世界でもっとも美しい運河の都市10選

 

水路は長い間都市の一部であり、景観にユニークな美しさを加えています。長年に渡って、運河は、セキュリティ、灌漑、ナビゲーション、近隣の町への接続などさまざまな理由で都市に建設されました。しかし、郵送手段が変わっため、運河があまり使われなくなってきましたが、「水の都」、世界で最も美しい運河の都市のリストをご紹介します。

世界の水の都ランキング

 ベニス:Venice

イタリアのこのロマンチックな街は、間違いなく世界で最も有名な運河の街です。橋でつながれた118の島のグループから成っています。ヨーロッパで最大の自動車のない都市で、ゴンドラと呼ばれる小型ボートがこの運河都市の主要輸送手段です。ヨーロッパで最も人気のある観光地の1つで、1日あたり5万人以上の来場者があります。大運河はヴェネツィアの主要な水路で、合計170の運河と400フィートの橋があります。

 

 バーミングハム:イギリス

イングランドのこの都市は、ロンドンの首都ロンドンに次いで2番目に人口の多い都市です。運河は今日まで輸送の主要な手段で、都市の重要な部分をすべて通過します。最初の運河は1769年に掘られて以来、運河の長さは174マイルに増加しました。長さの点では、この運河の都市はヴェネツィアよりも長い運河を持っています。道路の道を作るために水路のいくつかは最近舗装されていますが、運河のシステムは輸送の重要な部分のままです。運河を航行するクルーズ中、観光客は街の美しい景色を楽しむことができます。

 

 ヒートホールン:オランダ

オランダのヴェネツィアとよく呼ばれるこの村は静かで素朴な場所です。運河は土地の一部を分けており、村の異なる地域を結ぶ140以上の橋があります。ヴェネツィアのようなこの村は車ではなく、ボートやサイクルが主要な交通手段です。この村では、「囁きのボート」と呼ばれる電気機関を備えた特別なサイレントボートが、環境に優しく、非常に美しいものになっています。

 

 

4 蘇州:中国

この美しい中国の都市は静かな運河と美しい庭園で有名です。最大の人工運河、618年に完成した大運河もこの都市を通ります。この1200マイルの長さの運河とは別に、街を通る15の小さな運河があり、地元の人々のための主要な交通手段です。小規模と大規模な運河が交差して、町を渡って容易に航行可能なネットワークを形成しています。

 

 アレッピー:インド

ケーララ州にあるこの町には、多くの美しい湖、ラグーン、川、上水道、運河ネットワークがあります。 Vembanadのバックウォーターは、ケララで最も人気のある観光スポットの1つであり、Alleppey市の近くに位置しています。この運河の都市は、多くの運河や湖が都市を横切るため、東のヴェネツィアと呼ばれています。 Alleppeyには、ケンララ州最大の湖、Vembanad湖もあります。この運河の街には雇用のための多数のハウスボートがあります。

 

 ストックホルム:スウェーデン

この都市はスウェーデンの首都で、隣接する14の島に建設されています。ほとんどの観光客や地元の人々はボートを使って街を回り、水路は釣りや水泳のような活動のために解放しています。この運河の都市は、世界でも最も緑の多い都市の1つで、多くの公園や保護区域があります。夜の運河でのボートでは、静かな水域からの光を照らし出すような街のユニークな風景が楽しめます。

 

 ブルッへ:ベルギー

ベルギーのこの都市は、水路、緑地、そして多くの砦のシステムで有名な美しい中世の町です。 Burgesは多くの運河と美しい建物のために北のヴェネツィアとして知られています。観光客にとっては、街の運河に沿ったボートツアーが街を探索し、地元の生活を味わっていただくのに最適な方法です。この町では、さまざまな種類のチョコレートを生産しています。

 

 バンコク:タイ

タイの首都は、最初の運河が街の国境を守るために建てられた18世紀以来、運河に大きく依存しています。世界で最も訪問された都市の1つであるこの都市では、灌漑や航行用に建てられた運河の数が増えています。多くの運河は排水され、道路を建設するために舗装されていますが、運河は依然として最も重要な輸送手段の1つであり、商業の中心です。バンコクの運河はクロン(Khlongs)と呼ばれ、クロン・セーン(Khlong Saen)は今日存在する主要かつ最長の運河です。小さなボートは街を巡り、観光のためだけではなく、有名な浮遊市場からも観光の魅力を引き出す最良の方法です。

 

 ケープコーラル:フロリダ州・USA

フロリダのこの都市は、世界のどの都市よりも長い運河を持っています。それは、都市の近くの塩水と淡水湖を結ぶ400マイルの長さの運河システムを持っています。これらの運河は人工的なものであり、街を壮観にしています。これらの運河は19702年に建設され、複数の目的を果たしています。街を回り、近くの農場の灌漑にも役立ちます。複数の水域の相互接続は、都市の洪水を防止する。ウォーターフロントには多くのレストランやリゾートが建てられています。

 

10 カントー:ベトナム

Photo by Doron via Wikipedia

ベトナムのメ​​コンデルタに位置するこの都市は、世界最大の運河都市のひとつです。それは多くの運河と河川ネットワークの交差点にあります。運河と河川は合わせて1157キロメートルあり、ホー川はこの都市を通る最大のものです。バンコクのように、この運河の都市には水上マーケットがあり、最も有名なのがカイラン市場です。観光客は、市場を見ながら地元の生活の味を得ることができ、本物のベトナム料理を味わう素晴らしい方法です。

参照:Earth&World