『だめんず』、『ダメ女』をつかまえちゃう時・・・それは人生の谷間!3つの対策方法とは?

 

さて、なぜに最近、だめんずやダメ男を記事にしているかと言うと、この前、いきなりFacebookから日本人の知り合い(友達じゃないよ、多分、向こうは友達だと思っているけど)から「男運がないっす」と言うようなメッセージが来たからなんです。う〜ん、そんないきなり言われても、今までの経緯とか、その彼氏本人に会っていないからわからないけど、チャットでする限りでは・・・・よくもまあ、典型的なダメ男を捕まえたもんだ・・・・と思うんだけど。

と言うわけで、これを読んでいる方の中にもだめんずだったり、ダメ女だったりを捕まえている方がいたら参考にしていただきたいなぁ、と思うワタクシの人生哲学?と言うか、まあ、経験談も含めてのお話です。

 

1. ダメな時は、何をやってもダメ

「人生、山あり谷あり」と言うような諺もあるように、そう、人生には運がない時がある。もうね、仕事も何もかもがダメっていう時があるんですよ。私もそういう時期があったんです。仕事もクビになり(経営悪化のため、閉店)、イギリスに行って仕事をしようかと思ったが頼りにしていた友人が行方不明。ほとんどヒモのような男にも引っかかり・・・・最低でしょう?

そういう時があるんですわ、人生には。ある人は足掻くからもっと沼にハマることになるし、再起不能になることも・・・。

 

2. ダメな時は、静かにして過ごす

こういう時のかわしかたは、出来るだけ静かにそっと過ごすことが懸命です。運勢が低迷しているのは、あなたのせいか、それとも他のことが原因なのかはわかりませんが、とにかく、あなたの運勢が低迷していると感じる時は、そう、低迷しているのでしょう。ですから、焦ったり、騒いだりしたところで、どんどん沼にはまって行く場合もある・・・そうすると、悪いスパイラルによって再起不能になることも。諦めることも肝心だと思います。よく、悪いことは重なる・・・・なんてこと言いますよね。本当にそうなんですよ。

特に、ギャンブルが好きな方・・・・こういう時は、静かに見守るという姿勢も必要ですよ。

 

3. 人生はやり直しがきく

しかし、ひょんなことから人生が変わることも。私の場合は、経営上の不振のために職を失い、ヒモのような年下の彼氏と同棲するも喧嘩ばかり、面接やインタビューを受けるも全てダメ・・・というような低迷期でした。その時に、実は引っ越しをしたんです。もともと、私は東京が嫌いで、横浜に帰りたくて仕方がなかった・・・そして、どうしようもない男とも決別してやり直そうと、横浜に戻った途端に全てがうまく回るようになったんです。

ある年齢になると、色々な澱が溜まってきて、それに潰されそうになることもあります。そして、一気に崩しされてしまうことも。ですが、やり直そうと思えば、人生はやり直しが効くんです。私自身も、何度かやばいなぁ・・・と、潰れそうになったことがありましたが、それでもなんとかやってこれたので、声を大きくして言いたいのは、

『人生はやり直しがきく』ということ・・・・まあ、その気になればの話ですけど。

 

まとめ

ダメ男、だめんず、ダメな女に引っかかった時は・・・・・自分の運勢が低迷している頃だということ。事実、相手は自分の鏡であることが多いので、自分がダメだからこそ、だめんずやダメな女を引っ掛けてしまうのではないかと思います。

自分を磨いて、自分を見つめ直して、偽りなく素直な気持ちになれば、きっといい道が見えてくるはずだと思うのですが、それもまた運もあるでしょうし、時期もある。ですから、ダメな時はダメと諦めることも必要ですし、そして人生の谷間だということで、ジッと時を待つのもいいと思います。まあ、それだけの『智』があれば良いんですが、煩悩の多い人間は、失敗してから気がつく。あるいは、失敗しても気がつかない・・・・という人もいる訳ですけどね。

こんなに偉そうに言っている私も、来年は50歳ですよ・・・・・。取り敢えず、今はアートを頑張ってなんとか形になれば良いなぁ・・・・とは思っていますが。このブログも展示会の片手間に書いております・・・・。

今日が最終日、カップルが後日、私の作品を買いたいとのことです・・・・。連絡くれるといいなぁ・・・・。