HOME 備忘録 TwitterやFaceb...

TwitterやFacebookをやらなくてもブログ運営は出来る理由と1年で辞めた理由

ブログ運営やブログを始めるというと、必ず出てくるの『SNSとの連携が必須』とか『ツイッターやFacebookの連帯が集客に有利』などと書いてあります。当然ながら、私もこのブログを始めた当初はハウツー物を参考にしていましたから、素直に登録しました。

最初のうちは、ブログを書くのが楽しくて、一日に2つとか3つとか投稿を書いていました。しかし、なかなかアクセスが集まらない。。。。ですが、徐々に2ヶ月目くらいからアクセスが集まりだした。そうなると、もっとアクセスが集まって、アドセンスで稼ぎたい・・・という欲が出てくるわけです。

そして、またブログ運営のエキスパートな大御所さんたちを真似て、Twitterに力を注ごうかと思い、実際に本格的にやり出したのは約一年前です・・・。ここに、その時の感想を書いてあるので貼っときます。

 

しかし、一年後、実際にはどうなったかというと・・・・

という話をこれから書いてみます。

これもまた、私の価値観の話になるので「ああ、こういう風に思う人もいるんだな」という感じで読んでいただければありがたいです。

そう、私はTwitterを辞める決心をしました。

 

私がTiwtterを始めた理由

冒頭にも書いていますが、私がTwitterを始めた理由はただ単にブログ運営のため。

ネットでブログの集客を増やす、収益を増やすという事を調べていたら、みんながみんな、ほとんどの人が「SNSは必須」と言ってたから。

しかし、ブログ運営、特にこのブログは雑記ブログなので、特化型のブログやトレンドブログよりもずっと時間がかかるということ自体も理解していなかったので、初心者の私はすぐにでもアクセスが欲しかった。

そこで「よっしゃ、ツイッターでも始めてみるか」と安易な考えで本格的に始めたのが1年前です。

そして始めた結果、世界中にいる素敵な方々と出会えること、自分自身の視野が広がり、さまざまな人の意見を交換し、楽しい話題も多く、「おおお、なるほど」とイロイロと勉強になりました。そして気がついたら、食事中にもTwitterをチェックすると言う中毒症に・・・・。

そして、過激な内容のコメントに「うわ〜、なんだこれ〜!」とビビってみたり、それと戦うフォロワーさんの逞しさに脱帽したり、そこに同感してコメントしてみたりとブログの更新よりもTwitterにハマるという、ミイラ取りがミイラになったという感じ。

いや、この日本社会にトラウマを抱えている私が、1年もTwitterにはまっていたのですから、まあ頑張った方ではあると思いますけど。。。。

で、始めた理由、もう一言ですね。

『ブログ集客のため』です!

 

SNS(TwitterとFacebook)のメリットとは?

さて、ここでですね、巷に溢れるブログ経営法にある『SNSは必須』と言うことについてちょっと振り返ってみたいと思います。

Twitterを始めるメリットとはなんでしょうか、色々とあると思いますが、ザックリと考えて見ますと、

  • Twitterでフォロワーさんを集めてブログを読んでもらう
  • フォロワーさんのリツイートでアクセスを稼ぐ
  • 炎上させて爆発を仰ぎアクセスが増える
  • Twitterで繋がって、イベントやオフ会などに参加できる
  • 有名になりたい(インフルエンサーになりたい)

なんだよ、たったの4つしか思い浮かばないじゃねぇか!

まあ、これは一般的な感じですからね、いろんなご意見があると思いますが、このメリットにどこまで自分が賛同できるかどうかと言うことだと私は思います。

そして、私個人としてこれに賛同できるかと言えば・・・・

イベントやオフ会なんて、絶対に参加しない!!

引きこもり主婦ですよ?なんで、引きこもっているかと言うと、他人と関わるのが嫌だから!!

じゃぁ、何やってんの、私!?

はい、これはウチのAU旦那に散々言われたことですよ・・・・とほほほ。

*ちなみに、ウチの旦那は絶対にSNSはやらない人。

 

なぜ私がTwitterを辞める決心をしたのか

ブログの集客を増やすために始めたTwitterですが、バカな私は次第にはまっていきます。

だってね、すごくびっくりするような人がいっぱいいるんです。匿名だからと言うのもあるんでしょうね、言いたい放題。それに対して怖いもの見たさ、びっくり仰天人間模様、日本の経済や社会状況は20年経った私はもう100%浦島太郎状態。

その刺激にハマり、当然ながらブログの更新も滞るような自体になり、これじゃ、いかんなぁ・・・と思うようになったのが数ヶ月前から。。。

もう、これは100%私の不徳の致すところ。

そして、以前もそんなことを匂わせたら、たくさんの励ましのリプをいただきましたが、その中にも、やめるとは言ってないのに、

「だったら、さっさと辞めろよ」とか、「こう言う奴に限ってやめないんだよな」と言うようなリプを多くもらった。そして、ごもっともだったのが「多分、フォローしている人達を変えればいいんじゃないの?」と言うもの。

なので、そうか、じゃあ、ちょっと他のタイプの人も見てみようと思ったが、結局見つからず・・・そのままの状態で過ごすことに。

 

精神的に負担になってきた

私はもともと日本では美容師をやってました。自慢じゃないですけど(すいません、自慢ですけど)顧客は700人を超えていた時期もあったんです。なので、別に人と話すのは好きな方ですし、人の話も聞くのは全然オッケーな部分もあります。

そして、友達も豪州に来てから大学に行ったり、その頃からの友人もたくさん出来ました。

ですが、私は基本的に気にするタイプで、幼馴染からは『ガラスの心臓』と呼ばれています。特に、産後鬱をやった後からはもう、私の中の様々なフィルターが壊れたんでしょうね、とにかく非常に敏感になってしまった。すぐにパニック障害を引き起こしたりするようになった。

特に日本にいた時に職場いじめや中学校時代のイジメなどのトラウマがあっという間に表面化したりと、とにかく、もう人と付き合う事自体が苦痛になり、ここ最近は本業のアートの方もお休みするといった感じで引きこもりになってます。

そして、このブログにも書いてますが、私にはたった一人しか日本人の友人はいませんし、日本人社会に加わる気も全くないし、オーストラリアに来ても日本人の方々にはまあ、色々と嫌な目に遭わされたこともあり、正直に言って、もう付き合うのはこりごりなんです。なのに、どうして日本のツイッターなんぞにハマったのか・・・この葛藤もありました。

そして自分も匿名にしといてこう言うのはなんですが、匿名ということで何でもあり的にものを申す方々には非常に抵抗を感じます。中傷的なリプや嫌がらせのリプ、いわゆるクソリプについても正直、こういう世界がある事自体が信じられないくらいの衝撃を受けました。

実際に、『出羽守』なる海外在住者を馬鹿にするような言い方もTwitterを始めてから知ったんですけど、なに?嫉妬??何でもかんでもバカにしないと気が済まない国民性?と思ったのが正直な感想。

そしてきちんと私のリプやブログ記事を読みもしないし、一方的な解釈をつけてツイートしてくるし、自分の倫理観や理解力の無さを棚に上げて攻撃してくる人間の多い事。で、その度になぜかあったこともない相手に一喜一憂している自分がいる。

何やってんだよ、私は。こういう人間関係が嫌で日本を出たんじゃないのか???

などと自問自答の日々。

AU夫にも「ココ最近、君はあまり良い精神状態ではないよねぇ。すぐにイライラしている感じがするし」なんて事を言われる始末・・・・

自分でもわかってますよ。。。。

そして極め付けが、ものすごいフォロワーがいる人との総合フォローで楽しくなったつかの間、いきなり訳の分からない難癖をつけられて、罵倒され、マヌケと言われたこと。この方、実はちょっと聞いて回ったら、他の女性達(特に海外でバリバリに活躍なさっている方々)にも同じようなことをしているという事らしいので、私だけじゃないという事でちょっとは楽になったものの、実は眠れず、非常にショックで泣いちゃったんですよね。

ねぇ、人を傷つけるってそんなに楽しいんですか??

ちょっと間違ったことを言っている人をあざ笑うのって、楽しい???

あんなにゴマンとフォロワーがいて、物凄く慕われている人間で、いいこと言ったり、天才的なのに、実は本当は物凄いサイコパスだったりするんじゃない?

正直、物凄いゾッとした瞬間でしたよ。

そして、そんな人物に傾倒して100%サポートする方々・・・・本当にTwitterはパラレルワールドなんだなぁとこれまたゾッとした。

 

時間の無駄だと思うようになった

そして、本当にこれは私がいけないんです。

きちんとした時間配分が出来ないからSNSのせいにするのはいけないことなんですが、当然ながら、Twitterばかりやっているんだから、ブログの更新の頻度が下がった。

そう、『ツイッターをやってフォロワーが増えれば集客になる』という一方的な初心者の思い込みはもう呪縛にしかならなかったという事実。

ツイッターで炎上、まあ私は炎上する前に削除しちゃうので可哀想な例の海外在住のフォロワーさんのようにはならなかったけど、ちょっとバズったりすると、律儀な私は返信に大忙しになるし、それでまた140字に収まらないゆえの誤解があったりで大忙しに。

ブログなんて書けなくなっちまった・・・・・

この大忙しが癖になり、いつもTwitterを覗くような習慣になってしまった・・・・

これね、本末転倒ですよ。

当然ながら、気がついたら更新頻度が下がり、ブログ収益が減ってしまった。。。。

 

コメントを気にして自由に書けなくなった

もう、はっきり言いますよ。私は小心者なんです。

だから、ちょっと自分の記事の事を悪く言われたり、注意されたりするとその記事を書き換えたり、削除したくなったりしてしまう。

「私の意見は私のものなんだから、関係ないでしょ」とはねつけることができないタイプで、実際にその箇所を変えてしまったことも多々あります。

そして、だんだんと「自由に書けない」という自分に気がついて来た。今までは結構、毒吐いたりしてて、それが面白いと思って下さっていた読者の方もいたかもしれないんですけど、最近はもう当たり障りのない普通の人のブログになってしまっている気がして来た。

それって、20年前に私が日本でやっていたことと同じじゃないかと・・・・

そう、私は日本で物凄い沢山の陰口を叩かれていじめを受けて日本を出て、国籍まで捨てた人間なんです。そんな人間が匿名であってもSNSで自分を晒すなんてこと自体が無理難題だったということなんですよ。

結果、ブログを書くことがつまらなくなって来た・・・・

 

SNS(Twitter)がなくてもブログ集客はなるか?

TwitterやFacebookをやらなくてもブログ運営は出来る理由と1年で辞めた理由

そこで調べてみましたよ。

ブログはSNSなしでもやっていけるのかという事を!

もうね、Twitterやりたくないの!!

素晴らしい方々との掛け合いは楽しいんですよ、フォロワーさんいい人達が多いの。でも、それとその他大勢のくっだらない人間を相手にする事を天秤にかけたら、申し訳ないんだけど私の精神的苦痛の方が大きくなってしまったんです。

だから、ちゃんと調べてみた。

実際に、Twitterでバズった記事というのをあげると、

 

この3つだけ。

それも、このイジメに関する2つの記事はフォロワーさんのリプに「こんなことがあったんですよ」と張り付けたら、その方のフォロワーさんが見てくれたというもの。

そして、ユニクロの件については普通に書いて、ツイートしたらトレンドだったからバズっただけのもの。それにフォロワーが多い、フォロワーさんがretweetしてくれたから。で、私自身にフォロワーがついたかと言うと、そうでもないと言う事実。

そして、この3つは本当に一過性のもので一気に一日に3000PVとかあげてくれましたけど、次の日には1000PV、そして1週間後には全くなし。

私は現在、アドセンスしかやってないのでこの時のアドセンスの収益はというと、時に変化なし。

ええええ、こんなに3000PVとかいるのに???という状態。

そう、読むだけ読んで、面白かったよね、なるほどね〜、でおしまいなんですわ。

そこで、ここ2ヶ月くらい頑張ってSEOをやってみたんです。そして、出来るだけリライトしてみたり、そしたらなんと、PVが、アクセス数が2倍になった!!

それに、なんだよ〜、やればできるじゃないかと。

そして、調べてみたらSNSをやっていないブロガーさんも結構いらしゃるんです。そして、PVとかをSimilarWebというサイトのアクセス状況を調べるツールを使って調べてみると、そのブログはひと月に175,000PVというアクセスがあったりしてる。

他にも同じように100,000PVという感じの雑記ブログも結構ある。

ほら〜、できるじゃん!

SNSなんかに頼らなくても頑張れば、それでいいんじゃないか!!

そして、SNSからの流動状況はと言うと、一日に30PV前後なんですね。圧倒的にサーチエンジンからの検索の方が多い。そう考えると、精神的な負担とこの事実を天秤にかけたら、どんどんブログ更新した方がよっぽどいいということになります。

 

まとめ

という訳で、このブログにはもともと、コメント欄はついていません。それは当然ながら、クソみたいなコメントが欲しくなかったから。

ですが、問い合わせフォームは設けてあります。いや〜、上記のブログさんでは問い合わせフォームもないと言う徹底の仕方。素晴らしい・・・・。

まあ、直接、クソみたいな問い合わせをしてきた人は少ないので別にいいのですが、それでもわざわざ問い合わせフォームから嫌がらせというか、いちゃもんをつけてくる人がいますので、そちらの方も削除しようかなぁ・・・うん、そうしたほうがいいのかもしれないなぁ、私の精神衛生上。

それに既に数人のフォロワーさんが鍵をかけたり、Twitterを閉鎖したり。ちょっと面白いなぁと思っていたブロガーさんも、意地悪なツイートで晒し者にされた挙句、Twitterのアカウントも閉鎖して、遂にはブログも閉鎖するという事態になっていました。正直、気の毒で仕方なかったのと、明日は我が身?と思ったことも確かでした。

しかしながら、

1年間という短い間でしたが、Twitterでお世話になったフォロワーの方々、ありがとうございました。楽しかったです。いろんな刺激をもらい、また様々な知識を共有して下さりいい経験になりました。

ですが、ワガママ?な理由により、Twitterはやめることにいたしました。とりあえず、しばらくはアカウントを残すことにしましたが、その後は多分、閉鎖を考えています。。

と言うわけで、新たなるブログの旅立ち。

改めて、フォロワーのみなさん、短い間でしたが、ありがとうございました。

 

UPDATE

この記事を出してから、実はフォロワーさんからたくさんのDMをいただいたんです。寂しくなりますと言うことをおっしゃって頂いて、いろんな意味で励まされましたし、こんな私のブログでも楽しみして頂いているなんて。なので、アカウントは残しておくことに決めましたが、フォロワー以外からのコメントは非表示にできる機能がついたので、嫌なコメントは少なくなるかもしれませんね。ですが、しばらくは鍵はかけたままにしておきます。そして、ブログの更新だけTweetすることに致しました。

なんだよ〜、やっぱりやめないんだね。と思われる方もいらっしゃると思いますが、それは人の繋がりですもの。そこまで私もばっさりとは出来ませんよ。

それに復活したとしても、私の問題ですから。

ほっといてくれ!www

 

Sakura
2000年からオーストラリア在住。シドニー某大学の修士課程卒業。『海外在住引きこもり主婦』のアーティスト兼ブロガー。専門は銅版画ですが、油絵もやります。海外生活事情や文化などを中心に書いてます。
- Advertisment -

最新記事

人気の記事

【国際結婚・恋愛】外国人の恋人に絶対やってはいけない5つのこと

日本もだんだんと個人主義が浸透しつつあるようの思う今日この頃・・・・でも、やっぱり日本独特の文化や背景があるので、ちょっとやそっとじゃ、欧米...

『白髪を染めない』格好良さを追求|白髪ヘアスタイル特集!

さて、私の旦那の髪は、すでに真っ白と言っていいく...

【欧米式子育て】赤ちゃんの寝かせ方:『抱き癖』で夜泣きがひどくなる!?

  昨日、クリーニング屋さんに行った帰りにちょっと...

外国人が驚く日本人の『無礼な習慣』と『マナーの悪さ』7つとは?

ウチの旦那は、オーストラリア産まれの今年で55歳に...

【オーストラリア移住】オーストラリアは本当に理想な国か?豪州永住歴20年の現実

さてさて、ちょっとばかり調べてみると、なんとオース...

オーストラリアは人種差別が多い?豪州移住19年から見た豪州の人種差別

最近になって、日本でも移民を入れると言う政策が進ん...

【少子化問題】日本は子供が産めない国?少子化に歯止めがかからない理由とは?

昨日のヤッフーニュースで見た記事。「総務省が「こど...

【スピリチュアル】晴明神社はちょっと他の神社と違う、その理由とは?

さて、晴明神社のことについて、以前も書いているんで...

『生き甲斐』とは?40代と50代は生き甲斐を見つけて人生を変えるべし!

先日アップした記事で、海外では40代、50代になる...

【奈良吉野山】 脳天大神:びっくり仰天のすごいご利益のパワースポット

またまた、吉野山のご紹介です。 吉野山のと言うの...

ランダム

【Mac備忘録】好きなフォント(文字)をMac に加える方法

文字はとっても大事ですよねぇ・・・・。実は、ワタシ...

外国人から見た日本人のYes文化とは?なぜ「NO」と言えないのか?

主人を含め、外国人の友人がよく言っていた日本文化で...

【ネパール】子連れでアナプルナベースキャンプトレッキング⑪露天風呂を満喫

帰り道の3泊目は、ジヌーダンダという所。ここは、...

【海外旅行】最低限の常識?!海外旅行でトラブル回避の10の方法

大昔・・・イギリス、ロンドンのキングスクロスの駅の...

【語学習得】日本に居ても、英語が喋れるようになる6つの方法

「どうしたら、英語を喋れるようになれますか?」・・...

【オーストラリア国内旅行】Wagga Wagga, NSW, オーストラリア

8月22日に初めての個展をするためにNSW州のWa...

【ネパール】子連れでアナプルナベースキャンプトレッキング⑦ボケたデオラリ

アナプルナベースキャンプに向けて、もうすぐそこま...

【オーストラリアでCamp】キャンプ用品のおすすめアウトドアショップ

オーストラリアは、その自然あふれる大地に抱かれて、...
PVアクセスランキング にほんブログ村

Instagram

オススメ記事