子連れで行くアイスランド

 

アイスランド。黒い溶岩、白い雪、緑の苔、そしてまあ、氷の土地。 以前、ベン・ステラーの映画、“The Secret Life of Walter Mitty”をみて以来、どうしても行ってみたい国になってしまいました。なぜか、いつもIceland、アイスランドとグリーンランドを間違えちゃうんですが・・・・どう考えてもアイスランドの方が緑が多いからなんでしょうが・・・イメージの問題ですね。さて、今回はこのアイスランドについて調べてみました。実は、結構、子供連れでも楽しめるようなのです。
では、まず初めにまだ見ていない方のために、“The Secret Life of Walter Mitty”のトレーラーを見ていただきましょう・・・。

アイスランド

北極圏に近い北大西洋に位置するアイスランドは、大陸間の橋渡しをしています。湾岸の流れのおかげで、アイスランドは涼しくて温暖な海洋性気候で、夏は爽やかで、冬は驚くほど温暖です。アイスランドの文化は、孤立と自然の極端な力によって形成されています。これらの条件は、家族関係密で、伝統を受け継いで行く感覚が強く、自然との結びつきで、柔軟性のある人々を作り出しました。

アイスランドの気候

夏は天気に恵まれるので、旅行に最適な時です。厚着をする必要なく、道路は凍結もなく安全です。冬の季節には、雪と氷が子供が好きなディズニー映画「フローズン」を連想させる冬の不思議の国を作り出します。冬の間は運賃も安くなる可能性があります。

交通手段

観光をするのに、最も簡単な方法は、レンタカーやツアーバスです。バスツアーは毎日のエクスカーションを推測し、言語の壁や国際道路規則、冬の凍結や雪などの運転などで心配したくない親のために、よりリラックスした旅をすることができます。大家族の場合、車をレンタルすることで費用を節約することができます。

アイスランドの言語

元々はアイスランド語で、現在でも使われていますが、ほとんど英語が通じます。

アイスランドの観光名所

1️⃣ Blue Lagoon:ブルーラグーン

まず有名な、ブルーラグーンを訪れて見ましょう。レイキャビク中心部とケフィビク国際空港(レイキャビク最寄りの空港)の中間に位置するアイスランドの有名なブルーラグーンは、旅行からストレスを取り除くヒーリング熱水で​​、時差ぼけを乗り越えたり、ハイキングから疲れた筋肉を癒すのに役立ちます。

寒い気候であっても、ここでは子供たちも外を駆けずり回ることができるでしょう。また、もしも湿疹などがある場合、泥のスクラブは鎮痛剤としても働くことので、試して見てはいかがでしょうか。スイムアップバーでは、子供たちにはヨーグルトスムージーやワインとビールをいただくことができます。室内カフェでは、体力を温存するため、健康的な食事を提供しています。あなたが計画しているなら、あなたは空港に出入りする途中でブルーラグーンに寄ることもできます。

2️⃣ Gullfoss:ガルフォスの滝

アイスランドは数多くの壮大な滝を誇っていますが、ガルフォスの滝(Reykjavíkから約70マイル)は家族が1年中いつでも楽しめる場所で、 ガルフォス(「黄金の滝」を意味する)では、滝が岩の上に注ぎ込まれ、霧と虹が現れます。冬には、急な水の周りに氷柱が形成され、絶え間なく変化する氷の彫刻が生まれます。 ゴールデンサークル(Reykjavíkから中央のアイスランドと背中に回る南アイスランドのルート)のバスツアーでも訪れることができます。そして、幼児でも安心して歩ける道があります。

 

3️⃣ Geysir:ガイシール

活発な火山活動のため、ゴールデンサークルに沿った場所で起こる、地熱による水蒸気の噴水は一見の価値があります。水蒸気が上がる場所では、簡単なロープで柵があるだけのもなので、迫力は満点でしょう。また、近くに他の地熱プールがあるので、見て回るためのハイキングの時間を残して起きましょう。

4️⃣ Thingvellir National Park:シンベリー国立公園

Photo by Keryn Means

大昔、バイキングが関与しているときには、会議をする時の議席は頑丈な古い建物ではありませんでした。アイルランドの国会議事堂は、アイスランドがバイキングによって解決された直後に、アイスランドの一族全てを代表するごとく、ここシンベリールの野外集会として930年に設立され、19世紀までここの場所にあったのです。1930年に設立された元の国会議事堂の遺跡を保護するために設立されたシンベリール国立公園は、レイキャビクの中心部から約1時間半のところにあり、アイスランド最大の自然湖、Þingvallavatnの北岸に建てられました。

ここでは、当時の芝生と石で作られた古い議会のベンチを見ることができます。このエリアを通るハイキングは欠かせないものですが、時間が足りない場合、尾根の頂上にある観覧駅に行き、山、平原、湖を見て見ましょう、壮観です。

5️⃣ Jökulsárlón:ヨークルスアゥルロゥン

Jökulsárlónは、Vatnajökull国立公園の端にある南東アイスランドの大きな氷河の湖です。レイキャビク・エクスカーションやアイスランド・エクスカーションが運営するツアーに参加して、夏には最高の氷原を体験しましょう。これらのツアーには、レイキャビク(Reykjavík)からのバス乗り場があり、Skaftafell国立公園、Seljalandsfoss滝、Skógafoss滝の停留所があります。浮遊している氷山に近づいたり、海岸に座って湖を漂う青と白の氷山を見たり、地球上の他の多くの場所を見ることのできない他の世界の風景を作り出すボートツアーもあります。

 

6️⃣ Puffins:ツノメドリ

アイスランドの夏には、世界のパフィンの60%以上がアイスランドで見つかることをご存知でしたか?この鳥は4月下旬に到着し、8月末までにいます。車を借りて、Landeyjahöfn港まで車で行き、Vestmannaeyjarまでフェリーでこれらの可愛い鳥を見たり、パフィンが巣にしている島々をボートツアーしたりできます。ウェストマン諸島の鳥を見るための、スポットは、ヘイマイ、ルンディ、アクレイです。 これらの場所はツアーボートで一番近くに見えますが、すぐ近くにいる親を邪魔するほどには近づきません。

7️⃣ Aurora:オーロラ

太陽風と磁気圏に帯電した粒子の衝突によって引き起こされる自然な光の表示である神秘的なオーロラ・ボレアリスは、アイスランドで明るく輝いていますが、この幻想的な美しさがいつでも見れるとは保証できません。それらを見るのに最も良い時期は、冬の間、10月から4月です(夏は日が長くなるので、オーロラを捕らえる機会は少なくなります)。ボートツアーやバスツアーでは、その日の夕方くらいを目処に、条件が最も良い場所を探します。その日によって違いますので、最適な日を決定するためにオペレーターに確認してみてください。

8️⃣ Hallgrimskirkja:ハットルグリムス教会

レイキャビクの最大の教会であるハットルグリムス教会の外観は、地上レベルから十分に印象的ですが、ぜひ子供たちを上に連れて行きましょう。名目上の料金でエレベーターを利用して、街、水、周辺の山々を見ることができます。モダンなステンドグラスの窓から覗き込んだり、1つの階段を上って上のデッキに行くこともできます。サッカー場、カラフルな屋根のある白い家、港からの往来のボートを指差しながら、子供たちと一緒にミニスカベンジャーを楽しんでください。

9️⃣ Reykjavík:レイキャビク

レイキャビクは公共の芸術や彫刻、素晴らしい飲食店、子供たちが遊ぶ公園で埋め尽くされていて、散策にはもってこいの町です。旧市街やウォーターフロント、湖に向かって水鳥を見たりピクニックを楽しんだり、人々を眺めたりするのも良いでしょう。船着場に沿って歩いて、漁船やツアーボートを見ることができます。アイスランドの国立博物館を訪れたり、遺産や国の歴史を知るのも良いでしょう。町を通る主要通り沿いの多くのショップで、アイスランドの羊毛製品を買い物してみましょう。

参照:ParentMap

まとめ

もう、映画だけでも「なんて綺麗なところなんだろう!」って思っていましたが、こうやった調べてみると、ますます行きたくなります。最近は、ノルウェーや北欧の家具やインテリアが流行りの方ですが、本当にアイスランドは「ミニマリズム」に溢れていて、心静かになるような国ですね。冬と夏の両方に行って見たいですが、春あたりだと、両方楽しめそうかなぁ・・・。さて、皆さんはどう思いましたでしょうか?