HOME コラム ニュースな話題 ひどい!新型コロナウィルス...

ひどい!新型コロナウィルスが世界的にアジア人差別を助長している現状とは?

オーストラリアでも、毎時間のようにこの新型コロナウィルスについてのニュースがガンガン流れてきます。実際、世界中にこの新型コロナウィルスが蔓延しつつあるのは事実ですが、予防接種がまだ開発されていないこと、感染力が普通のインフルエンザよりも強いこと、抗ウィルス薬が効かないことなどがパニックを助長している現状だと思います。

それは実際に理解できることだとは思うんですが、残念なことに、この新型コロナウィルスの無知から来る必要以上な警戒から、中国人に対する差別、あるいはアジア人に対する差別がひどくなってきているようです。ここ最近になって特にSNSでひどいアジア人差別を見ることが多々あります。

詳しい新型コロナウィルスについて調べた記事を書いてます。実際にはそんなに周りがパニックになる程ひどいことでもないと言うのが調べてみた感想なんですけどね。調べた資料は、WHOを中心とした信頼できる外国籍のソースが中心です。

また、うちのAU旦那はシドニーの某大学で働いているので、中国からの帰国生徒、あるいは留学生などの対応について話をよく聞くのですが、実際に関係者の中からも中国人に対する、ほとんど無意識とも言える人種差別的な発言もあるなど、彼もまた憤慨しています。

オーストラリアの人種差別についての記事はこちら:

SNSで見かけた新型コロナウィルスのアジア人差別発言

まず、SNSで私が見かけたアジア人差別発言なんですが、まぁ基本的に日本人と中国人とベトナム人と韓国人の区別がつかない方々が、一方的にアジア人を全てひっくるめて中国人と思い攻撃していると言う状況です。

これは今に始まったことでは無いんですが、こういった身の危険あるいは健康に被害を及ぼすと言うような状況になる、いや、切羽詰まった多大なるストレスがかかると人間の本性というのが出るものなんでしょうね。

潜在意識にあった、人種差別的思想が表に出てきた、実際には私もウチのAU旦那も予期していたことなので特にびっくりするようなことでもないんですけれども、いかにもステレオタイプ的なことなので本当に呆れてしまいます。

では実際にどんな差別発言があったのかと言うと、一連のツイートをご紹介させていただきますね。

こちらは今朝見つけたフランスの日本人レストランに落書きと、ペンキがかけられたというニュース。このツイートには中国人か韓国人経営者ではないかというのもついていますが、海外では中国系、韓国系の日本料理経営も多いのですが、地元の人はアジア人と一括りにしている認識の低い人達がまあ、かなりの割合でいるのは事実のなので、日本もアジアとして対象になってしまったということでしょうね。ひどい。

これはシドニーであった話。シドニーでは中国人の移民が多く(中華街があるしね)、また留学生なども多いので割と少ないではないかと思っていたのですが、そうでもなかったんですね。

このてっちゃんさんがおっしゃっているように、ただ単に不運なことにこのウィルスが中国の武漢で発生してしまったためで、中国人自体が悪いわけではないです。

ひどいです。

こちらは、6500いいねがついたツイートなんですが、オランダのアムステルダムであった中国人に間違えられた人種差別発言なんですね。

この方は自分は中国人ではないと言い返しているんですが、中国人と言うこと以前にアジア人をひとくくりにしたアジア人に対する人種差別的な出来事でしょうね。

補足

ただ、この方の発言に対して、「中国人じゃないです」と言うことも中国人に対する差別じゃないか、と言うツイートも見受けられますが、私はその裏を取ること、或いはこの方の言葉の揚げ足を取るよりも現実的な差別行為自体を問題視しています。

こちらは、イタリアのローマにある国立音楽学院が発表した、東洋人へのレッスン中止についての記事を書いています。実際に、ヨーロッパではアジア人に対する、いや有色人種に対する人種差別の波が大きくなっていると言う事実もあるので、これはまたそんなにびっくりしない入試というか…。

新型コロナウィルスの件はただのきっかけにしか過ぎない

ネットでいろんな記事を読んでいるんですが、どの方も一応におっしゃっている事は、今回のこの新型コロナウィルスによって潜在的な人種差別主義的な人間が浮上してきているのではないかと言うこと。

これは私は同意することで、昨今のオーストラリアを含めての欧米諸国での左側に傾倒する思想はトランプ政権のやり方を見ても、彼を支持する人間たちの思想を考えてみても、これはただのきっかけにしか過ぎないと言うことです。

新型コロナウィルスだけではなく、有色人種が起こした事件や事故などでも同じようなことが起こるのでしょう。

 

欧米人にはアジア人の国籍は区別がつかない

今回は中国人であったとしても、これが日本人に色変わることだってあるわけです。アジア人をひとくくりにするのは、単純に欧米の現地の人間からしてみればアジア人は国籍関係なく見た目は全く同じなので、ひとくくりにしてしまいがちなのです。

これは日本でも同じですよね、アメリカ人とオーストラリア人とニュージーランド人、果てはドイツ人、フランス人の区別がつかないと同じです。

そして、各国のアジア人の人口を調べてみれば多分間違いなく、中国人の人口が多いはずです。ですから、中国人=アジア人として認識してもおかしくないのではないかと言うことです。

それにオーストラリア国内にいる中国人の方々が、すべて中国本土から直接来ているわけではなく、実際にはオーストラリア生まれのオーストラリア国籍、中国系オーストラリア人である場合も多いわけです。

そんな多民族国家としての背景などを無視した形で、アジア人=中国人としての新型コロナウィルスの元凶として一方的に中国人をターゲットするのは理論的にも間違ってると思います。

 

新型コロナウィルスへの人種差別問題まとめ

まぁ実際に予測していたことではありますが、SNSでそれもフォロワーさんからのツイートが上がってくるとやっぱりがっかりしますね。

私もウチのAU旦那から最近は、Sydneyでも左側のやつで変なのが多いので外に出る時は気をつけるように言われています。

しょっちゅう外に遊びに行く18歳成人の長男は、シティーで背後から『コロナ』と言う言葉が聞こえだそうで、咳をして返したらしいです。もともと、盛り場に行くと(年代がわかる死語ですね)程度の低い奴らから人種差別的な言いがかりをつけられることもあるそうなので、長男にも気をつけるように言っています。

私のこれまでの実体験と言えば、先日、Broadwayショッピングセンターでマスクをした、多分ギリシャ系か、その辺りのおばちゃんに嫌な目で見られた位ですかねぇ…。面と向かって私にこの新型コロナウィルスについての人種差別的なことを言ってきた阿呆はまだいません。

「まだ、いません」と言うのは、言われる可能性はもうかなり濃厚にあると言うことは覚悟しております。

また、オーストラリアでは地方によって人種差別の度合いが違うので、特に地方にいるアジア人の方は気をつけていただきたいと思いますね。

ですがこれによって、今まで仲良く親しかった人が実は隠れ人種差別者だったと言うことも発覚するかもしれません。

よくも悪くも、その人柄が出ると言うことでしょう。もしも、親しかった同僚や友人が今回の新型コロナウィルスのことで、差別的な態度をとったとしてもあまりがっかりせず、真の友人は誰だったかと言うことがわかっただけでも良いのかもしれません。

ものは考えようといいますので、前向きに移住生活を楽しんでみましょう。

追加です!!

今日、見つけたtwitter。

こういうの、いいですね。本当に涙が出そうになっちゃった!

そうなの、そういう変な人種差別者ばかりじゃないんだよねぇ。

私の周りのオーストラリア人は、こういう人ばっかりよ!!

 

新型コロナウイルスに関する記事はこちら:

 

Sakura
2000年からオーストラリア在住。シドニー某大学の修士課程卒業。『海外在住引きこもり主婦』のアーティスト兼ブロガー。専門は銅版画ですが、油絵もやります。海外生活事情や文化などを中心に書いてます。
- Advertisment -

最新記事

人気の記事

【国際結婚・恋愛】外国人の恋人に絶対やってはいけない5つのこと

日本もだんだんと個人主義が浸透しつつあるようの思う今日この頃・・・・でも、やっぱり日本独特の文化や背景があるので、ちょっとやそっとじゃ、欧米...

『白髪を染めない』格好良さを追求|白髪ヘアスタイル特集!

さて、私の旦那の髪は、すでに真っ白と言っていいく...

【欧米式子育て】赤ちゃんの寝かせ方: 抱き癖で夜泣きがひどくなる!?

昨日、クリーニング屋さんに行った帰りにちょっとした...

外国人が驚く日本人の『無礼な習慣』と『マナーの悪さ』7つとは?

ウチの旦那は、オーストラリア産まれの今年で55歳に...

【豪州移住】オーストラリアは本当に理想な国か?豪州永住歴20年の現実

さてさて、ちょっとばかり調べてみると、なんとオース...

オーストラリアは人種差別が多い?豪州移住19年から見た豪州の人種差別

最近になって、日本でも移民を入れると言う政策が進ん...

【少子化問題】日本は子供が産めない国?少子化に歯止めがかからない理由

昨日のヤッフーニュースで見た記事。「総務省が「こど...

【スピリチュアル】晴明神社はちょっと他の神社と違うその理由とは?

さて、晴明神社のことについて、以前も書いているんで...

『生き甲斐』とは?40代と50代は生き甲斐を見つけて人生を変えるべし!

先日アップした記事で、海外では40代、50代になる...

世界で最も金持ちの国ランキング|15 Richest Countries in The World

久々に世界の様々な条件でのランキングをいって見たい...

ランダム

国際結婚・恋愛の言葉の壁!直面する5つの問題とは?

言葉の壁は国際恋愛や、国際結婚で一番問題になること...

【海外旅行】人気海外旅行ランキングTOP25はどこの国?

今度の旅行はどこに行こう、って悩んでいませんか?そ...

中年の心理的危機「ミッドライフ・クライシス」の症状と対策法とは?

私は今年で49歳になります。2000年にオーストラ...

【レストラン情報:Leura】Leura Gourmet : グルメが話題?行列のできるカフェ

キャンプに向かう途中にある、ルーラの街でランチを...

シドニーでオススメの信頼できる鍼師:Holistic Family Health

ウェブサイト作りって、骨が折れます・・・・。今まで...

オーストラリアでは選挙は義務!投票日は公立学校の募金の日

  今日、オーストラリアの選挙日です。なので、私た...

【レストラン情報】一番星:シドニーの老舗のラーメン屋さん

今日は、年明け一番でカイロプラクティックに行って...
PVアクセスランキング にほんブログ村

オススメ記事

人気のカテゴリー