オーストラリアでは選挙は義務!投票日は公立学校の募金の日

オーストラリアの選挙は義務

 

今日、オーストラリアの選挙日です。なので、私たち夫婦も次男を伴って選挙に行って来ました。私は数年前にオーストラリア国籍を取得しているので、当然ながら投票する義務がありますので日頃からどんな政党がどんな種子で活動しているのかを認識する義務もあります。

ここでは政党については言及しませんが、今回のこのNSW州の選挙は大きな影響があるのでかなりの注目とされています。

また、オーストラリアでは、投票することは国民の義務なので、もしも投票にいかないと罰金が課せられることになります。

ですから絶対に行かなくちゃいけない。

で、その罰金はいくらか?と言うとですね、

初回はAU$20で、次からAU$50になります。まあ、そんなに高額ではないですがそれでも罰金になりますし、印象も悪いですね。

ちなみに私は現在、オーストラリア国籍になっているので当然、この選挙は私の義務になっていますし、選挙管理している名簿にも名前が載っています。市民権と永住権の違いはこちらから↓

オーストラリア国籍を取得した理由:市民権と永住権の違いとは?

 

 

投票所は募金とファンドライズががんばる!

オーストラリアの選挙日は、ケーキを買って募金
この学校の生徒の親御さんが作ったケーキで資金集め

そして、投票場所は主に公立の小学校が対象になります。こういった選挙の時には募金やフォンドライズを目的とした売店が出ます。以前から公立学校の補助金や資金が現政権になってから特に削減されていますから、最近は品物も多くなったような気がします・・・。

カップケーキだったり、ホットドックだったりとこの学校が主催して父兄が交替で売店に出ていますし、地域のレストランや中小企業さんもまたラッフルなどをやって、募金活動をサポートしてくます。

ですので、息子はホットドックを朝食に。

そして、その後はカップケーキ。

オーストラリアの投票所で食べ物が買える
メニューが書いてある。
オーストラリアの投票所
ホットドック販売を担当するバランティアの親御さんたち
投票所のバーベキューのメニュー
バーベキューのメニューも丁寧に書いてあります。

 

こんな感じで、選挙の土曜日はみんな集まってきます。

私達は空いている時間を狙って、朝っぱらから眠たい頭を伴いながら選挙に行くんですが、道すがら近所の人とすれ違ったり、立ち話をしたり、なんだから和気あいあいという雰囲気があります。

選挙場となっている学校の前にはサポーターの人がいて、その政党のチラシを配ったりしていますが、支持する以外の政党のチラシはみんな貰わないので、人気のない政党のサポーターの方はちょっとかわいそうな気もしますが、まあ、曖昧なサポートは心情としない豪州気質、はっきりしているのでこれもまたリアリティー。

ちなみに、仕事や用事がある場合は、当然ながら前もって投票することも出来ます。

私は豪州国籍を取る前までは、OZ旦那の投票が終わるまで待っていたり、家でお留守番が多かったのですが、やっぱり、その国住んでいて税金を払っているわけですからしっかりと政治に参加するべきだと思って国籍を取りました。

ニュージーランドでは永住権保持者にも参政権があるそうで、オーストラリアでは以前はあったそうですが、永住権保持者の参政権は廃止になったそうです。税金を払っている以上、直接この国でのソーシャルベネフィットの恩恵を受けるわけですから、基本的には市民権があるなしに関わらず、参政権があると私は思いますけど・・・。

というわけで、選挙の土曜日はこんな感じでどこの選挙区でも活気がある1日になります。

個人的はグリーンと労働党に頑張ってもらい、国民のための政治を改革してほしいものです・・・頑張れ!!