HOME コラム ニュースな話題 トム・ハンクス夫婦がオース...

トム・ハンクス夫婦がオーストラリアで新型コロナに感染してSNSで現状報告

Twitterを覗いていたら、なんとトムハンクスと奥様であるリタ・ウィルソンご夫婦が新型コロナウイルスに感染というニュースが流れてきました!ご夫妻は、ゴールドコーストで新しいバズ・ルーマン・エルビスの映画を撮影するということで豪州入りしていて、具合が悪くなったので病院でCOVID-19のテストをしたら陽性だったとのこと。。。。

あちゃ〜。。。

こちらが、その直後のTom Hanksのツイート。

しかし、3月8日まではシドニーのボンダイビーチにいたようですね。

このツイートの前に靴下を見つけたというツイートを出してましたww。

彼、結構、お茶目なの方なのですが。

このツイートの内容は、

リタには時々襲ってくる悪寒がありました。 それから微熱も。 今、世界で必要とされているように、正しいことをするために、コロナウイルスについてテストして陽性であることが判明しました。 ‘公衆衛生と安全が要求される限り、テスト、観察、隔離されます。

そして、なんとゴールドコーストの病院のスタッフからは、Cast Wayの時のウィルソンボールが差し入れされたとの事。

まあ、オーストラリア人って非常に人懐っこいし、ジョークも面白い人が多いし、病院のスタッフって非常にセンスアンドユーモアが豊富な方々が多いので退屈はしないはずではないでしょうかね。

そして3月14日にあげた彼のインスタはこちら。

 

 

その後、オーストラリアの珍味、ベジマイトを食べている所。

これはオーストラリア人の食べ方だけどね。こんなにたっぷりと塗りたくって大丈夫なんだろうか。ベジマイトの食べ方は色々なんだけど、初心者はバターたっぷりで薄〜く塗るのがおいしいと思うんだけど。

AU旦那に見せたら、「おお、ちゃんと豪州流じゃないか」とのお言葉。

う〜ん。

 

という感じで、他の感染者と同じように隔離されているようですね。

実際にハリウッド関係、あるいは俳優芸能人関係で感染したのは初めてなんではないでしょうか?それも、我が国、オーストラリアとは・・・・。

トム・ハンクスの奥様、リタ・ウィルソンは、先週の週末にブリスベンとシドニーのオペラハウスでコンサートを行なっているので、この関係からもまた感染者が増える可能性もあります。

まあ、当然ながら現在では、彼らに接触した関係者全員をあたっていると言っているので、これから明らかになるでしょうが。

 

でも、どこから感染したのでしょうか。。。

昨日、WHOからパンデミック宣言が出たばかりですし、イタリアの大規模な感染者の増加と国の閉鎖。

オーストラリアでも学校からは頻繁に手紙が来て、状況を勧告するという徹底ぶり。実際に、単なる風邪であっても学校に来ないようにというお達しがありまして、現在、鼻が垂れている次男は普段ならガンガン学校に行かせるんですが、ここ二日ほどは自宅にて療養中。

次男君、ネトフリでテレビ見てまっせ。

「ね〜、僕はいつになったら学校に行けるの?」

お前、まだ二日目やろ!!

っていう感じですね。

 

トム・ハンクスだけじゃないよ!豪州パンデミックは時間の問題

いや、本当にWHOによるパンデミック宣言がありましたけど、ヨーロッパを含めた北半球ではだんだんと感染者が増えています。ですが、南半球はまだ初秋ですからね、今日も25度程度あるんじゃないから、だからまだまだ風邪やインフルの季節ではありません。

が、

時間の問題です。

これは本当に時間の問題なんですよ。

このコロナウイルスって、インフルの10倍の感染率と死亡率という人もいるくらいなので健康な人はまあ、そんなに心配する必要はないと思いますが、なぜこんなにも大騒ぎしているか。

それは社会には健康な人ばかりじゃないということ。

実際に私たちが見えない場所、生活範囲外にもたくさんのいろんな疾患を持った方々が生活しているんです。その方々が危険にさらされているということ。

それをWHOも散々っぱら言っているんですが、中にはそんなにひどくないじゃんというようなことを言う人もTwitterにはたくさんいられます。

パニックになる必要はないんですが、出来ればあまり外出せずに具合が悪ければ自己療養する。そして出来るだけ他人との接触は避ける、感染することよりも感染させてしまうことの方を心配するべきでしょうね、もしも自分が健康であるならば。

私たちはラッキーにも健康に恵まれているので、そんなに気にしていませんし、手洗いを徹底している程度で、マスクもしていません。

ですが、私たち夫婦には年老いた83歳の両親がいますから、彼らに移したら大変だと言う方が大きいです。なので、彼らの家に行く時には、玄関で持ってきた除菌ジェルで手を拭き拭きしてから家の中に入り、買い物は義理妹が行っています。

本人たちは、至って呑気なんですけど、それがまた怖いと言うか。

去年、あまりにもひどいインフル(予防接種を受けていたくせに)で肺炎になりかけたパパですからね、今回はマジでやばいだろうと・・・・そう思っているのは家族では子供たちだけ。

彼の奥さん(義理ママ)も「大丈夫よ!たいしたことないわ」と言う体たらく。

さて、本当にこれからがいろんな面で我々の正念場ではないでしょうか。

今年は実際に世界恐慌が始まるのではないかと思っていたんですが、引き金がウイルスだったなんて・・・こっちの方がびっくり仰天です。

パニックにならず、じっくりと時を待つしかないわけですが。

そしてこれらのパニックに対処する姿勢でその人柄もまたわかると言う、意外なところで人間観察ができるという興味深さもあります。

トイレットペーパーをものすごい量を買い溜めしたような人間やら、中国から始まったからと中国人を差別するような人間性。

いやはや、いろんなものが透けて見えるこのウィルス騒動。

そして改めて、私はあちら側の人間じゃなくて良かったと改めて実感しているし、うちのAU旦那も長男も在豪中国人の方には非常に同情的でこの前、飲茶行ったわ。

でも、「備えあれば憂いなし」なので、豪州に襲いつつある実際のパンデミックに備えてとりあえずは、引きこもりの準備は万端って感じではありますね。

そして他人に移さないためにも、少しでも具合が悪いようならば自己隔離をして、ヤバくなったらマスクして病院へ!

豪州ならばちゃんと受け入れてくれるはずですからね。我慢は禁物です。

しかしまずは、手洗いから!

そして、トム・ハンクスご夫妻、症状が悪化せずにすぐにお家に帰れることを祈ります。とっても、いい方々という噂ですから、まあ、病院で隔離でしょうが、誰か美味しいものでも差し入れなさってくれるといいんですけど・・・。

お大事に・・・。

 

新型コロナウィルス関連の記事はこちら:

 

Sakura
2000年からオーストラリア在住。シドニー某大学の修士課程卒業。『海外在住引きこもり主婦』のアーティスト兼ブロガー。専門は銅版画ですが、油絵もやります。海外生活事情や文化などを中心に書いてます。
- Advertisment -

最新記事

人気の記事

【国際結婚・恋愛】外国人の恋人に絶対やってはいけない5つのこと

日本もだんだんと個人主義が浸透しつつあるようの思う今日この頃・・・・でも、やっぱり日本独特の文化や背景があるので、ちょっとやそっとじゃ、欧米...

『白髪を染めない』格好良さを追求|白髪ヘアスタイル特集!

さて、私の旦那の髪は、すでに真っ白と言っていいく...

【欧米式子育て】赤ちゃんの寝かせ方: 抱き癖で夜泣きがひどくなる!?

昨日、クリーニング屋さんに行った帰りにちょっとした...

外国人が驚く日本人の『無礼な習慣』と『マナーの悪さ』7つとは?

ウチの旦那は、オーストラリア産まれの今年で55歳に...

【豪州移住】オーストラリアは本当に理想な国か?豪州永住歴20年の現実

さてさて、ちょっとばかり調べてみると、なんとオース...

オーストラリアは人種差別が多い?豪州移住19年から見た豪州の人種差別

最近になって、日本でも移民を入れると言う政策が進ん...

【少子化問題】日本は子供が産めない国?少子化に歯止めがかからない理由

昨日のヤッフーニュースで見た記事。「総務省が「こど...

【スピリチュアル】晴明神社はちょっと他の神社と違うその理由とは?

さて、晴明神社のことについて、以前も書いているんで...

『生き甲斐』とは?40代と50代は生き甲斐を見つけて人生を変えるべし!

先日アップした記事で、海外では40代、50代になる...

世界で最も金持ちの国ランキング|15 Richest Countries in The World

久々に世界の様々な条件でのランキングをいって見たい...

ランダム

Macの音声コントロールで入力する方法でタイピング不要!ブログ制作の高速化をはかろう!

実は私はいろんな学校に行っていました。高校卒業した...

Recent Posts Widget Extenderでランダムに記事を表示する

プラグインはいろいろありまして、使い勝手がいいも...

【簡単レシピ】チキンと野菜のレバニーズブレッド巻き(冷蔵庫掃除もOK)

ウチではよくチキンを使った料理をするんですけど、...

国際結婚する前に知っておくべき結婚後のあるある 10選とは?

今現在、国際恋愛をしている方・・・・ラブラブですか...

【高山病】トレッキングで注意!死亡する高山病の兆候と症状とは?

ネパールトレッキングに限らず、標高が2500m以...

海外移住してよかった10のこと!オーストラリア移住20年目の本音

私が30歳になったのは、1999年でした。当時は、...

オーストラリアは人種差別が多い?豪州移住19年から見た豪州の人種差別

最近になって、日本でも移民を入れると言う政策が進ん...

『勝ち組』と『負け組』って何?改めて日本の比較社会を分析

2000年に渡豪して以来、さまざまな日本語が生まれ...
PVアクセスランキング にほんブログ村

オススメ記事

人気のカテゴリー