Google Search Consoleでユーザーを追加する方法

ブログ運営ではこのGoogle Search Consoleを使うことでサイトの記事やページのカバレッジやインデックスなどのGoogleの検索結果に便利なツールです(この使い方やその目的はまた後から説明するとして)。

が、たまに自分ではどうしようできない問題にぶち当たることがあります。例えば、インデックスができなくなったとか、カバレッジが非常に多くなったとか少なくなったとか。そして専門知識が少ないサイトオーナーさんは専門家に任せるということになります。

しかしこのサーチコンソールのGoogleアカウントを個人的に使っている場合には、自分のプライベートなメールなども見れますから、他人とシェアするには非常に不都合な場合があります。

なので、専門家に見てもらう際やサイトを他人とシェアする場合にユーザーを追加して、そちらの方にアクセスしてもらう方がいいでしょうし、実際、そのように使うのが理想的です。

今回、私のサイトのGoogle検索結果の表示に日付の非表示表示のWordPressでの設定を更新し、Google Search Consoleにも再インデックスしたにもかかわらず、いまだに記事によっては日付が表示されるという問題と、ampのページや訳の分からないページが自動制作されていている件について、現在のNewspaperのテーマに質問しました。

そうしたら、Google Search Console、WordPressのログイン、cPanelのログインの詳細をメールで教えてくれとのこと。

うわ〜、テーマだけじゃなくて、そこまでケアしてくれるんか!と感動した次第です。

そこで急遽、Google Search Consoleのシェア用のアドレスを登録し、ユーザーを追加したんです。

今回はその備忘録ですね。

自分のプライベート、個人用のGoogleメールアドレスをシェアしないようにする方法ですので、私のように後先考えていなかったブロガーの方に参考になればいいかと思いますww。

 

1. Google Search Consoleにアクセスする

まずはGoogle Search Consoleにアクセルしてログインします。この時に使うのは自分がサイトのオーナーとして登録しているGmailアカウントになります。

次に左側のツールの一覧から、『設定』を選び、クリックすると設定画面が開きます。

この『設定』画面の『ユーザーと権限』のところをクリックします。

 

 

次に『ユーザーと権限』の表示の右にある『ユーザーを追加』のところをクリックします。

ここから新しいユーザーとして新しいGメールアドレスを追加することができます。

 

 

画面が変わり、ここ部分に新しいユーザーやシェアするGメールを登録するのですが、前もってGメールアカウントを制作しておく必要があるので、使うGメールがない場合で新たにメールアドレスを作る場合には、ここにアクセスする前に作っておいて下さい。

次に『追加』をクリックすると、新しいGメールアドレスが追加されます。

 

 

次に自分のオーナーであるGメールアカンウトからログアウトしてます。

Google Search Consoleにアクセスし、シェアするメールアカウントからログインして実際に使えるかどうかを確認してみましょう。

 

というわけで、結構、簡単にシャアするアカウントを追加できちゃいますので、この方法で自分のプライベートなメールを読まれることなく、Google Search Consoleをシェアすることができます。

私の新しいGメールアカウントは基本の英語になっているのでここは英語の表示になっていますが。

実際には、初めから自分のプライベートなメールと分けておいた方が良かったんですけどね。いやはや、全然、考えてなかったよ・・・・。

というわけで、参考になりましたら嬉しいです。

 

参考になるかもしれない関連記事: