オーストラリアが鎖国決定!豪州国籍保持者と永住権保持者の家族以外は入国禁止

意外に早かったこの決定。3月20日金曜日の夜9時から施行される現実的には鎖国に入ります。オーストラリアの首相スコット・モリソンはオーストラリアの国籍保持者と永住権保持者のその家族以外は入国禁止という事です。

また帰国した人達も、14日間の自己隔離で従わない場合には罰金刑だそうです。

これはCOVID-19の拡散を制限するため、すべての非市民および非居住者が入国を禁止する方針で、以下のように発言しています。

We believe it is essential to take a further step to ensure we are now no longer allowing anyone, unless they are a citizen or resident or direct family member in those cases, as is applied, to all the other travel bans put in place previously

「以前に実施された他のすべての旅行禁止と同様、豪州国籍保持者、永住権所持者または直接の家族メンバーでない限り誰であっても、入国を許可をしないという更なるステップを踏むことが不可欠であると考えている」

モリソンによると、

「外国人によるオーストラリアへの入国は、これまでに発令された入国制限のおかげでかなり国境措置のためにすでに減少していると発言。通常の時期の約3分の1で、特に14日間の自己隔離を課した後はもっと減少した」と述べています。

確かに、だいたいオーストラリアに旅行に来る場合、1週間から2週間の予定の人が多いでしょうし、これでホテルなどで隔離となると何のために行くねん!?

っていうことになりますから、行く意味ないわけです。まあ、そういう意味では当然ながら渡航して来る外国人は減りますよね。

ただ、私は早くて来週の月曜日か来週の金曜日あたりに鎖国するのではと思っていたのですが、今回のスコモの対応は結構、早かった。

前回の山火事の時には家族でハワイに行って、かなりの顰蹙を買ったので多分、周りが助けて「お前、さっさとやった方が国民の信頼を獲得するぞ」なんてことを言われたのではないかと推測しておりますが。

実際にオーストラリアで現在まで確認されているコロナウイルスは、565人で、感染の症例の約80%は、最近海外に旅行した人と彼らに接触した人とされています。

また現在でも、最近海外から旅行したり、確認済みのCOVID-19の感染者に接触した人は、あるいはコロナウイルスの症状が14日以内に経験した人のみが検査を受けること勧めています。

そしてニュージーランドも国境を閉鎖というニュースも入ってきましたね。

早いです!

実際に一番効果があるのは、封じ込めなんですよね。人の流れを止める。中国の例を見ても、特に海外からの流れを止める事で感染を防ぐのに一番いいとされていますから。

でも豪州の学校はまだ休校になっていない

しかしながら、経済的な破綻を避けるために学校はまだ休校になっていません。が、実際には親の権限で学校を休ませている家庭も多く、ウチの次男の私立学校ではもう既に半数以上の生徒が自宅で勉強しているという状況です。

学校を休校にさせるとやはり親の負担が多く、病院に勤める人や老人ホームや施設の人手が子供のケアのために取られて、医療に支障が出るという事もあるという考え方もあるようですが…..

学校は既にオンラインで授業内容を掲載していて、日々のプロジェクトをGoogleのファイルからダウンロードして印刷し、それをノートに貼り付けて勉強させています。

一応、休みを与えて私の隣で頑張って勉強していますが、なかなか、家庭で学校と同じようにやるというのは難しいですわ。。。。

ですが、学校からも質問があれば担当の先生にメールしてくださいとの連絡もあるので、小学生4年生なのでなんとか私がやれてますが、このままでは高校生の子たちは大変だろうなぁ・・・と。

しかしですね、コロナウイルスは風邪やインフルと同じような経路で感染するので、学校をそのままというのは非常にリスクが高いと私は思っているし、先日も豪医者友人とも話してて、出来ればサッサと休校にして欲しいという話でした。

私もGP(豪州の一般医)とよく話すんですが、子供がいる家庭ではわかると思いますが、子供なんですよ、あいつらがぜ〜んぶ、風邪とかインフルとか貰ってくるんですよ。特に欧米ではキスやハグが大好きだから、子供とスキンシップをたくさんするでしょ?もう、ガンガン移る。

だから、確かに経済も大事だけどね、人の命だって大事なはず。

本当にやることがセコいというか、金が大事の豪州政府。。。。

一般家庭には、心臓病の人もいるし、糖尿病の人もいるし、お年寄りだっているわけですよ。それなのに低所得の国民(一定の条件を満たした人のみ)にたったの$750しか渡さず、後はどうしろっていうんでしょうね?

 

問題は国民の経済的な保障はこれから?

各国の政策として、素晴らしいリーダーがいる国はさっさと経済的な保証を発表しています。

カナダの首相である、ジャスティン・トルドーはFacebookを通じてこう声明を出しています。

No matter who you are or what you do, right now you should be focused on your health – and not about whether you will…

Posted by Justin Trudeau on Wednesday, 18 March 2020
We're in this together.

‪As you cope with the COVID-19 situation, we're focused on helping you get through this. Here’s what we’re doing to support you. ⤵️

Posted by Justin Trudeau on Wednesday, 18 March 2020

要するに、心配するな、金は用意してあるから、これで国民全員の生活の保障をしてあげるから!この大変な時期を一緒に乗り越えよう!!

っていうことを言っているんですね。

素敵ですよねぇ・・・・。

羨ましわ。。。。

同じようにニュージーランドの首相もまた経済的な心配をしないようにいま調整中だからね!ということを伝えております。

そして他国のリーダー方の対応をまとめたFacebookの投稿から。

 

 

で、金に汚い豪州のスコモ。。。

え?$750だけ?

おい、だから国民が爆買いとかに走るんだよ。

政府を信用してないって事よ。

さて、これからどんな経済的な救済をするのだろうか見ものだけど。

もし分からなければ、ジャスティンに電話して聞いてみたらいいのに。

という訳で、豪州国民としてこの大変な時期を乗り越えましょう!!ローカルどうしで助け合っていくしかないんだよね、政府があてにならないって事は。

誰だよ、こんな政府に投票したやつは!!

 

新型コロナウィルス関連の記事はこちら: