HOME トラベル情報 ネパール 初心者でも安心!ネパールト...

初心者でも安心!ネパールトレッキングの種類と旅行会社の選び方

私達がトレッキングを計画したのは、出発の11月中旬よりも7ヶ月も前になります。それと言うのも、このトレッキングには9歳になる次男が同行するので出来るだけ早く情報を集め、計画を立てる必要があったんです。

それに最近の飛行機は早く予約する方が安くなる傾向があるので、飛行機はなんと6ヶ月前に予約しました。

そこで、私がじっくりと選んだ方法とトレッキングのツアー会社、それから基本的なトレッキングの種類などをここで簡単に説明してみたいと思います。

ネパールのトレッキングの種類は?

さて、トレッキングの種類なんですが、基本的には3つの選択があります(このブログは日本の読者さんが多いので、日本から行く場合も含めて)。

  1. 日本のツアー会社に申し込む。
  2. 現地のツアー会社に連絡して、パッケージを組んでもらう(宿泊、交通費含め)
  3. 自分達で全てやる(ガイドもポーターも無し)

これらの方法は、まあ、世界共通と言うかオーストラリアにもツアーを組んでくれる旅行会社もあるようですが、多くのオーストラリア人は大体は自分たちで現地のツアー会社に連絡してパッケージ、或いは自分達だけで荷物を担いで回ると言う人が多いように思います。

が、これもまた年齢的なものもあるので、年齢が上がるほどガイドとポーターを雇っている人がほとんどだったように見受けられました。

しかし、中には私達よりも年上だろうと思われるイギリスからのご夫婦がなんと2ヶ月も自分達でリュックを背負ってガイドなしで(この上記の3番ね)、トレッキングしていると言う方々もいらっしゃったので、色々ではないかと思いますが。

そこでやはり、オススメは2番目の現地のツアー会社に頼んで全てを任す。

これはネパールを3番で何回も行ってきた私のAU旦那からのアドバイスでした。「現地のことは現地のプロに任せる、これが一番いいんだよ」との事。しかし、何せ9歳の次男が一緒ですから、いい加減なツアー会社では困りますからね、AU旦那からはレビューをチェックせよ!とのお達しが。

当然ながら、このご時世ですからレビューは命。そして、子連れでトレッキングをしたと言うネットもチェック。そこで見つけたのがカンちゃんさんがやっている、たびだんごと言うブログで、ご家族で同じコースを制覇。いや〜、本当に参考にさせて頂きました。

なので、ちょっと被ってしまうところもあるんですが、こちらのブログの方も参考までにご紹介しておきます。

 

 

レビューチェックは基本中の基本!

【ネパール・ポカラ】トレッキングの種類とツアー会社の選び方

さっきも言ったように、最近はネットが普及しているので、様々な情報が迅速に手に入ります。それに有名なトリップアドバイザーは使えます。英語も日本語に翻訳されているので、まあ、たまに意味不明なこともあるんですが、きちんとしたレビューが見れます。

私もここで何社かチェックし、また地元(シドニー)の旅行会社で何社か紹介してもらったのでそこもチェック。

チェックする内容は、当然ながら

  1. 料金
  2. トレッキングに含まれる内容
  3. ディポジット(予約金)が必要かどうか

ここで、なぜ予約金を払いたくなかったかと言うと、まず国際送金は面倒くさいから。

それに払った払わない(これは控えがあるから特に問題ないけど)、いきなりオーナーが変わっている場合があると言うネット情報もあったので信頼性の問題もありました。

また、小さい子供(小学校3年生)が行くのですから、最悪の場合にはいきなりキャンセルなんてこともある可能性だってあるわけです。ですから、このディポジット(予約金)が不要になった場合はどうするんだと・・・返金になる場合でもちゃんと送ってくれるのか、或いは次に来た時に使ってとか、そんなのアテにならない。実際、オーストラリアだってアテにならないからね、そう言うのは。

後日、ネット検索して上がってきた会社を3社余り、それからシドニーの旅行会社(飛行機チケットを取ってもらったエージェント)の担当のアリスと後日、飛行機の便の変更で訪れたときにチェックしてもらって、やはりカンちゃんさんが使ったツアー会社、Eastern Light Trekに決めました。

とりあえず、Eastern Light TrekのTripAdviserのページはこちらからどうぞ。

たくさん、レビューが書いてあるので読んで見てください。

また、他の会社も載っているので色々とチェックしてみるといいと思います。

 

 

ポカラの街で飛び込みで探すのもあり?

【ネパール・ポカラ】トレッキングの種類とツアー会社の選び方

ポカラの街に行くと、本当に沢山のツアー会社があります。もう、ピンからキリまで。

私達は、小さい子供がいるので、ホテルもツアーも全てオーストラリアでかなり前から計画していましたが、欧米の若い人(いわゆるバックパッカー)はいきなり行って、いきなり「明後日からトレッキングしたいんだけど?ツアー、ある?」なんて言う人もいます。

また、値段によって個人でガイドとポーターが付くようなアレンジや、出発が決まっていて人数制限があるようなツアーもあり、この場合は10人とかその程度のツアーに参加することも出来ます。

私達が初めてトレッキングしたのはタイのチャンマイで、20年前。この時もAU旦那がいきなり、「ねえ、トレッキングしてみない?3泊程度のトレッキング」なんて感じで言い出して、面白そうだったのでその場で決めて、宿のおばちゃんに、

「トレッキング行きたいんだけど、いいところない?」

とオススメのところを紹介してもらったんです。そうしたら、なんとガイドのお兄ちゃんもポーターのおっさんもものすごくいい人で、10人程度の欧州出身者たちと一緒にトレッキング。本当に楽しかった〜。

こんな感じでフラッと予定がないような旅ならばいいんじゃないでしょうか。ですが、最近はネットがどこでも繋がるので、やっぱり宿泊してるホテルやネットである程度は調べたほうがいいとは思います。本当にいっぱいあるので、悪いところに当たったらまあ、思い出にはなると思いますけど・・・痛い思いはしたくないのが人情ですよねぇ。

まとめ

実際に本当に色んな料金で、色んなコースがあるし日程も含めどんなものがその料金に含まれているのかをよく確かめてから決めたほうがいいと思います。

ネパールではホテルにしろ、カフェにしろ、ネパールのホスピタリティは非常に質が高い、いや、基本的に本当にいい人が多いと思いました。特に、ポカラでは買い物してても次男になんかくれようとしたり、自分の息子を連れてきて「同じ歳よ。」とガンガン喋ってくる奥さんがいたり。本当に気さくな人が多い。びっくりするほど多い。

だから、基本的に想像以上にぼったくられると言うような可能性は非常に低いと多いますし、ツーリストポリスもいるし(基本的にボッタクリ対策や観光客を守る仕事)。

ですが、それでもちゃんと後から困らないようにチェックはしましょう。

 

 

Sakura
2000年からオーストラリア在住。シドニー某大学の修士課程卒業。『海外在住引きこもり主婦』のアーティスト兼ブロガー。専門は銅版画ですが、油絵もやります。海外生活事情や文化などを中心に書いてます。
- Advertisment -

最新記事

人気の記事

【国際結婚・恋愛】外国人の恋人に絶対やってはいけない5つのこと

日本もだんだんと個人主義が浸透しつつあるようの思う今日この頃・・・・でも、やっぱり日本独特の文化や背景があるので、ちょっとやそっとじゃ、欧米...

『白髪を染めない』格好良さを追求|白髪ヘアスタイル特集!

さて、私の旦那の髪は、すでに真っ白と言っていいく...

【欧米式子育て】赤ちゃんの寝かせ方: 抱き癖で夜泣きがひどくなる!?

昨日、クリーニング屋さんに行った帰りにちょっとした...

外国人が驚く日本人の『無礼な習慣』と『マナーの悪さ』7つとは?

ウチの旦那は、オーストラリア産まれの今年で55歳に...

【豪州移住】オーストラリアは本当に理想な国か?豪州永住歴20年の現実

さてさて、ちょっとばかり調べてみると、なんとオース...

オーストラリアは人種差別が多い?豪州移住19年から見た豪州の人種差別

最近になって、日本でも移民を入れると言う政策が進ん...

【少子化問題】日本は子供が産めない国?少子化に歯止めがかからない理由

昨日のヤッフーニュースで見た記事。「総務省が「こど...

【スピリチュアル】晴明神社はちょっと他の神社と違うその理由とは?

さて、晴明神社のことについて、以前も書いているんで...

『生き甲斐』とは?40代と50代は生き甲斐を見つけて人生を変えるべし!

先日アップした記事で、海外では40代、50代になる...

世界で最も金持ちの国ランキング|15 Richest Countries in The World

久々に世界の様々な条件でのランキングをいって見たい...

ランダム

【図解説明】収入が上がるGoogleアドセンス広告の貼る場所はどこ?

今回は、Googleアドセンスの広告をサイトのどこ...

【本当にあった怖い話】海岸でびっくり:オーストラリアの怪談話(1)

日本はお盆でございます。お盆休みでいろいろなところ...

これで親子関係を改善!思春期の子供との接し方実体験(欧米式子育て)

ウチの長男は16歳で思春期の真っ只中です。どちらか...

これで完璧!子連れで海外旅行に行くオススメの持ち物10個

子連れで海外旅行って、日本では敬遠する人がいるよ...

ばあちゃんの死が理想的すぎるのでご紹介!こんな死に方してみたい

私がまだ日本にいた1999年にうちのばあちゃんが亡...

【語学習得】エレガントさを忘れずにFワードを正しく使う方法

言葉というは、文化です。そして、また言葉使いからも...

国際結婚・恋愛の言葉の壁!直面する5つの問題とは?

言葉の壁は国際恋愛や、国際結婚で一番問題になること...
PVアクセスランキング にほんブログ村

オススメ記事

人気のカテゴリー