世界で最も外国人雇用の良い国ランキング

 

仕事で海外在住する人が周りで増えています。近所のご家族も、シンガポールに3年、今回はインドに在住が決まったそうで、フェィスブックでエキゾチックな写真を載せてくれています。最初は不安だったけど、住めば都で結構楽しくやっているみたいです。では、どんな国が平均どのくらいお給料なんでしょうか、ちょっと興味があったので調べてみましたので、ご紹介します。

HSBCは、最新の外国人エクスプローラ報告書に基づいて、キャリア駆動の外国人のための最良の国のランキングを発表しました。 YouGovの調査で190の国と地域からおよそ2万7000人の外国人が調査報告書を送付し、彼らがどこに住んでいたか、働いているか、家族を育てるのが楽だったかどうかと質問をしました。HSBCはキャリア進展、ワーク・ライフ・バランス、雇用効果などを見て、キャリアに基づいて結果を集計しています。 (給料も考慮されますが、決定要因ではありません)。

世界の外国人雇用の良い国々

10 バーレーン:平均外国人給与:$ 98,622(11,113,170円)

Photo by Rory via Flickr

アラブ湾に30以上の島を持つ国であるバーレーンは、古代から主要な貿易ルートの中心に位置しています。近代的な首都マナマで、絶賛されたバーレーン国立博物館は、何千年もの間この地域で栄えた古代ディルムン文明の遺物を展示しています。繁栄している街のバブ・アル・バーレーンのバザールは、カラフルな手織りのファブリックとスパイスから真珠に至るまでの商品を提供しています。
海外在住者の65%は、HSBCによると、バーレーンでの仕事の一環として家に帰るための年間手当を受け取ります。中東全域では、海外駐在者の91%が契約の一環として何らかの利益を報告しており、世界平均の67%と比較しています。

 

 イギリス:平均外国人給与 :$83,227 (9,352,550円)

外国人のためのトップ10に入ったのは英国初のことです(この調査はBrexit投票の前に行われましたが、それ以降は変更される可能性があります)。HSBCは次のように述べている。「英国の駐在員は、自国(64%)と比較して新しいスキルを習得し、キャリアを進める可能性が最も高い(62%)」と述べています。

 

 ホンコン:平均外国人給与:$169,756(19,076,160円)

香港は、HSBCによれば、より多くの人生を求めている人たちにとって、彼らのキャリアをさらに追求するための素晴らしい場所です。回答者の68%がこれがキャリアを進める良い場所だと答えたが、50%は香港に移ってからワークライフバランスが悪化していると答えました。

 

 オーストリア:平均外国人給与:$85,288 (9,584,153円)

英国と同じように、オーストリアは今年トップ10に入りました。オーストリアはワーク・ライフ・バランスに関して高い評価を得ています。回答者の71%が、これをメリットとし、仕事文化として強調しました。

 

 シンガポール:平均外国人給与:$138,641(155,79,643円)

シンガポールは香港と同様、キャリアを進めるには最適な場所ですが、ワークライフバランスには最適な場所ではありません。在籍者の62%がキャリア進歩を遂げたと答えたが、30%は生活水準の低下を報告しました。しかし、シンガポール在住の外出先の53%が、自分たちの仕事でより多くの満足感を感じていると答えました。

 

 

 ノルウェー:平均外国人給与:$97,486(10,954,891円)

ノルウェーは今年上位10以内に入った初めての国で、ノルウェーで働く外国人の調査ではワーク・ライフ・バランスが最も改善していると回答した回答者は87%だった。

 

 アラブ首長国連邦:平均外国人給与:$112,820(12678034円)

在住外国人の56%は、HSBCによると、アラブ首長国連邦での宿泊手当を受け取り、75%は健康上の利益を受けます。

 

 スウェーデン:平均外国人給与:$84,802(9,529,539円)

働くためにスウェーデンに行く外国人の71%は、スウェーデンの仕事文化が自分の母国の改善だと言います。 HSBC Expatのディーン・ブラックバーン(Dean Blackburn)氏は次のように述べています。調査によれば、ヨーロッパには成功した外国人のキャリア投資のための優れた勤務先がいくつかあります。ヨーロッパの6つの国がトップ10入りし、ワークライフバランスと仕事の安全性が高いと言います。

 

 ドイツ:平均外国人給与:$97,693(10,978,153円)

HSBCによれば、ドイツは外国人のための最善の勤務地であり、主な優先事項は新しいスキルを習得し、続いて雇用保障とキャリアの進歩です。外国人の70%が、就労の安全が自国より優れていると言います。

 

 スイス:平均外国人給与:$188,275(21,157,214円)

HSBCは次のように述べています:「2年連続で、スイスは海外のキャリアにとって最高の総合的な地位を誇っています。最高の収入見通しと良好なワーク・ライフ・バランスと優れた仕事文化を兼ね備えています。スイスの所得は188,275ドルで、世界平均の97,419ドルのほぼ2倍です。

参照:Business Insider

まとめ

ヨーロッパ、強いですねぇ、10カ国のうちの6カ国がヨーロッパです。確かに、ヨーロッパは福利厚生や福祉の面で優れていますから、職場環境もいいのではないかと想像がつきますね。

実は、ウチの主人もできれば海外の会社で駐在員として働いて見たいというようなことを話していたんですが、これはどうしても子供が小さいうちであるとか、子供がいないとか、独身であるとか、といった限られた条件でないと難しいということで却下になりました。まあ、子供が大きくなってもアメリカンスクールなど、インターナショナルに入れればいいかもしれませんが、できるだけ長い間その会社に勤めることをお勧めします。中学や高校になるとどうしても受験や大学進学といったこともありますし、思春期などを迎えると、どうしても情緒不安定になったりするので、子供はある一定の年齢になったら、変化の少ない、安定した家庭環境を整えてあげる方が良いと思います・・・まあ、個人的な意見ですが。

オーストラリアにも日本からの駐在員の方もいらっしゃるし、その方々はどうなんでしょうか、満足のいくような待遇なんでしょうかねぇ・・・?