HOME トラベル情報 世界で最も住みやすい国ラン...

世界で最も住みやすい国ランキング、海外永住オススメ情報

ネットサーフィンをしていると、結構面白い記事に出くわします。今回は、国連が発表してた世界で最も住みやすくにランキングを見つけましたので、ご紹介したいと思います。

国連は、人が長生きし、健康な生活を営む場所、言い換えれば、住むのに最も適している国々にランクされている「人間開発報告書」を毎年発行しています。国連は、平均余命、教育、ジェンダー平等、財政的富を含む多くのカテゴリーにわたり、約200カ国を調査しました。
ここでは最高得点を記録した国がありますので、ご紹介しましょう。

世界で最も住みやすい国々

11 アメリカ:United States of America

米国は金融資産が高く、アメリカ人は平均して53,245ドルの収入を得ています。

ー 個人的な意見としては、医療保険問題が大きいと思いますね。収入が少なければ、国民健康保険がないため、どうしてもプライベート保険に入らなければなりません。保険がなければ、全て実費になり、ものすごい金額の医療費がかかります。ある一定の収入がなければ、医療にかかれないということになるのです。

10 カナダ: Canada

米国と同位です。カナダは教育成績が高く評価されます。住民の半数以上が大学を卒業しています。

ー カナダは新しい若い、首相になり、さらに教育面、それから移民制度に力を入れています。新たに移民する人たちに仕事の斡旋や語学のサポートなどに力をいていて、移民するには良い環境と言えるのではないでしょうか。

 アイスランド:Iceland

アイスランドの人々の平均寿命は長く、82.7年です。

ー アイスランドは、自然も多く、温泉もあってものすごく魅力的な国。この国の福利厚生もしっかりしている代わりに、税金が高いです。オーストラリアは25%で、アイスランドは25.5%です。人口が少ないので、しっかりと福利厚生をするにはどうしても税金が高くなります。

 アイルランド:Ireland

アイルランドで犯罪が少ないです。利用可能な最新のデータによると、殺人率は10万人あたりわずか1.1人。

ー アイルランドの犯罪率の低さは、有名らしいです。旅行に行くにはいいかもしれませんが、国の経済にはまだまだ厳しものがあると思います。経済的な理由から、アイルランドからオーストラリアに移住してきた人も多いです。

 オランダ:The Netherland

この国は世界で最も低い所得不平等率(12.4%)を誇っており、1990年代半ば以降も継続的に減少しています。

ー オランダは、以前から住みやすいという話を多く聞きました。欧州は比較的、福利厚生もしっかりしてますし、教育面でもいろんな補助金などが出る国が多く、オランダも色々な福祉や援助も充実しているということです。

 シンガポール:Singapore

この国の人々の平均余命は高く、シンガポールでは83歳以上です。

ー 私の友人でも2家族がシンガポールに移住しています。この2家族は転勤で移住していますが、多分、帰って来ないかもしれません。もちろん、収入によってですが、メイドを雇ったりと、生活水準も高いそうです。

 デンマーク:Denmark

デンマークは国連のランキングでシンガポールと並んでいます。男女間の平均賃金を比較すると、デンマークのフルタイム従業員の賃金格差は7.8%になっています。比較のために、ギャップは米国で17.9%を上回っています。

ー デンマークは早くから、男女平等、フェミニズムが盛んに叫ばれきた国という印象があります。実際にこうやって数字にすると、きちんと反映されているのだな、と思います。

 ドイツ:Germany

2016年現在、ほとんどの大学はドイツの住民と留学生のために無料で、人口の96%以上が少なくとも中等教育を受けています。

ー これは確かなようで、私も友人から聞いた話で、長男がドイツの大学に留学中だということです。奥さんの方がドイツ出身で、息子さんは親戚のうちにお世話になっているそうです。

 スイス:Switzerland

この国は全体的な健康状態が高く、平均寿命も83歳、またマラリア、HIV、結核などの疾病のリスクは比較的低いです。

ー また、福利厚生も他の北欧の国と同じく、充実しており、ホスピスでのケアーには最新の設備とケアーが施されているということです。

 オーストラリア:Australia

教育はスイスと同位で、この国の全国GDPの5%以上を占めています。国連は、ほとんどの学生がオーストラリアで約20年間学校に通うことを発見しました。

 ノルウェー:Norway

13年連続のノルウェーでは、生活水準、平均余命、教育水準が最も高く評価されています。国の堅牢な公的資金提供の医療システムのおかげで、平均余命は82年です。

参照:Business Insider

まとめ

いかがでしたでしょうか。2位に堂々と、私の国、オーストラリアが入っていました。嬉しいですねぇ。確かに、オーストラリアはすごく暮らしやすい国です。福利厚生もしっかりとしていますし、現政権のせいで大学の学費が上がり、北欧諸国とはかけ離れた基準になってきているとはいえ、それでも暮らしやすさは変わらないと思います。
また、1位のノルウェーは実は、オーストラリアでも人気の国で、寒いから嫌という人は多いものの、それでも福利厚生の充実により、移住してもいいかなぁ・・・なんて話も結構、聞きます。いずれ、行ってみた国でもあります。

 

 

 

Sakura
2000年からオーストラリア在住。シドニー某大学の修士課程卒業。『海外在住引きこもり主婦』のアーティスト兼ブロガー。専門は銅版画ですが、油絵もやります。海外生活事情や文化などを中心に書いてます。
- Advertisment -

最新記事

人気の記事

【国際結婚・恋愛】外国人の恋人に絶対やってはいけない5つのこと

日本もだんだんと個人主義が浸透しつつあるようの思う今日この頃・・・・でも、やっぱり日本独特の文化や背景があるので、ちょっとやそっとじゃ、欧米...

『白髪を染めない』格好良さを追求|白髪ヘアスタイル特集!

さて、私の旦那の髪は、すでに真っ白と言っていいく...

【欧米式子育て】赤ちゃんの寝かせ方:『抱き癖』で夜泣きがひどくなる!?

  昨日、クリーニング屋さんに行った帰りにちょっと...

外国人が驚く日本人の『無礼な習慣』と『マナーの悪さ』7つとは?

ウチの旦那は、オーストラリア産まれの今年で55歳に...

【オーストラリア移住】オーストラリアは本当に理想な国か?豪州永住歴20年の現実

さてさて、ちょっとばかり調べてみると、なんとオース...

オーストラリアは人種差別が多い?豪州移住19年から見た豪州の人種差別

最近になって、日本でも移民を入れると言う政策が進ん...

【少子化問題】日本は子供が産めない国?少子化に歯止めがかからない理由とは?

昨日のヤッフーニュースで見た記事。「総務省が「こど...

【スピリチュアル】晴明神社はちょっと他の神社と違う、その理由とは?

さて、晴明神社のことについて、以前も書いているんで...

『生き甲斐』とは?40代と50代は生き甲斐を見つけて人生を変えるべし!

先日アップした記事で、海外では40代、50代になる...

【奈良吉野山】 脳天大神:びっくり仰天のすごいご利益のパワースポット

またまた、吉野山のご紹介です。 吉野山のと言うの...

ランダム

海外在住者が戸惑う、日本語歴史。なんの事か今更聞けない26語

今年でオーストラリア移住してから(200年)19年...

【ダイエット】Kombuchaは減量にマジで効きます!2週間で3キロ痩せた!!

さて、今回はダイエットの話。日本でもコンブチャダイ...

【バセドウ病】(3)オーストラリアでバセドウ病と眼症の治療

さて、3回目のバセドウ病についてですが・・・・・ ...

世界で最も幸せな国ランキング:The Most Happiest Countries in the ...

おおお、見逃していました!ちょっと前に出た、201...

【海外移住】海外生活でホームシックにならないための5つの秘訣

私がAU旦那と国際結婚をしまして、オーストラリア...

【Mac備忘録】無料写真編集、加工アプリ『Fotor』がスゴイ!

以前は、Macからついて来ていたiPhotoが好き...

Amazonアソシエイトの商品紹介でTwitterに画像が表示されないを解決

Twitterのフォロワーさん達がこぞってAma...

【海外出産】オーストラリアで出産のメリットとデメリットとは?

当然のことながら日本の出産と欧米の出産ではかなりの...
PVアクセスランキング にほんブログ村

Instagram

オススメ記事