人気海外旅行先ランキング、TOP25

 

今度の旅行はどこに行こう、って悩んでいませんか?そんな贅沢な悩みなんてないですよね。はい。私もないです。

でも、とりあえず、行くならば、ここ・・・という感じで考えている場所はあります。そこで、ちょっとネットで海外旅行はどこが人気なのかと調べてみました。これは、日本でのランキングではなく、トリップアドバイザーでの統計ですので世界各国の方が選んだ旅行先25選です。もう、惜しげもなく1位から行っちゃいましょう。

人気海外旅行先ランキング、TOP25

1. Bail, Indonesia : バリ島、インドネシア

バリ島は、森林火山、象徴的な水田、ビーチ、サンゴ礁で知られているインドネシアの島です。島には、崖のUluwatu Templeなどの宗教施設があります。南には、クタのビーチサイドには活発なバーがあり、スミニャック、サヌール、ヌサドゥアは人気のあるリゾートタウンです。島はヨガや瞑想のための避難所としても知られています。

2. London, United Kingdom : ロンドン、イギリス

イングランドとイギリスの首都であるロンドンは21世紀の都市の近代都市としても有名ですが、歴史はローマ時代にまで遡ります。その中心には、英国の君主戴冠式の象徴的な「ビッグベン」クロックタワーとウェストミンスター寺院(Westminster Abbey)の堂々とした国会議事堂があります。テムズ川の向こうにあるロンドンアイ観測車は、サウスバンク文化複合施設と街全体のパノラマビューが圧巻です。

3. Paris, France : パリ、フランス

パリの首都は、ヨーロッパの主要都市であり、芸術、ファッション、グルメ、文化の世界的中心地です。 19世紀の街並みは、広い通りとセーヌ川に挟まれています。エッフェル塔や12世紀のゴシック様式のノートルダム大聖堂などのランドマークのほか、カフェ文化やデザイナーブティックで知られるルー・デュ・フォーブル・サン・オノレー通り(Rue du Faubourg Saint-Honoré)もあります。

4. Rome, Italy : ローマ、イタリア

イタリアの首都ローマは、世界的に影響力のある芸術、建築、文化の3,000年近くを展示している広大で国際的な都市です。フォーラムやコロシアムなどの古代遺跡は、旧ローマ帝国の権力を彷彿とさせるでしょう。ローマカトリック教会の本部であるバチカン市には、ミケランジェロのシスティーナ礼拝堂のフレスコ画などの傑作を収蔵する聖ペテロ大聖堂とバチカン美術館があります。

5. New York, U.S.A : ニューヨーク、アメリカ

ニューヨーク市は、ハドソン川が大西洋に面している5つの区域で構成されています。その中心にはマンハッタンがあります。マンハッタンは、人口密度の高い世界の主要な商業、金融、文化の中心地です。その象徴的な観光地に、エンパイアステートビルや広大なセントラルパークなどの高層ビルがあります。ブロードウェイ・シアターは、ネオン・ライトのタイムズスクエアに展示されています。

 

 

6. Creta, Greece : クレタ島、ギリシャ

ギリシャ最大の島であるクレタ島は、エラフォニジの砂浜からホワイトマウンテンまでの様々な地形で知られています。富士山範囲の中で最も高いイダは、ギリシア神話によると、ゼウスの発祥の地であるイデオン洞窟の本拠地です。首都イラクリオンには、有名なイラクリオン考古学博物館、ミノア人遺物、クノッソス、青銅器時代の居留地があります。

7. Barcelona, Spain : バルセロナ、スペイン

バルセロナはスペインのカタルーニャ地方の首都で、その芸術と建築で知られています。幻想的なサグラダ・ファミリア教会や、アントニ・ガウディ(AntoniGaudí)が設計したモダニズムのランドマークが街に点在しています。 Museu PicassoとFundacióJoanMiróは、それぞれの名前で現代美術を取り入れています。都市歴史博物館MUHBAには、いくつかのローマ考古学遺跡があります。

8. Siem Reap, Cambodia : シェムリアップ、カンボジア

シェムリアップはカンボジア北西部のリゾートタウンで、9世紀から15世紀にかけてのクメール王国の跡であるアンコール遺跡の入り口です。アンコールの複雑な石造りの建物の広大な複合体には、カンボジアの旗に描かれているメインの寺院であるアンコールワットが保存されています。巨大で神秘的な顔がアンコール・トムのバイヨン寺院に刻まれています。

9. Prague, Czech Republic : プラハ、チェコ

チェコ共和国の首都プラハは、ヴルタヴァ川で二等分されています。 「百人の尖塔」と呼ばれるこの建物は、歴史的な中心部の中心にある旧市街広場の中にあり、カラフルなバロック様式の建物、ゴシック様式の教会、中世の天文時計などがあります。 1402年に完成した歩行者のカレル橋には、カトリックの聖人の像が並んでいます。

10. Phuket, Thailand : プーケット、タイ

プーケットはアンダマン海の熱帯雨林の山間の島で、主に西海岸の澄んだ海域に位置するタイで最も人気のあるビーチがいくつかあります。島には多くのハイエンドの海辺のリゾート、スパ、レストランがあります。首都プーケットシティには、古いショップや賑やかな市場があります。パトンには多くのナイトクラブ、バー、ディスコがあります。

11. Istanbul, Turkey : イスタンブール、トルコ

イスタンブールはボスポラス海峡を渡ってヨーロッパとアジアに跨るトルコの主要都市です。旧市街はかつてここで統治していた多くの帝国の文化的影響を反映しています。スルタンアフメット地区では、野外のローマ時代のヒポドロームは何世紀にもわたって馬車競技場となっていました。エジプトのオベリスクも残っています。象徴的なビザンチン・アヤ・ソフィア(Bazantine Hagia Sophia)は、活気ある6世紀のドームと珍しいキリスト教のモザイクを特徴としています。 ただ、今は政治が不安定なため、所々でテロが起きているので、安全とは言えません。私たちのトルコ人の友人たちからも渡航はちょっとやめたほうがいいと言われました・・・行こうと思ってたのに・・・・ぃ。

 

 

12. Jamaica : ジャマイカ

カリブ海の島国であるジャマイカには、山々、熱帯雨林、サンゴ礁に囲まれたビーチがあります。オールインクルーシブのリゾートの多くは、イギリス植民地時代の建築物であるモンテゴベイと、ダイビングやシュノーケリングの場として知られているネグリルに集結しています。ジャマイカはレゲエ音楽の発祥の地として有名で、首都キングストンには有名歌手に捧げられたボブ・マーリー博物館があります。

13. Hoi An, Vietnam : ホイアン、ベトナム

Photo by Mark Fischer via Wikimedia Commons

HộiAnは、よく保存されている古代都市で知られているベトナムの中央海岸にある都市で、運河を切り開いています。かつての港町の融解の歴史は、木造の中国の家屋や寺院からカラフルなフランスの植民地時代の建築物、華麗なベトナムの管の家、塔のある象徴的な日本のカバードブリッジまで、その時代の建築とスタイルに反映されています。

14. St. Petersburg, Russia :サンクトペテルブルク、ロシア

サンクトペテルブルクは、バルト海のロシア港湾都市です。それは2世紀の皇帝の首都で、1703年にピーター・ザ・グレートによって創設されました。この都市の象徴的な「ブロンズ・ホースマン」像の対象です。それはロシアの文化センターであり、マリインスキー劇場ではオペラやバレエなどが開催され、ロシアの美術館にはロシアの美術館が展示されています。正統派の絵画からカンディンスキーの作品まで展示されています。

15. Roatan, Bay Island : ロアタン島、ベイアイランド

ロアタン島はホンジュラスのカリブ海諸島の一つです。巨大なMesoamerican Barrier Reefの一部で、鯨のサメを含むビーチ、ダイビングサイト、海洋生物で知られています。南西部では海岸近くのサンゴ礁を持つ忙しいウェストベイビーチです。クルーズ船は、コクセンホールの首都と近くのマホガニー湾にドッキングします。東には、プンタゴルダのガリフナ村を含む小さな集落があります。

16. Marrakech, Morocco : マラケシュ、モロッコ

モロッコ西部の旧帝政都市であるマラケシュは、経済的中心地であり、モスク、宮殿、庭園の本拠地です。メディナは、繁栄しているスーク(市場)が伝統的な織物、陶器、宝飾品を販売している迷路のある、ベルベル帝国時代の密集した壁の中世都市です。街のシンボルで、数マイルの距離に見えるのは、12世紀のクトゥビアモスクのムーア人の神殿があります。

17. Ambergris Caye, Belize Caye : アンバーグリス・キー、ベリーズキー

ベリーズの最大の島アンバーグリスキーは、ウォータースポーツ、スキューバダイビング、​​カリビアンビーチで知られています。東海岸から離れたベリーズ・バリア・リーフでは、豊かな海の生命を持つホル・チャン・マリン・リザーブや124mの深いグレート・ブルー・ホールなど、有名なシュノーケリングとダイビング・サイトがあります。サンペドロの町は、島の玄関口であり、セーリングやサンゴの探索の中心地です。

18. Rio de Janeiro, Brazil : リオデジャネイロ、ブラジル

リオデジャネイロはコパカバーナとイパネマのビーチで有名なブラジルの巨大な海辺の街で、コルコバード山の頂上に38mのキリスト像と山頂にケーブルカーを持つ花崗岩のピークであるシュガーローフマウンテンがあります。この街は広大な広場(シャンティの町)でも知られています。パレードフロート、豪華な衣装、サンバのダンサーが魅力的な騒々しいカーニバルのフェスティバルは、世界最大のものと考えられています。

 

 

19. St Martin, St Maarten : セント・マーティン、サン・マルタン

サン・マルタンは、カリブ海のリーワード諸島の一部です。それは2つの別個の国で構成されていて、フランス語の北部、サンマルタンと南部オランダのSint Maartenに分かれています。島には忙しいリゾートビーチと孤独な入り江があります。融合料理、活気のあるナイトライフ、ジュエリーや酒類を販売する免税店でも知られています。

20. Playa del Carmen, Mexico : プラヤデルカルメン、メキシコ

Photo by Haakon S. Krohn via Wikimedia Commons

プラヤデルカルメンは、カリブ海岸のユカタン半島のリビエラマヤ沿いのメキシコの沿岸リゾートタウンです。 Quintana Rooの州では、それはヤシの並ぶビーチとサンゴ礁で知られています。 Quinta Avenidaの歩行者道は、ビーチに並行しています。店舗、レストラン、夜間のバー、ダンスクラブなどがあります。

21. Dubai, United Arab Emirates : ドバイ、アラブ首長国連邦

ドバイは、アラブ首長国連邦の都市であり、豪華なショッピング、最新の建築、活気あるナイトライフの場として知られています。ブルーム・カリファは830mの高層タワーで、スカイスクレーパーで満たされたスカイラインを席巻しています。その足元には、噴水とライトが音楽に振り回されたドバイ・ファウンテンがあります。沖合の人工島には、水と海洋動物公園があるアトランティス・ザ・パームがあります。

22. Grand Cayman, Cayman Island : グランド・ケイマン、ケイマン諸島

グランド・ケイマンは、カリブ海にある英国の海外領土であるケイマン諸島の中で最大のものです。首都ジョージタウンには、ケイマン諸島の遺産に捧げられたケイマン諸島国立博物館があります。この都市は、クルーズ船の主要な港であり、植民地時代のジョージ・ジョージの遺跡の遺跡でもあります。ビーチや活気のあるサンゴ礁が島の特徴です。

23. Kathmandu, Napal : カトマンズ、ネパール

カトマンズは、アジア最大のヒマラヤ国家であるネパール連邦共和国の首都です。ネパール最大の大都市であり、市の人口140万人、カトマンズ谷(Lalitpur、Kirtipur、Madhyapur Thimi、Bhaktapurの町を含む)の都市集積には600万人が住んでいます。カトマンズは、ヒマラヤの丘陵地域でも最大の都市です。

24. Bora Bora, Society Island : ボラボラ島、ソサエティアイランド郡島

By Gabriele Giuseppini via Wikicommons

ボラボラは、フランス領ポリネシアのタヒチの北西に位置する小さな南太平洋島です。サンドライドモトゥス(島)とサンゴ礁で保護されたターコイズブルーのラグに囲まれ、スキューバダイビングで知られています。また、人気のある豪華なリゾート地で、一部のゲストバンガローが水の上に柱の上に建っています。島の中心部では山があり、 Otemanuといい、727m休止火山です。

25. Cusco, Peru : クスコ、ペルー

Photo by Diego Delso, via Wikimedia Commons

ペルーのアンデスにあるクスコは、かつてはインカ帝国の首都でしたが、現在は考古学遺跡とスペインの植民地時代の建築で知られています。アルマス広場、彫刻された木製のバルコニー、インカンの壁の遺跡がある旧市街の中央広場です。バロック様式のサントドミンゴ修道院は、太陽の神殿(コリカンチャ)の上に建てられ、インカの石積みの遺跡が残っています。

まとめ

いかがでしょうか?行きたい場所が見つかりましたか?世界最大のトラベルサイトのトップ25ですから、どうしてもビーチリゾート中心のホリデー先が多かったですが、何箇所か行ってみたい場所がありました。私はどちらかというと、ビーチでのんびりというよりは、アクティブなほうが好きなので遺跡を巡ってみたりというほうが好きだなぁ。オーストラリアは移民国家ですから、結構、オーストラリア以外出身のお友達が多いので、彼らの国も訪ねてみたいと思っているので、次回は私の行ってみたいディスティネーション、トップ15を独断と偏見でやってみたいと思います。

参照:TripAdvisor