HOME 食と健康 持病と共に生きる 【うつ病と不安障害】太極拳...

【うつ病と不安障害】太極拳でうつ病を改善!その効果と知識を学ぼう!

先週から、息子が幼稚園から通っているカンフー(少林寺拳法)の道場に太極拳のクラスがあるということで通うことにしました。毎週木曜日の夜7時から約45分間のクラスで、先生は中国で学んできたという黒帯のオーストラリア人、デイビット。私の他には、娘二人(12、15歳くらい)とその父親、太極拳の剣術をやっていたお姉ちゃんとその他含めて、6人のクラス。途中で、剣術のパフォーマンスが見れて、いずれは私もあの剣術、やって見たいなぁ・・・なんて、目標も持っちゃった。

実は、まあこのブログを読んでくれている方はご存知でしょうが、私にはパニック障害とうつ病の持病があります。基本的には、薬物療法、それからセラピー、催眠療法などでほとんど症状は無くなりましたが、それでも心の何処かに「またでたらやだなぁ・・・」と言うような強迫観念はあります。それは多分きっと、一生なくならないものなんだろうなぁ・・・・気長に付き合って行くものだと思っています。

そこで、まだ初めて2回目だったんですけど、この一週間、教えてもらったカタ(本当にちょっとだけ)を繰り返し練習していて、毎日たったの10分くらいなんですが、とっても気分が良かったんです。体調もいいし、肩こりも少なくなった気がしていたんで、ちょっと太極拳のことをリサーチしたら、なんと、太極拳でうつ病が治ったと言う研究結果が出ているとか!おお、これは記事にしなくちゃ!と言うことで、今回は太極拳についての基礎知識とその効果について、一緒に学んでみたい思います!!

太極拳とは?

太極拳は、中国の明(みん)朝末から清(しん)朝初のころ(17世紀)に、河南省に居住する陳(ちん)姓の一族の間で創始された拳法の一種(陳式太極拳)である。その変幻無窮の技法を、古代思想の「太極説」(陰陽理論)によって説き、拳法の名称としたのである。
陳式太極拳には、大架(だいか)(架は姿勢・動作)と小架、老架(古伝の型)と新架(新しい型)の種類があり、のちに楊(よう)式、呉(ご)式、武(ぶ)式((かく)式)、孫(そん)式などを派生した。
各派の太極拳は80前後の技法動作が連結されている拳法の型(套路(とうろ))であり、源流の陳式を除き、一様にゆっくりとした深長呼吸にあわせて、緩やかに円形運動を行うのが大きな特徴であり、意識・呼吸・動作の協調運動である。
源流の陳式は、本来、実戦武術として考案されたものであり、柔軟で緩やかな動作のなかに、激しく力強い動作を含み、円形動作には螺旋(らせん)状のひねり(纏絲(てんし))を伴い、打撃には発勁動作(瞬発力を打ち出す)のが特徴である。
太極拳は、治病と健身に効果が認められることから、近年では健康法として多くの人に行われ、1956年に中国の国家体育運動委員会は、もっとも広く普及している楊式太極拳の型を縮小(重複動作を省略)し、動作を左右均等にした簡化(かんか)太極拳を制定し、「治病健身体操」として国民に奨励している。

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)

こんな感じで、太極拳は中国で生まれた武術の一つで、心身鍛錬法としても有名です。現在では、健康向上を目的としたフィットネスエクササイズとしても注目を集めています。また、太極拳はとても安全なエクササイズで、道具も必要ないですし、無理な運動を強いないで気軽にできるのも魅力と言えます。

また、身体的なことだけでなく、心身の鍛錬としても効果があり、「動く瞑想」と表現されることもあります。最近では、様々な病気の治療、予防に効果があり、緩慢な動作から老若男女を問わないので、世界中で多くの愛好者がいます。

太極拳の中国哲学

私が行っている太極拳のクラスのデイビッド先生は「Tai Chiをやるに当たって、体の動きだけでいいから、基本的な哲学とかは必要ないんだけどね・・・」と言ってた通り、特に必要ないようですが、まあ、知っていた方が太極拳の動きをより理解し、またその効果も上がるような気がします。

気功と太極拳

気功には、主に二つの気功から成り立っています。まず、体内に「気」を循環させ「気」の質をコントロールする能力を高める内気功があり、身体に必要な「良い気」を外から体内に入れ、身体に合わない「悪い気」を体外に排出させて、「気」の積極的な交換を行いながら、患部等を癒やす外気功というのがあります。

太極拳は、この二つの気功法を取り入れて、気の滞りをなくして、気の流れをスムーズにすることを目的としています。

陰陽思想と太極拳

陰陽(いんよう、英: yin – yang)思想とは、中国の思想に端を発し、森羅万象、宇宙のありとあらゆる事物をさまざまな観点から陰(いん)と陽(よう)の二つのカテゴリに分類する思想です。陰と陽とは互いに対立する属性を持った二つの気であり、万物の生成消滅と言った変化はこの二気によって起こるとされています。

太極拳の動作は、この陰陽のバランスをとって体内を調和させていくものと考えられています。

太極拳の練習方法

太極拳にはふた通りの練習方法があり、

  1. 型練習:太極拳の型を覚えて、一人で行う練習方法
  2. 推手:練習相手と組手をして練習する

太極拳には、その派によって型が違ってくるようですが、体に負担の少ない緩やかな運動方法で、それぞれの型を一連の動作に取り入れて、流れるようにおこなっていくのが一般的です。そして、この一連の運動、型の中で瞑想するような呼吸により自分の肉体感覚を研ぎ澄まし、集中して、体の中にある気を動かしていきます。

太極拳の基本は「丹田」にあり

デイビッド先生のクラスでも、始めの柔軟運動では、腹の中心にある「丹田」に意識を集中させるようにと言われます。そう、この「丹田」が太極拳の基本の一つになっているようです。

丹田は、ヘソから約5cmほど下にあります。太極拳では、この丹田から気を発し、その気を腰を通して手足に送り、その動きは全て太極図(タイチーマーク)が回転しているイメージで行うといいます。

太極図と陰陽思想:

この形をした太極図は、陰陽太極図、太陰大極図ともいい、太極のなかに陰陽が生じた様子が描かれている。この図は古代中国において流行して道教のシンボルとなったもの。

原初は混沌(カオス)の状態であると考え、この混沌の中から光に満ちた明るい澄んだ気、すなわち陽の気が上昇して天となり、重く濁った暗黒の気、すなわち陰の気が下降して地となった。この二気の働きによって万物の事象を理解し、また将来までも予測しようというのが陰陽思想である。

参照:太極図、Wikipedia

丹田ボールの意識と動かし方

  • 力を内在させるために常に円運動で行います。まずは、ヘソから5cm下あたりにある丹田に太極図ボールのような「気」をイメージし、その丹田ボールを色んな方向に回転させつつ動いていきます。
  • 筋肉は緊張させずに、常に緩めておく。
  • 関節、腱、筋膜なども伸ばし切らず、また曲げ切らないこと。

太極拳の効果とは?

1. ストレッチ効果

太極拳は筋肉を緩めながら伸縮させていくので、緩やかなストレッチ効果が期待されます。同時に筋肉と骨をつなぐ腱もや筋なども同時の動かしていくので、弾力性が出て柔軟性が向上していきます。また、関節を包む滑液を滑らかに動かすことで、関節の機能も向上していきます。

2. リラックス効果

太極拳のクラスでは、呼吸法から軽い柔軟運動などをはじめに行うところが多いです。この呼吸法は、気功とも繋がっており、自分の体に対する認識を高め、それにより悪い気を外に出し、新たに新しい気を入れるというような気功法が自然とできるようになります。また、太極拳中に深呼吸をすることで、中枢神経が鎮静されるので、精神状態も安定し、これによってうつ病などの神経症などの予防になります。

最近では、太極拳がうつ病とアルツハイマーにも効果的であるとの研究結果が出ているほどです。

参照:Twelve weeks of Tai Chi shown to significantly reduce mild to moderate depression

3. 体の歪みを調整する

By Craig Nagy from Vancouver, Canada – Tai Chi

現代人は、平均でも運動量が少ないというデーターが出ていますし、ストレスや緊張、デスクワークなどからいつも緊張している状態にあるといいます。そこで、太極拳による筋肉の緩みを加え、和らげることで、緊張をほぐし、体内の自然治癒力を高める効果を促進させます。また、丹田ボールをイメージの中で転がしていくことで、体の歪みを調整していく効果もあります。緊張を解放することにより、低下していたエナジーレベルも向上していくと思います。

4. 心肺機能と心臓機能の向上

太極拳は呼吸法と気功を合わせているので、有酸素運動としても評価が高いです。他の運動と比べて、太極拳は激しい運動ではない代わりに、ゆっくりと自分の体調、年齢などに合わせてゆっくりとした動作で行うことができます。その結果、ゆっくりとした動作であっても太極拳に深呼吸運動により、心肺機能、または血液循環も促進することが出来ます。

5. バランス感覚を鍛える

太極拳にの動きは、体の自然なバランス、陰陽のバランスを踏まえた上での動きを繰り返していきます。我々の体の中には、きちんとしたバランス感覚があるのですが、年齢と共に衰退していきます。そこで、太極拳による筋肉や腱を鍛えることで、衰えていくはずのバランス感覚も刺激されていくようになります。お年寄りになると、よく転んだりするのは、このバランス感覚が衰えていくためで、太極拳によりつまづいてもすぐに体勢を立て直すこともできるようになり、転倒防止にもなります。

参照:太極拳は腹・丹田から動く

太極拳Wikipedia

まとめ

まだ数回しか行ってないんですが、太極拳、いいです。ハマりました。まだ、型もちょこっと教えてもらっただけなんですが、とりあえず、教えてもらった部分だけでも繰り返してできるようなので、毎日やってみたいと思います。

うつの方は、だいぶいいと言うか、催眠療法で取り払った部分もあるので、こちらはあまり気にしていないのですが、肩こりがなくなったんです。このブログの他にも、本職の方でもブログを書いているので、そのためどうしても一日中タイプしている時もあるんです。ですが、このタイチーの極意である、「丹田ボール」をこさえて、イメージの中で肩に乗っかっている「悪い気」を出すようにして転がしてみると・・・・すっと抜けていく気がするんです。

真面目にきちんと呼吸法も意識し、体内にある「気」(悪い気)を大地に送り(これは調べてみたら陰は大地に当たる)、外から「気」を取り柄れ、陰陽の循環をしてみるとなんだかスッキリとしてくるんですね。うん、これはいい!特に場所もいらないし、ちょっとしてスペースでいい。

目標は、太極拳の剣を綺麗に舞えるようになれたらいいなぁ・・・・何年かかるかわからないけど、やってみたい!

 

 

参考になったなぁ、面白かったなぁ、と思ったら『シェア』をポチッとお願いします。

  • Facebookでお友達にシェア
  • Twitterでフォロワーさんにシェア
  • Pinterestでピンしてシェア
Sakura
2000年からオーストラリア在住。シドニー某大学の修士課程卒業。『海外在住引きこもり主婦』のアーティスト兼ブロガー。専門は銅版画ですが、油絵もやります。海外生活事情や文化などを中心に書いてます。
- Advertisment -

最新記事

オーストラリアの森林火災

オーストラリアのユーカリの木が自然発火で山火事は常識という事実

オーストラリアはとっても広い国です。もう、びっくりこくくらいデカイ国で、大陸です。そして、気候も熱帯雨林から乾燥している砂漠気候まで様々。 ですが、実際には非常に乾燥している国なんです。真ん中のウル...

人気の記事

ランダム

PVアクセスランキング にほんブログ村

人気のカテゴリー