【ブログ備忘録】アドセンスを自動で挿入するプラグイン:AdSense Integration WP QUADSの設定方法

さてさて、ブログ備忘録です。今回は、アドセンスを便利に貼り付けるプラグインを紹介します(インストールの覚書ですけどね・・・)。

この手のプラグインは、結構出ているんですけれども、何故かきちんと機能しなかったりします。以前、同じようなプラグインを使ったんですが、きちんと機能しなかったんです・・・・ですからNoteにコピーしてから手動でやってました。

そこで、レビューでの評価のよかったこのプラグイン:AdSense Integration WP QUADSをインストールしてみようと思います。

AdSense Integration WP QUADSの特徴

このプラグインが、他の類似のプラグインよりも優れているのは以下の点です:

  • アドセンスの広告のコードをサイトに自動挿入できる
  • 記事内の『上、中、下』または、任意の場所に広告を表示できる
  • 特定のページだけを非表示にすることができる
  • ウィジェットに広告を指定して挿入できる
  • ショートコード、PHPコード指定して広告を挿入できる
  • 編集エディタに広告の表示タグを挿入できる

など、他にも機能があり、有料版もあります。しかし無料版で事足りるので、まずは無料版で試してみるのがよいでしょう。

AdSense Integration WP QUADSのインストール

 

 

AdSense Integration WP QUADSをインストールし、『有効化』します。そのあと、ワードプレス制作のサイドメニュー『設定』の下に、『WP QUAD』が表示されているのでカーソルを合わせて、『ad settings』をクリックします。

 

記事内広告の基本設定

1) アドセンス広告のコードを登録する

初めに『GENERAL & POSITION』の一般設定セクションが表示されますが、まずは『ADSENSE CODE』のセクションを開き、アドセンス広告のコードを入力します。『AD 1』の『>』をクリックしすると、アドセンス広告コードを入力する場所が現れます。ここに、コピーしたアドセンス広告のコードを貼り付けます。

 

 

 

3) レイアウト設定をする

ここでは初期設定(ディファルト)で、画像が左寄せになっています。画像を中央に合わせるのか、右寄せにするかを決めることができます。その下に『Margin』で、外側の余白の設定ができます。

*『0px』のままだと全く余白のない状態になるので、私は、『20px』で設定しました。

 

4)広告を入れる数と場所を設定する

ここで『GENERAL & POSITION』のセクションに戻り、どこに広告を挿入するのかを決めます。まず、『Limit Amount of ads:』では、広告を入れる数を設定できます。現在では、Googleアドセンスの広告は特に挿入する数は決まっていません。ですので、ここは初期設定のままの『Unlimited』にしておきます。

 

5) 記事内広告を入れる場所を設定する

次に、『Position – Default Ads』(広告の初期設定場所)では、3つの場所を設定することができます。

  1. 記事上部
  2. 記事中部
  3. 記事下部

『ADSENSE CODE』のセクションで登録したアドセンス広告のコード、Ad 1, Ad 2, Ad 3を記事上部、記事中部、記事下部のいずれかに入れます。その際、『Assign』にクリックを忘れないようにしましょう。

 

6) 広告を表示するページの指定

『Visibility』(表示対象)を選びますが、これは初期設定からすでにクリックがされているので、ここはそのままにしておきます。

7) ページタイプの選択

『Post Types』では、『post(投稿ページ)』、『page(固定ページ)』のいずれか、または両方を選ぶことができます。私は、固定ページは文字数も少ないので、投稿ページだけの挿入設定にしました。

8) 『Quicktags』クイックタグ

次に、『Quicktags』ですが、テキストエディターにタグを追加する場合にクリックしておきます。そして最後に、『変更保存』をクリックして終わりです。

これで、記事を公開すると自動的にアドセンス広告が記事内の任意の場所に配信されることになります。

 

ウィジェットに広告を指定して挿入する設定

1) 『WIDGETS AD CODE』セクションを開く

『WIDGETS AD CODE』は、ウィジェット用の広告コードを登録するセクションです。『Ad widget 1』の『>』をクリックして開き、そこにウィジェット用の広告コードをコピーして貼り付けます。

 

2) レイアウト設定する

このプラグインの初期設定では、記事内広告用と同様に画像が左寄りに設定されています。ここでも、画像を中央寄り、右寄りと選択肢ることができます。入力が終わったら必ず『変更を保存』をクリックしましょう。

 

3) ウィジェットに挿入する

『外観』→『ウィジット』をクリックして、ウィジェットの設定エリアに移動します。ウィジェット用のアドセンス広告のコードを登録すると、自動的に『AdsWidget1(WP QUADS)』が生成されます。これを任意の場所にトラックするかクリックして挿入します。

 

まとめ

以上がこのAdSense Integration WP QUADSのインストールの方法です。これでアドセンスの広告が記事を投稿するたびに自動的に挿入されることになります。私も同じようなプラグインを使ったことがあるのですが、このAdSense Integration WP QUADSが1番正確で使いやすいです。

アドセンス広告は、一つの広告コードを使い回すのではなく、それぞれの場所に1つずつ制作しましょう。それぞれのコードによって、アナリスティックによるアクセス分析が可能になりますので、どこの位置の広告が1番アクセスが多かったのかが分かるようになります。ですから、めんどくさくてもそれぞれの場所の広告は別々のコードを使いましょう。