いと思うのでここではディスカウントしてくれるショップを扱いました。

ネットで買うよりもきちんと品物を見て、サイズを確認してから買う!という人もいます。私も基本的には、サイズを確認して、実物を見てから買うタイプです。

特に、我が家は作り付けというかユニットになってるので、サイズが重要なんですね。

大きすぎたら絶対に入らないキッチンの冷蔵庫だったり、バスルームに備え付けになった洗濯機に乾燥機・・・サイズだけはチェック!

それにそれぞれに仕様も違うし、やっぱりカスタマーサービスできちんと説明だって聞きたいです・・・。

なので、やっぱり私はBING LEEがおすすめですね。

どこのお店も丁寧に説明してくれる人が多かったです。ですが、出来ればローカルのお店に行ってみることをお勧めします。その方が多分、もっとフレンドリーなのではないでしょうか。

まあ、私の独断と偏見でのレビューではありますが、参考になれば嬉しいです。