HOME トラベル情報 オーストラリアの旅 【オーストラリアでCamp...

【オーストラリアでCamp】あると便利なキッチン用品を揃える

オーストラリアでのキャンプは、国の指定している国立公園内でのキャンプ、それからラウンドトリップなど、とにかく自然の中で何もないところでのキャンプ、プライベートの土地を借りてするキャンプなど、いろいろあります。そこで、基本的なキャンプに備えたキャンプ用品をピックアップしてみました。今回は、キッチン編でございます。

調理器具

1) フライパン (キャスト・アイアン)

こちらのフライパンは、私も持っているんですが、キャンプに行かないときは家で使っています。鉄でできてるので、健康にも安心ですし、オーブンにも入れられるし、なにせ均等に熱くなるので使っていて火加減とか気にしなくてもOK。オススメはやっぱり、鉄です。

 

2) 鍋 (キャスト・アイアン)

鍋は必需品。うちでは特にオーブンにしたりしないので、小さめのキャセロール鍋、ダッチ・オーブンを持っていきますが、ローストチキンを作ったり、パンを焼いたりもできるので、こちらの方がオススメです。いずれは欲しいなぁ・・・とおもっている一品です。上記のものは、セットになっているので、小物もついてきますし、持ち運び用の袋までついてきます。お買い得ですね。

 

 

3) BBQグリル 

こちらのBBQ用の網なんですが、実はアメリカのアマゾンから取り寄せました。オーストラリアではなかったんですよねぇ・・・いいものが。なんか、重たい鍋とか乗っけたら落ちそうだったし。調べてみたら、レビューもいいし、安かったんですよ。これは、是非にも欲しい一品ですだって、これがなかったら、調理できないでしょ。

 

4) カセットコンロ

カセットコンロは、昔は、キャンプ専門店とかに行かないと買えなかったんですが、一つだけのものだったら、スーパーでも売っていて、カセットボンベも売ってます。ウチには日本から持ってきた、カセットフーがあるのですが、ちゃんと運ぶ用のケースがついているのはいいですね。だって、雨とか降ったらさ、やっぱりBBQは出来ないから、こういうのに頼るしかないし、ウチではコーヒーはこれで作ってます。

 

 

5) 炊飯用鍋

これがないと、カレーは食べれない!こちらの鍋は超!オススメです。炊飯器は、海外では炊飯器も高いし、なぜか下の方がビチョビチョになったり、種類も限られていてどうしようもなものが多いんですよ。以前、日本に帰った時に買って、洋服に包んで、スーツケースに大切に入れて持ってきたこの子。いつも使っているんですけど、炊飯器よりも美味しく炊けるし、時間もかからない。キャンプにも持って行ってますが、う〜ん、蓋がガラスなので、割れたりするのが怖くてカセットガスコンロで炊いてます。

 

6) カレンダーとボール

ポップアップになっているので、場所をとりません。野菜を洗ったり、パスタを茹でたりと色々使えますね。あると便利な調理器具の一つです。値段も安くてお買い得。

 

7) コーヒーメーカー

 

必ず忘れてはならないもの・・・・それは、コーヒーメーカー。エスプレッソマシンとも言いますけど、うちではこれは必需品。それと、これをガズコンロに乗せるためのアダプターを忘れずに。小さいのでコンロに乗りません。うちで使っているのは、すべてステンレスなので、直接バーベキューの火にかけてもいいと思いますけど。

 

 

キッチン収納

 

こちらの収納はとってもよく出来ていて、丈夫だし、便利。小さく畳めるので持ち運びにも便利です。ものがたくさん入りますし、鍋や調理器具も棚におけるし、これがあればテントの中がとってもスッキリします。オススメの一つで、買ってよかったとキャンプ無関心の旦那も絶賛してました。

 

食器類

1) 食器:プレートとボール

 

このプレートとボールは竹が原料みたいですが、かなりしっかりしています。以前、プラスティックのプレートを買ったんですけど、どうも品質が良くないと言うか、安っぽい。かと言って、高いものは買いたくないし・・・。それで使ってみたら、結構いい感じだし、エコというのもポイント。ウールワースで売ってます。

2) カップ

大きめのコーヒーカップ。まあ、コーヒーだけじゃないですけど、中が二層になっているので冷めないくてずっと暖かいです。ちょっとお値段はしますけど、ステンレス製なのでずっと使えます。真冬には必要な一品と言えるでしょう。

 

洗い物

洗い物をするときに便利なポップアップ。これは、結構、便利。オーストラリアは炊事場所がついているところが少ないので(ほとんどないと思ってくださいね)、これがあると洗い物がとっても便利になります。洗ったら水を抜いて、そのまま乾かせばいいし、使わないときは畳んで収納できます。

以上であると便利なものですが、キチンで必要だなぁ・・と思う、リストを作ってみました。

 

 

その他に必要なものリスト

その他に必要なものをピックアップしてみました。このリストは、ワタシがキャンプに行く時に持って行くリストです。普通に行くキャンプなら、このリストにあるもので十分だと思います。

  • ナイフ、フォーク、箸
  • テーブル
  • 塩、胡椒などの調味料
  • 余った食材などを入れるジップロック
  • オーブン・ミトン
  • コップ
  • ナイフ
  • まな板
  • ウォータタンク
  • BBQ用の串
  • ヘラ、フライパン返し、BBQ用の長いトング、オタマ
  • 布巾
  • スポンジと洗剤
  • アルミホイル

 

 

まとめ

オーストラリアは、ゴミも全て持ち帰るのが鉄則ですから、できるだけゴミを出したくないんですね。ですから、メニューを決めて下ごしらえをしていくか、調理しやすい様に全て野菜などもカットしていきます。それでも長い期間になるとそうも言っていられないんですが、3、4日だったらショッピングに行かなくてもいい様なメニューもできます。

ここに挙げた調理器具は、あるととっても便利でした。特に、キッチン収納のついているテーブルはもう、優れもの。雨の日とかもカセットガスコンロがあれば、テント内でも(大きなテントなら)調理も可能でしょう。が、くれぐれもテントの近くでやらない様に、溶けたら大変ですからねぇ・・・。

 

 

参考になったなぁ、面白かったなぁ、と思ったら『シェア』をポチッとお願いします。

  • Facebookでお友達にシェア
  • Twitterでフォロワーさんにシェア
  • Pinterestでピンしてシェア
Sakura
2000年からオーストラリア在住。シドニー某大学の修士課程卒業。『海外在住引きこもり主婦』のアーティスト兼ブロガー。専門は銅版画ですが、油絵もやります。海外生活事情や文化などを中心に書いてます。
- Advertisment -

最新記事

【ネパール】子連れでアナプルナベースキャンプトレッキング①:ウレリ驚異の階段!

さてさて、トレッキングの始まりです〜。 この日の朝は、8時にポクラのホテル・ミドルパス&スパに迎えに来てもらう事になっておりました。ジープの荷台に荷物を乗せ、後ろにポーター2人とガイドのラムさんが乗...

人気の記事

ランダム

PVアクセスランキング にほんブログ村