【ブログ備忘録】Google Search Console:『データーがありません』の原因は?

お〜い、もう・・・なんで??ちょっと、私のブログサイトの様子をグーグル様で調べてみようと思い、Google Search Consoleを開いてみて、サイト自体の改善はないだろうか・・・と。そしたら、なんとデーターがない事が発覚。

え??なんでデーターがないの?

と言う事で、こんな事が結構あるんじゃないかと思いますんで、久々の備忘録でやってみたいと思います!

 

Google Search ConsoleとIndexされているサイトのURLアドレスを確認する

まずは、一番はじめに確認してなくちゃいけないのは、現在インデックスされているURLのwwwの有無。独自のドメイン(アメブロとかじゃなくて、WordPressやその他、自分ででホームページを作成した際のドメイン)の前に「www.がつく場合」と「www.がない場合」の両方が自動的に作成されます。

まあ、基本的にどちらを優先させてインデックスするかは、ユーザーが決めることなんですが、何も設定を行わないと検索エンジンの方で自動で決めらちゃって、インデックスされてしまうケースがたまにある。そこで、自分がネット上に挙げられているアドレスとそうじゃないアドレスをきちんと確認しておく必要があります。私の場合は、なぜか『www.』がついてなかった。

例えば私のサイトのアドレスの場合:

https://www.myartylife.net/

これがプロバイダーからの登録したアドレスなんですが、Google Search Consoleで調べてみたら・・・・

https://myartylife.net/

になっていた・・・。

 

『www.無し』と『www.有り』を両方追加して改善する

 

で、こうなるときちんとしたデータが出てこないので、次に行うのは、Search Consoleに『www有りのURL』と『www無しのURL』を両方登録しておこうと言う事です。

そう、普通に新サイトを追加するように、登録しちゃってくださいね。

Googleの公式ヘルプを見ると、Search Consoleには『www.有り』と『www.無し』の両方を登録することを推奨しています。
参照:使用するドメインの設定(wwwの有無)

 

まとめ

で、この使用する関連するドメインを追加する事ができるのを知らなかった私は・・・・ドメインをGoogle Search Consoleから削除しちゃいました・・・。そして、『www有り』のドメインを新規で追加したわけです。

バカです・・・大バカです💦

そして、当然のことながらサイトマップもデーターも全て消えた!当然なんですが・・・。しかし、新たに申請して見ると同じ承認コードが出てきたので特に問題ないだろうと思ってるんですけど。それで、とりあえずまたサイトマップをアップしてみた。う〜ん、どうなるんだろうと今でも不安なんですが。

それから、Google様の推奨どうりに『www.無し』のアドレスも新たに追加してみましたら、なんと、削除したサイトマップも元どおりになっていたので・・・ああ、良かった・・・のか?

全くもって、素人は本当に困るよ・・・と自分で戒める事件だった。

皆さんも、ハラハラドキドキでブログ運営をしていることでしょうが、

うん、頑張りましょう。