【レストラン情報】Stinking Bishop:厳選チーズとハムとワインのお店

 

昨日、隣のスウェディッシュのおば様とNewtown(Enmore)にあるレストランにランチに行ってきました〜。こちらは確か、もう既に開店してから数年経っているのではないかと思うのですが、良くありがちな時間が経って、ダラダラしちゃう怠慢からくる質の低下もなく、サービスも程よくフレンドリーでいい感じのお店です。

このStinking Bishopは厳選したチーズと生ハムやサラミなどの加工肉、それからそれに合わせた美味しいワインを提供してくれるお店です。いつもはOZ旦那とチーズと生ハムのセットを頼むのですが、今回のランチバディーは高血圧、高コレストロールで主治医から食事制限が出てしまったマーガレットさんと一緒のなのでこれらはタブー。

旦那曰く、

”Why are you going there? They are all about cheese and cured meats though.”

「なんで、そこに行くの?あそこはチーズと加工肉の店じゃん。」

との指摘を受けましたが、実はなんと、サラダが美味しいのですよ。

さっぱりとした、あまり酸っぱくない味付けのドレッシングと、小粋な創作ディッシュ、と言っても仰々しくない感じでシンプルさがいいんですね。

なので、今回は彼女とは2回目の訪問になりました〜。

私、実はこちらのチキンのリバーパティが好きなんですが、マーガレットさん脂肪の多い食材はダメとの事。う〜ん、私一人で食べるのも可哀想だし、今回はちょっと我慢してヘルシーに行きます。

そして、彼女が頼んだのはこちら。

 
赤キャベツとスイスブラウン・マッシュルーム、ちょっと酸っぱくないドレッシングがさらっとかかっています。あくまでもチーズは厳禁との事で、この上に削ったチーズ、トリュフ風味のペッコリーノが掛かっているんですが、小鉢に入れてくれましたので、私が食べました。
 
そして、私が選んだのがこちらのメインディッシュ。
 
 
 
カラマライズしたナス(米ナス)と味噌味の豆のピューレ、ラディッシュのピクルスにケールが載っていて、ナスのトロトロ感が美味しかったです。
味噌の味は・・・・しませんでした。
 
結構、コクがあるのでお腹にたまります。
これだけだと、ちょっと飽きるかもしれないのですが、サラダと一緒にシェアしたので味に変化があって美味しかったです。
 
 
 
 
 
そして、デザートはこちら。

 

 
 
チョコレートムースにチェリー、ココナッツのメレンゲが載っていて、これもなた美味しかったです。私はあまり甘いのが好きじゃないのですが、サッパリとした甘さで、チェリーの爽やかさがとってもよくマッチしてます。
チョコレートとチェリーって合うんですよね。私もチョコレートケーキにチェリーを乗せたりします。
 
という事で、
今回は、サッパリとしたランチにしましたが、ディナーもあります。
日曜日と月曜日は定休日になっております。豪州は月曜日が休みなところが多いんですね、シェフが日・月とお休みなのが定番です。
 
なんども言いますが、こちらのお店はチーズとハムの専門店ですから、出来ればオススメのチーズボードを頼んでみるといいと思います。
メニューも予約もこちらのウェブサイトから出来ますので、Newtownにお越しの際はワインとチーズでスペシャルなランチをいかがでしょう?
オススメのお店でございます。