実は殺されるかもしれない可愛い動物10選

実は可愛いはずの動物が本当は、結構危険で、殺される可能性も高いらしい・・・・。そんな記事を見つけましたので、ご注意のためご紹介します。(って言っても、本当に出会うことは稀だと思いますが・・・念のため)。

 スローロリス

Photo from International Animal Rescue

もう、この目を見てください。ものすごく、可愛いでしょう!でも、これは世界で最も毒性の高い哺乳動物であることが知られているんです。誤って噛むとアナフィラキシーショックやその他の危険な状態になることがあります。科学者らは、ロリスがコブラと同じくらい危険だとしています。実は小さなモンスターなんです。

 

 イルカ

この情報は本当に衝撃を与えるかもしれませんが、私たちは真実に直面しなければなりません。実はボトルネズミイルカは自然の理由もなく人間を殺すことができる唯一の種です。イルカは確かに高い知性を持っていますが、残念なことに時にはそれほど無害ではないようです。人間と同じようにね。

 

 ポイズン・ダート・フロッグ

このカエルは驚くほど美しく、とっても魅力的に見えるが、これは外観が欺瞞的なんです。これらの毒カエルにはいくつかの種類があり、毒性の程度は様々です。最も危険なのはこの金色です。彼らが触れると大人10人を簡単に殺すことができるそうです。

 

 フグ

By Philippe Bourjon via Wikipedia

みなさんご存知のこちら、結構可愛い顔をしているんですが、食べると一番致命的な魚になります。この種の夕食は、毒素のために魚が十分に準備されていないと致命的になることがあります。

 ゾウ

私たちは、最大かつ最強の動物であるにもかかわらず、ゾウは親切で素朴な生き物と見なしていませんか。おそらく、近年、象を巻き込んだ致命的な事故が増えてきたのも、安易に素朴で優しい動物と勘違いしているからかもしれません。彼らが実際どのように知的であるかを忘れないでください。

 

 カバ

愛くるしい目や、ソフトな外見のカバの口は非常に広く開き、歯の重量はそれぞれ6.5ポンド以上になります。子ウシを持つ母親カバは、人間や他の動物にとって特に危険です。彼らのしなやかな外観にもかかわらず、彼らは時々驚くべき30マイルを疾走することができ、アフリカでは人間を巻き込んだ事故が多発しています。

 

 アリクイ

彼らはちょっと歯が見えないし、無害だと思うでしょう。このような動物は人間をどのように傷つけるのでしょう・・・そう、その爪に注意してください。それは主にそれらを使って食糧を発掘しますが、それを使って自分自身を守ることは躊躇しません。それはただ1回の引っ掻きで信じられないほどの害を与えることができます。

 白鳥

白鳥はロマンチックな鳥だと思っていますが、白鳥は実はとても獰猛で、彼らが脅威を感じる場合、彼らは自分自身を守るために果敢に襲ってきます。餌を与えようとしても、襲ってくる場合があるので、餌を与えないでください。

 

 ゴマアザラシ

これらのものは非常にかわいく見えるので、私たちに害を与えるなんて想像できないかもしれません。しかし、研究者に対する攻撃の事例はよく知られており、かなり攻撃的な行動をする可能性があります。彼らの好きな食事の1つはペンギンです。

 

10 パンダ

彼らはとても無邪気でとっても愛らしい・・・そして、平和と親切の象徴となりました。しかし、あなたはパンダをいじらない方がいいでしょう。あなたが誤ってその領土を横切った場合、または危険を感知した場合、パンダは真剣にあなたを傷つける可能性があります。

参照:Brightside

まとめ

スローロリスに毒があるのは知らなかったです。ただ、こういう自然にいなければならない動物をペットとして買うのはどうかと思うのですよ、いつも。たまに、ペットでチンパンジーなどを買っている人が(ハリウッドの有名人とかね)たまにいますが、実はチンパンジーや猛禽類は子供の頃はいいのですが、大人になるとホルモンのバランスや何やらで、自然界にいないと精神のバランスを崩して、凶暴になると何かのレポートで読んだことがあります。しかし、獰猛になるならないに関わらず、犬や猫などの長い間、人間のペットとしている動物はやはり、そういうDNAを持っていますから、順応できるでしょうが、こういった自然界の動物を人間の自己満足のためにペットにするのは、かわいそうですし、その動物にとって、酷だと思います・・・。まあ、ここにいる動物たちのほとんどは直にお目にかかることはないでしょうが、もしも、偶然に、遭遇するときは気をつけましょう(笑)。