HOME トラベル情報 オーストラリアの旅 【オーストラリアの旅】Te...

【オーストラリアの旅】Termeil とBawley Pointのビーチ

年末にStudioの友人が所有するHoliday house(別荘)に行ってきました。実は、キャンプでも行こうかと思っていたのですが、このクソ暑いのに火をおこしたり、キャンプファイアーをするのもどうかと思っていたので、彼らがヨーロッパ旅行(旦那さんがスイス人)に行くというので、お言葉に甘えて$100(光熱費代だけ)で1週間ほど借りちゃいました。

ほんと、持つべきものは友です。貯金が少ない我が家にとってはありがたいオファー。

場所はTermeilというところで、シドニー都心から3時間半ですが、南に下がる道は2車線のところが多く、実は結構渋滞もあるので、この時はピークだったために4時間半くらいかかりましたかね。

なので、あまり私は南に下がるのは好きじゃないんです。北上する方が道も広いし、早く着く気がするし・・・でも、まあ、ほれ、

「広い豪州、そんなに急いで何処へ行く」

っちゅーことでのんびりと制限速度を守りながら(それ以下の時もあったけど)、ゆるりと南下して来ました。

【オーストラリアの旅】Termeil とBawley Pointのビーチ
この先渋滞しました。豪州の渋滞は珍しい。
【オーストラリアの旅】Termeil とBawley Pointのビーチ
メルボルンでオーダーメイドして運んでもらった家なんだって。
【オーストラリアの旅】Termeil とBawley Pointのビーチ
家の裏にこんなでかい蟻塚が。could be more than 200 years old.

で、このTermeilというところは何があるかと言いますと、Termeil Lakeという湖があるほかはビーチがちょこっとで、たいしたものはないんですね。ですから、車でちょっくら行かないとない。まあ、多分、冬はのんびりするのにいいと思います。冬にまた借りてみたいなぁ・・・(と今からリクエストしているんですが、当然ながら彼らも使うわけですから、その辺は乞うご期待ということで)。

そして、オーストラリアは無数のビーチがあることで有名ですからここでもビーチはあります。

別荘のオーナーである友人のオススメのビーチはBawley Pointにあるビーチだそうです。ネットで調べてみると、なかなかいい感じのビーチで波もあまり荒くないとあります(本当か?オージーの波の荒さは基本が違うからなぁ・・・)。

オススメがGannet Beachだそうで、行ってみることにしました。

【オーストラリアの旅】Termeil とBawley Pointのビーチ
Gannet Beach, Bawley Point、ちょっと風が強くて煙ってます

ここで注意なのが、オーストラリアのビーチにはリップと呼ばれる、離岸流があちこちにあって、気をつけないと本当にあっという間にさらわれて行きますから、こういう地方の海岸で泳ぐのは注意してください。200mとか300mを余裕で泳げる人でない限りは足の届かないところに行くのは控えたほうがいいと思います。ウチの息子でさえも、この有様。全然、入ろうとしません。

このリップについてはこちら、

はい、過去記事どうぞ。

オーストラリアの海で、もしも波に攫われたら!? 離岸流に気をつけろ!

 

 

このBawley Point、実はSydneyからのホリデーが多いそうです。別荘を貸してくれた友人のご両親もここに住んでいるそうです。ですから、割とボーガンも少ないし、なんかまあ、シドニーのどっかのビーチにいるみたいな感じがしました。

ビーチボールやってる若いグループがいたり、家族でのんびりとホリデーを楽しんでいる人がいたり、いい感じでした。

Gannet Beachは地図で見ると結構、小さいビーチと思っていたら、おいおい・・・やっぱりそこはどでかい大陸のオーストラリア・・・めちゃくちゃ広いビーチだったよ。

そして、潮干狩りしている人も発見。

ええ?いいのかなぁ・・・。ここはナショナルパーク内ではないのか?

基本的にナショナルパーク内の浜辺では動植物の捕獲は違法ですから、気をつけましょう。「知らなかった」では通用しませんからね、こっちは。

で、足で波打ち際を掘り掘りして見たら、結構、いました。それも結構デカイ、あさり。こっちではピッピといいます。

ちょっと、私も潮干狩りしちゃおうかと思ったんですが、モラル男のOZ旦那に咎められて断念しましたが・・・

「でも、採っている人いたよ!!」が通じないのが、うちの旦那。

う・・・わかったよ。

世界の終わりが来たら私に任せとき!

飢え死にだけはさせないからよっ!

という事で、断念。美味しそうだったけどね。酒蒸しとか・・・。

まあ、シドニーから数時間でひとけのない、素敵なビーチ。

いかがでしょ?

テント張って、ここでアサリの酒蒸しを・・・あっ・・・。

う〜ん、帰って来ても妄想は尽きません。。。。(笑)

 

 

 

 

Sakura
2000年からオーストラリア在住。シドニー某大学の修士課程卒業。『海外在住引きこもり主婦』のアーティスト兼ブロガー。専門は銅版画ですが、油絵もやります。海外生活事情や文化などを中心に書いてます。
- Advertisment -

最新記事

人気の記事

【国際結婚・恋愛】外国人の恋人に絶対やってはいけない5つのこと

日本もだんだんと個人主義が浸透しつつあるようの思う今日この頃・・・・でも、やっぱり日本独特の文化や背景があるので、ちょっとやそっとじゃ、欧米...

『白髪を染めない』格好良さを追求|白髪ヘアスタイル特集!

さて、私の旦那の髪は、すでに真っ白と言っていいく...

【欧米式子育て】赤ちゃんの寝かせ方:『抱き癖』で夜泣きがひどくなる!?

  昨日、クリーニング屋さんに行った帰りにちょっと...

外国人が驚く日本人の『無礼な習慣』と『マナーの悪さ』7つとは?

ウチの旦那は、オーストラリア産まれの今年で55歳に...

【オーストラリア移住】オーストラリアは本当に理想な国か?豪州永住歴20年の現実

さてさて、ちょっとばかり調べてみると、なんとオース...

オーストラリアは人種差別が多い?豪州移住19年から見た豪州の人種差別

最近になって、日本でも移民を入れると言う政策が進ん...

【少子化問題】日本は子供が産めない国?少子化に歯止めがかからない理由とは?

昨日のヤッフーニュースで見た記事。「総務省が「こど...

【スピリチュアル】晴明神社はちょっと他の神社と違う、その理由とは?

さて、晴明神社のことについて、以前も書いているんで...

『生き甲斐』とは?40代と50代は生き甲斐を見つけて人生を変えるべし!

先日アップした記事で、海外では40代、50代になる...

【奈良吉野山】 脳天大神:びっくり仰天のすごいご利益のパワースポット

またまた、吉野山のご紹介です。 吉野山のと言うの...

ランダム

泣いている赤ちゃんをあやす方法!ヨガの『オーム』OMが効く!

新生児の赤ちゃんのお仕事は「泣くこと」しかございま...

幼児虐待は人ごとじゃない。キレる瞬間とその対処方法とは?

ネットを見ていると、幼児虐待の記事が出ている時が多...

【海外で日本食】麻婆茄子:意外と手軽に作れるよ

昨日、買い物に行ったらなんとベイビーエッグプラン...

【簡単レシピ】お鍋ひとつで簡単しっとりローストチキン

  さて、毎日の夕食の献立を考えるのは...

【奈良吉野山】吉野水分神社:無神論者のAU旦那も心揺さぶられた神社

初めて私が吉野山に訪れたのは2012年の秋でした...

格安航空会社(LCC)は安全?メリットとデメリットと信用性は?

ワタクシ、9月の末に京都にちょっくら友人に会いに行...

Google Search Console:『データーがありません』の原因は?

お〜い、もう・・・なんで??ちょっと、私のブログサ...

【ネパール】子連れでアナプルナベースキャンプトレッキング⑦ボケたデオラリ

アナプルナベースキャンプに向けて、もうすぐそこま...
PVアクセスランキング にほんブログ村

Instagram

オススメ記事