世界で最も治安の悪い都市は?ランキング10

 

前回は世界で最も安全な都市のランキング10をご紹介しましたが、今回は治安の悪い都市のランキング10を見て見たいと思います。こちらも前回と同じく、The Safe Cities Indesx 2017からのご紹介です。
このリサーチは、犯罪率や道路の安全性からデジタルセキュリティと健康管理の品質までを調べて、60の主要都市をランク付けしたもので、治安の良い都市で日本に東京が第一位に輝いております。気になる方はこちらをチェックして見てくださいませ。さて、まずはどの国が来るかを予想してみてください!

世界でもっと治安の悪い国々

1位) カラチ、パキスタン

Photo By kashiff via Wikimedia Commons

カラチはパキスタンのシンド州の首都です。パキスタンで最も人口の多い都市で、世界で6番目に人口が多い都市であり、世界で8番目に人口の多い首都です。

 

2位) ヤンゴン、ミャンマー

ヤンゴン(旧ラングーン)はミャンマー(旧ビルマ)の最大の都市です。英国の植民地時代の建築、現代的な高層ビル、金色の仏塔が混在したスカイラインが特徴です。その有名なShwedagon Payaは、揺れる巨大な塔で、毎年数千人の巡礼者が集まります。市の他の有名な宗教施設には、仏教の遺物を収容するBotataungとSuleの塔があります。

 

3位) ダッカ、バングラディシュ

ダッカは南アジアのバングラデシュの首都です。ブリガンガ川の横にあり、国家、貿易、文化の中心です。 17世紀の古い都市はベンガルのムガールの首都であり、多くの宮殿やモスクが残っています。アメリカの建築家ルイス・カーンの国会議事堂は、急速に成長している巨大な近代都市を代表するものです。

 

4位) ジャカルタ、インドネシア

Photo By Ruth San via Wikimedia Commons

インドネシアの首都ジャカルタは、ジャワ島の北西に位置しています。ジャワ、マレー、中国、アラブ、インド、ヨーロッパの文化の歴史的な組み合わせは、その建築、言語、料理に影響を与えました。旧市街のコタ・トゥアには、オランダの植民地時代の建築物、Glodok(ジャカルタのチャイナタウン)、伝統的な木造のスクーナードックがあるSunda Kelapaの古い港があります。

 

 

5位) ホーチミン市、ベトナム

ホーチミン市(通称サイゴン)は、ベトナム戦争で中心的役割を果たした有名な南部ベトナムの都市です。また、フランスから輸入された材料で作られたノートルダム大聖堂や19世紀中央郵便局など、フランスの植民地時代のランドマークでも知られています。売店は、街の通り、特に賑やかなBếnThànhMarketの周りに並んでいます。

 

6位) マニラ、フィリピン

フィリピンの首都マニラは、スペイン植民地時代の建築と近代的な超高層ビルが混在するルソン島の密集したベイサイド・シティです。植民地時代の壁に囲まれた都市イントラムロスは、旧マニラの中心です。バロック様式の16世紀のサン・アグスティン教会、聖地サンティアゴ、歴史的な砦、元軍の刑務所があります。

 

7位) カラカス、ベネズエラ

ベネズエラの首都カラカスは、北の山の谷に位置する商業的かつ文化的な中心地です。独立記者シモン・ボリヴァール(SimónBolívar)は、19世紀に街の旧市街に設立されたベネズエラのナショナル・パンテオンに埋葬されています。カラカス大聖堂は、ロマネスク様式の建築のランドマークで、17世紀に建てられました。 Parque Centralの225mの高さのツインタワーは、スカイラインの特徴です。

 

8位) キト、エクアドル

エクアドルの首都キトは、標高2,850mのアンデス山脈に高く位置しています。インカの古代都市の基盤上に建設された、植民地時代の建物で、16世紀と17世紀の教会やヨーロッパ、ムーア、固有のスタイルが混在しています。プラザ・グランデ広場には大聖堂、超高級なコンパニャ・デ・ヘスス・イエズス会教会などがあります。

 

9位) テヘラン、イラン

テヘランはイランの首都で、北部にあります。その壮大な客室と大理石の玉座を持つ中央のゴレスタン宮殿複合施設は、カジャール王朝の権力の席でした。ナショナル・ジュエリー・ミュージアムにはカジャール君主の宝飾品が多く、イラン国立博物館には旧石器時代の遺物が残っています。 Milad Towerは街を一望できます。

 

10位) カイロ、エジプト

エジプトの広大な首都カイロは、ナイル川にあります。その中心には、タハリール広場と広大なエジプト考古学博物館があります。王宮のミイラや金色のタタンカムンの遺物を含む古美術品が展示されています。近くにあるギザは、紀元前26世紀までの象徴的なピラミッドとグレート・スフィンクスの跡地です。ゲジラ島の緑豊かなザマレク地区では、187mのカイロタワーがパノラマの街をご覧いただけます。

参照:The Economist

まとめ

いかがでしたでしょうか?大体の国がやはり、内戦があったり、戦争の後でまだ政府が安定していない国が多いです。ただ、ちょっとびっくりしたのは、ホーチミン・・・。う〜ん、ベトナムは比較的、治安が良いとされていると私がした他のリサーチでは書いてあったんですが。そして、メキシコがはいっていないのが、ちょっと意外でした。メキシコは来るだろうと思っていたんですが、実はランキングでは60位中で、39位にランキングされているんですねぇ・・・ですから、思ったよりはそんなに危なくないということなんでしょうか。そして、イスタンブールが40位に入っています。

昨年、トルコ出身の友人家族がイスタンブールに招待したいということで、一緒に旅行に行く計画が持ち上がったんですが、主人の仕事が重なって行けなかったんです。そして、今年の秋にという話になっていたんですが、現在、イスタンブールは非常警戒中・・・・政府軍と民間とでいざこざが絶えず、いつどこでいきなり爆発が起きてもおかしくない状況だそうで、彼らも家族を呼び寄せようかどうしようかと思案中だそうです。多分、この調査の時はまだそんなにひどくなかったのかもしれませんね。ホーチミンよりも危険だと思いますけどね・・・・。

ただ、やはり、日本は特別なんですよ、本当に。シドニーにもうかれこれ18年くらい住んでいますが、こちらで何か危険だなと思ったこと一度もないんです。それは、きちんと女の人一人で歩く時間帯や場所、車で移動するようにするとか、男の人に送ってもらうとか、そうやって一応は気をつけているからだと思います。シドニーはこのランキングで安全な都市の第7位にランキングされていますが、友人の中にはいきなり殴られたり、恐喝されたりなんていうこともありました。まあ、日本でも最近は物騒だと聞きましたし、どこの国でもやはり、自分の身は自分で守らないといけないんです。気をつけましょう。