HOME トラベル情報 トラベル情報 【海外旅行】子連れで海外旅...

【海外旅行】子連れで海外旅行に行く時のオススメ必需品10個とは?

子連れで海外旅行って、日本では敬遠する人がいるようですが、実はそうでもないです。海外の方が実は子供に優しかったりするし、周りが結構、助けてくれる事が多いです。

特に、手短なところで言えば、タイ。あそこは本当に子供が好きな国だから、ホテルでは無料のベビーシッターがワラワラとよってきて、サササッと側で遊んでくれたり、お菓子をくれたりする。だから、準備さえきちんとして退屈さえしなければ全然、楽しく旅行に行けます。

そこで、今回はその準備。子連れだったら、子供が飽きちゃって騒いじゃってどうしようとか思っている方にオススメの、子連れで海外旅行に行く時の必需品(?)アイテムを10選、経験から集めてみました。

 

飛行機の中で便利なもの

まずは、飛行機の中。年齢にもよるんですが、ある程度自分で絵をかけたり、本を読んだりできるような年齢であればかなり楽になります。一番大変なのが、2歳未満。気圧の関係で耳が痛くなったり、眠たくなってぐずったり、気温が合わなくて気持ち悪くてもなかなか表現できないということもあります。

こちらは、2歳未満の子どもを対象にした記事。

騒いだらどうする?子連れで飛行機に乗る前に準備する8つのこと

 

そして、幼稚園から小学校低学年くらいになったら、ちょっと楽になります。

その時には次のようなものが便利だと思います。

 

1 . ネックピロー

夜便、昼便に関わらず、子供用のネックピローもあると便利。当然ながら、寝る時にも使いますが、ダレちゃった時とか疲れた時にこれがあると子供も楽なんです。

私が使っているのは持ち運びに便利な空気を入れる用のやつですね。大きめの低反発の枕もいいとは思いますが、子供用サイズがないし。小さくてコンパクトになるし、首が柔らかい子供にはこれがぴったりではないでしょうか。

 

 

2. フットレスト

フットレストは非常に便利です。特に、長時間のフライトには非常に楽だという話を聞きました。私はまだ使ったことがなくて、友人がヨーロッパに行った時に子供用に買ったら自分も一緒に足を乗ってけてしまったというくらい良かったそうです。今回、私もネパール行きのために購入しました。改めて、その使い心地をレポートしたいと思います。

しかし、航空会社によっては使えないところもあるので出発前にきちんと確認しておいた方が良いでしょう(シンガポール航空は使えます)。

 

 

 

旅行中はいつでも便利なもの

上の二つは、特に飛行機に乗る時に便利なものですが、ここからはいつでも使えます。当然ながら、長いフライトでは飽きないように手を替え品を替えで誤魔化しながら時間を潰すしかありません。特に、昼便。。。

実は、オーストラリは大陸なので非常に長いフライトになります。近い場所でも海外になると8時間とか。まあ、出発場所にも寄りますが、シドニーからだと8時間とか9時間はザラですし、ヨーロッパになるともう気が遠くなる距離を飛びます。ですから、途中でトランジットする方が楽なんです。飛行機から降りて、ちょっと歩くとまた気分転換にもなる。

話がズレましたが、子供と一緒の長いフライトは本当に大変ですから、出来るだけ遊べるものを選んでみましょう。

 

3. 携帯用水性絵の具パレット

これはかなり便利です。まあ、子供にもよるんですが、ウチの息子は絵を描くのが大好きだったので、これを注文。私も以前持っていたのですが、最近、どこかにしまい込んだのか、見当たらないので新しいのを買いました。水を入れるブラシが付いていて、押すと水が出て来て水用のコップがなくてもOK。こっちの方がいい感じ。

私もこれと似たようなものを購入したので、旅先で使うのが楽しみです。

 

 

4. 水彩画用スケッチブック

普通の紙では水彩絵の具を使うと紙が水を吸ってしまい、ボコボコになってしまうので、水彩画用の紙を使いましょう。私が使っているのは、モレスキンの水彩画スケッチブック。

これはシンプルだし持ち運びがいい感じです。サイズが選べるのでいいです。ポケットサイズとラージサイズが選べますが、ラージサイズの方が使い勝手がいいです。

 

 

5. 気に入っている絵本

これは必須ですね。できれば、自分で選ばせましょう。しかし、3冊までとか決めないと物凄い重たい荷物になってしまいます。ですから、はじめから

「はい、好きな本を3冊選ぼうね!何がいいなぁ?」

と、きちんと決めてあげましょう。ウチのキャンプは車だからとたかを括ったために次男のおもちゃバッグが大変なことになったことがあります。当然ながら、全部読みませんでしたしね。

 

 

6. トランプや携帯に便利なゲーム

旅行の行程にもよるんですが、食後のあとに自由時間などでちょこっと遊ぶのにいいのがトランプやUNOなどのゲームではないでしょうか。UNOはとても簡単なので、小さい子供でもすぐ覚えられるのし、使う場所も狭くていいのでお勧めです。

 

 

7. iPadなどのタブレット

これはもう親の価値観になって来ますが、実際に飛行機の中では便利だと思います。特にLCCなどの格安航空会社などでは機内でのエンターテイメントは有料ですし、あまり充実しているとは言えない場合もあります。

ですから、出来ればiPadなどのタブレットを用意して、好きな動画や映画、ゲームなどを入れておくといいと思います。ですが、こればっかりになると旅行がおろそかになる場合もあるので飛行機の中だけ、という決まりを作っておくのもいいと思います。

 

 

8. Kindle

キンドル。これ、iPadがあるからいいじゃないかと思われる方も多いと思うんですけど、iPadだと本を読むよりもゲームやら動画やらをやってしまうことの方が多いんです。ですから、ウチではKindleを旅行用に持っていきます。

実際に読書をする年齢になるとやっぱり、読書というのは大切になって来ますから、iPadでズルする確率が高くなるよりも確実に『読書だけ』という意味でもKindleはおすすめ。それに充電もiPadに比べて非常に長く保つのもいいです。

 

 

9. お気に入りのおもちゃ(ぬいぐるみ等)

これはもう必需品というか、子供の精神安定のために必要だと思います。子供によっては全く必要のない子もいれば、いつも一緒に寝ているぬいぐるみなどがあれば非常に安心する子もいます。

ウチの長男は特になくても平気でしたが、次男はぬいぐるみ。これがないとかなり不安のようですね。これらも初めから何個と決めて自分で選ばせてあげましょう。

 

10. カメラ(コンパクトデジタルカメラ)

最近は携帯のカメラの性能が良くなったので、あまりコンパクトカメラは必要ないと思いますが、小さい子供さんにはこれが結構いいおもちゃになるというか。それに写真は芸術的感覚も養ってくれるので、こんなアングルが面白いとか、色合いを楽しんだり、構図を工夫したりと小さくてもできることが結構、あるんです。

最近は値段も安いものが多くなっているので、レビューを参考にして選んでみてはいかがでしょうか?子供専用から普通のコンデジまでありますから、年齢によって選んでみたほうがいいと思います。あまり小さいと落として壊すのが目に見えていますので、ショック・プルーフなどの衝撃に強いものを選びましょう。

 

 

まとめ

実際にはそれぞれの子供に合わせた準備をする必要があると思いますが、備えあれば憂いなしと言いますから、まあ、あまり荷物にならないような物ならば持って行ったほうがいいとは思いますが、あまり荷物になりすぎても困ります。

ですから、まずは親御さんが何を持って行こうかと考えて、それからお子さんに「あれと、あれと、これはどう?」と指導権は握っておいたほうがいいと思います。

あとは、飛行機の中とかでびっくりさせてあげるようなものを持っていくといいかも。

私は、携帯水彩絵の具を飛行機の中であげようかと思っています。お絵描き大好きな子はとっても喜ぶはずです。

できるだけ、様々なシーンで楽しませてあげることも必要なので、オススメの記事をピックアップしておきました。良かったらどうぞ。

 

 

 

参考になったなぁ、面白かったなぁ、と思ったら『シェア』をポチッとお願いします。

  • Facebookでお友達にシェア
  • Twitterでフォロワーさんにシェア
  • Pinterestでピンしてシェア
Sakura
2000年からオーストラリア在住。シドニー某大学の修士課程卒業。『海外在住引きこもり主婦』のアーティスト兼ブロガー。専門は銅版画ですが、油絵もやります。海外生活事情や文化などを中心に書いてます。
- Advertisment -

最新記事

オーストラリアの森林火災

オーストラリアのユーカリの木が自然発火で山火事は常識という事実

オーストラリアはとっても広い国です。もう、びっくりこくくらいデカイ国で、大陸です。そして、気候も熱帯雨林から乾燥している砂漠気候まで様々。 ですが、実際には非常に乾燥している国なんです。真ん中のウル...

人気の記事

ランダム

PVアクセスランキング にほんブログ村

人気のカテゴリー