【Mac備忘録】Macを高速化する13の方法|Macが遅いと感じたらすること

 

Macを使いこなしていくと、だんだんと遅くなっていくような感じがします・・・・。まあ、特に、何年も使っていたりすると、どんなコンピュータでも遅さが目立ってくるものです。しかし、幸いなことに、それを元通りに戻すのに役立つヒントがいくつかあります。

ここでは、ハードウェアをアップグレードすることなく、よりスムーズで、かつ効率的にMacを早くする方法と注意点をいくつかご紹介します。

(1) 起動時に起動するアプリの数を減らす

コンピュータの電源を入れたときに起動するように設定された、さまざまなプログラムがある場合、Macが起動するまでに時間がかかります。アップルアイコンをクリックし、『システム環境設定』→『ユーザーとグループ』→『ログインアイテム』に移動することで、起動時に起動するようにプログラムされているアプリケーションを確認できます。

このリストには、コンピュータで起動するすべての項目が表示されます。各アプリの横にあるチェックボックスをオンにして、ウィンドウの下部にあるマイナスボタンをクリックして削除します。

 

(2) ソフトウェアのチェックをする

多くの場合、ソフトウェアのアップデートにより、コンピュータの動作が遅くなる可能性のあるバグや不具合が修正されます。コンピュータが動作しているOS Xのバージョンで使用可能なソフトウェアのアップデートがないかどうかを確認してください。これを行うには、左上の『Appleアイコン』をクリックし、『ドロップダウンメニュー』から『App Store』を選択します。ほとんどの場合、アップデートが利用可能になったときにMacにデスクトップ通知が表示され、警告が表示されます。

 

(3) リスタート、再起動させてみる

Macのラップトップやデスクトップでは、たまに再起動が必要な場合があります。他のオプションにジャンプする前に、コンピュータを再起動してみてください。

 

(4) ブラウザで未使用のタブを閉じます。

ブラウザーの開いているタブは、少量であってもメモリを占有します。ブラウザーで検索して、タブを使用し終えたら、閉じるという習慣をつけてみてはどうでしょう。

 

(5) 使っていないアプリを閉じる

ウェブブラウザのタブのと同じように、大量のプログラムを開いていると、あなたのメモリを消費します。 Appleには、アプリをすぐに終了させるのに便利なキーボードショートカットがいくつかあります。たとえば、『コマンド』、『オプション』、『エスケイプ』を押すと、『Force Quit Applications』が開き、現在開いているアプリケーションを強制終了させることができます。

 

(6) デスクトップのファイルを少なくする

デスクトップにファイルを移動して、保存するのはとっても便利なのですが、各デスクトップアイテムは小さなウィンドウのように、独自のメモリーフットプリントで扱われます。そのため、類似のアイテムをフォルダにまとめたり、使用しないアイテムを削除したりすることで、デスクトップ上のアイコンの数を減らしてみると、実際にMacのパフォーマンス向上をもたらすことができます。

 

(8) Activity Monitorでバックグラウンドをチェックする

Mac上のActivity Monitorは、バックグラウンドで実行されているプログラムをみることができ、どれだけCPUを使っているかを確認することができるプログラムです。Spotlight検索で『Activity Monitor』と入力して、『Activity Monitor』を開きます。ここからコンピュータ上でメモリを占有しているプログラムを確認し、それらを終了することができます。これらのバックグラウンドプロセスを閉じるだけで、Macのスピードアップができると思います。

 

(9) 使っていないアプリケーションを削除する

アプリはステムのメモリを消耗します。ですから、もう使用していないゲームのアプリ、またはプログラムをダウンロードした場合は、それを削除して、いくらかのメモリースペースを作りましょう。

 

(10) Macのスケールエフェクトを使う

Macが使用する素晴らしい視覚効果は、古いモデルの場合は遅くなる可能性があります。それらをオフにしてスピードを上げる方法があります。

最初の方法は、Macがウィンドウをドックに最小化する方法を少し変更することです。まず、『システム環境設定』→『Dock』に行きます。次に、『ジニーエフェクト』を『スケールエフェクト』に切り替えます。 スケールエフェクトアニメーションは、Macの負担を軽減します。

 

(11) 透明度を下げる

別の簡単な変更は、Macが使用する透明度をダイヤルすることです。これを行うには、『システム環境設定』→『アクセシビリティ』の順に選択し、『透明度を下げる』ボックスをクリックします。

 

(12) ブラウザのキャッシュを削除します

ウェブ・サーフィンしている間にパフォーマンスが低下していると感じたら、コンピュータではなくウェブブラウザが問題になる可能性があります。パフォーマンスを向上させるためにキャッシュを空にしてみてください。ここでは、Google Chromeで説明します。『Chrome』→『閲覧履歴を消去』をクリックすると消去されます。

 

(13) 必要のないブラウザの拡張機能やプラグインを確認

ウェブブラウザは、コンピュータと同じように乱雑になることがあります。ブラウザのプラグインをインストールして、忘れてちゃってないでしょうか?これまで使用していない古いプラグインをすべてアンインストールするだけで、パフォーマンスを向上させることができます。 特にChromeを使用している場合は、あまりにも肥大化しないようにしましょう。

参照:Business Insider

まとめ

結構、これだけのことをやると結構、速くなるはずです。手っ取り早いのが、再起動・・・なぜか、これだけでフリーズしたり、ちょっとおかしいのが治ってしまう場合があります。また、Macを綺麗にしてくれるアプリもあって、簡単にやってくれるのがありますので、また今度ご紹介したいと思います。Macが遅くなった?と感じたら・・・・どうぞ、試してみたください。

まあ、Macのモデルが古くなったり、使っているとだんだんといろんな「オリ」のようなものが少しづつ溜まっていって、遅くなってきます。ですから、まあ、使い方や頻度にもよりますが、ワタシはだいたい3年を目処に買い換えています。Photoshopも使うし、サイト管理もするし、あれやこれやで結構使ってますからね、クリーニングのアプリじゃどうしてもキレイにならないことも多いし・・・・。ああ、今回は、ちょっと早かったかな・・・2年とちょっとか。小さい13インチが欲しくて、15インチのMacbook Proを息子にあげました。奴は、今年からグラフィック・デザインを選択したとかで、Macbook airではメモリーも少ないし、対応しきれないと思ったので・・・それでも、愛着ってありますよねぇ・・・。ちょっと、手放すのが惜しかった・・・。