Eternityはシドニーのシンボル!その意味に込められた願いとは?

シドニーのEternityの意味は

今朝犬の散歩をしていたら、朝日を背にして青空に文字が描かれ始めたのを気が付きました。初めは何だかわからなかったんですが、AU旦那と「あれはEternityだね。あんまり上手に描けてないけどww」と飛行機雲で書かれた文字を眺めていました。

 このエタニティーと言う言葉、新聞はシドニーでは2000年の年明けにシドニーハーバーブリッジの花火の時にも使われましたし、シドニーオリンピックでも使われました。

Eternityは永遠と言う意味ですが、シドニーではそれ以上に親愛、労り、そして平和への願いを込めた意味があります。

そこで今回はこの言葉の歴史をご紹介したいと思います。

シドニーのMr. Eterniyとはどんな人?

まず、このEternityを初めに使った人がいます。

そして後に、彼はミスターエタニティーと呼ばれることになります。ではこのMr Eternityと言う人はどんな人なんでしょうか。

遡ること1932年から1967年にかけて、シドニーの道のあるところにチョークでEternityという言葉が書かれました。これは1度だけではなく35年間にも及ぶ長い間に何度も何度も書かれていました。

そしてこれを書いた人物というのが、Arthur Staceというアルコール中毒を抱えた元軍人で、毎晩のように死ぬまでシドニーの道に50万回も書い続けたといいます。

 

Mr. Eternityの生い立ちと彼の苦悩

ステイスは1885年に生まれました。彼はアルコール中毒の家庭で育ちました。彼の両親はもちろん、彼の兄弟も終始酔っ払っていて、最後にはメチル系アルコールを飲みだし、それが原因で全員が死亡したそうです。

また、彼の両姉妹は、それぞれ売春宿を経営していて、大酒飲みで彼女ら自らも売春婦だったそうです。彼は晩年になり、彼の家族の思い出として、家族がテーブルに座り、お金がなくなって酒が飲めないと泣いていた状況を語っています。

ステイスは、15歳のときに初めて泥酔とわいせつのために逮捕されましたが、悲しいことにそれは彼の習慣になり、何度も逮捕されることになります。

彼は1916年3月に第一次世界大戦に参加し、彼が戻ったときには、彼の片方の目はガス攻撃で半分見えなくなり、また彼のアルコール依存症も悪化していたそうです。

その時の状況を彼はこう語っています。

「それは何年も続いた。私はだたの薄汚い遺棄物にすぎませんでした。ビール、次にワイン、そしてスピリッツを飲み始め、最後にメチルアルコール系のスピリッツを飲み始めました。

そのため彼は多くの仕事を失い、仕方なく彼は泥棒になり、牛乳瓶をカートやキャンディーから籠から盗み始め、ゴミの中のから食べ物を探すようになります。

1930年8月6日、Staceは無料のお茶とロックケーキを貰うために、聖バルナバの学校のホールで衝撃を受けます。 彼はこの時にキリスト教徒の人々の施しや神への祈りから許されると言う実感を得て救われたと後にインタビューで語っています。

Mr. Eternityの誕生とEternityの意味とは?

そしてこのMr. Eternityが誕生することになるのは、1932年11月にジョンリドリーからの説教により、ステイスが感銘を受けた時であるといいます。

リドリーの叫び声を聞いた後、ステイスはこう残しています。

Eternity, Eternity, I wish that I could sound or shout that word to everyone in the streets of Sydney

永遠、永遠、私はシドニーの路上でみんなにその言葉をささやき、叫んだりできることを願う。

そしてこの頃からステイスはシドニーの道という道を歩き始め、そこを通る人たちに神と永遠の命における希望のという施しを真摯に伝えていきます。

彼は道に落書きをするといいうことで何度も警察と揉めていたそうですが、その度に彼は、「私はより高い所から許可を得ている」と答えていたそうです。この高いところというのは、当然ながら、キリストの神様のことでしょうね。

このMr. Eternityの正体は、最終的にステイスが早朝に道に書いているのところをライル・トンプソンという牧師によって発見されることになります。

このトンプソン牧師は、シドニーモーニングヘラルドへのインタビューで、

アーサーの1語の説教は何千人もの人々に感銘を与えてしてきました。 1930年8月6日にアーサーステイス自身の人生が影響を受けたのと同じくらい劇的に、それがどれほど多くの人々の人生に影響を与えたかは誰にもわかりません。

ステイスはこれを使命として、30年間続けましたが、彼が書いた文字はほとんど残っていません。

1つの例は、シドニー郵便局の時計塔のベルの内側で発見されたと報告されています。もう1つはステイスの墓、あと1つはシドニーのタウンホールスクエアでアルミニウムで記念されています。

参考資料:Who was Sydney’s Mr. Eternity? – National Geographic

シドニーのMr. Eternityの記念公園もある

Photo credit: Eastern Suburbs Memorial Park

Mr. Eternityのアーサー・ステイスはやはり、シドニーのシンボルでもあり、伝説的な存在であると言えます。シドニーのEastern suburbsにはメモリアルパークがあり、彼の記念碑が建てられています。

興味のある方は行ってみてはいかがでしょうか。

名称:Eastern Suburbs Memorial Park

住所:12 Military Rd, Matraville NSW 2036

シドニー2000年の象徴は当然、Eternity!

photo credit: National Geographic

そして2000年の新しい世紀にはこのEternityが使われました。シドニーでは毎年、大晦日にシドニーハーバーブリッジを中心にして花火が打ち上げられるのですが、この2000年では写真のようにEternityという文字が浮かび上がりました。

私もこの年に、当時の婚約者だったウチのAU旦那と一緒に初めてシドニーを訪れたんですが、非常に感動しました。やはり2000年と言うことで規模が大きかったこともあるんですが、燃え上がるこのエタニティーと言う文字にとても感銘を受けました。

その時に彼がこのエタニティーの話をしてくれたんですが、あまりよく覚えていなかったんで今回、改めて調べてみました(すいません、全然、話を聞いてない女なんです・・・・)。

 

シドニーっ子の魂、Eternityのまとめ

今日の朝のEternityの文字。これには先ほども書きましたが、英語では永遠という意味がありますが、この意味からMr. Eternityが込めたメッセージによりシドニーではシンボルとして、慈愛、平等、平和と言った祈りが込められています。

アメリカで始まった、アフリカ系アメリカ人が警察に殺害された事件で、今までの数えきれない同じように不当に殺害、あるいは逮捕、暴力といった黒人の人種差別が元になっているデモが暴動に発展しています。

そして、この事件はアメリカ国外にも発展し、実際にイギリスの黒人差別、フランスの黒人差別、そしてオーストラリアの原住民であるアボリジナルの人々の差別にも言及し、Black Lives Matter運動のデモが行われています。

そして、今週末、6月6日にはシドニーのタウンホールからデモが出発する予定で朝からいろんなメディアで注目されています。そんな朝に見た、このEternity。

自由と平等、平和と慈愛の意味を込めたこの言葉。

どんな気持ちでシドニーっ子は見上げたのでしょうか。

白人至上主義の首相である、モリソンは、「アメリカで発した人種差別は、アメリカのものだからオーストラリアに持って来るのはおかしい。」というようなことを言ってましたけど、この政党は堂々と「人種差別は認められるべきだ」と言うようなことも口走っているんですね。

間違って、前首相になったアボットがこれをいい、かなりの批判を受けてごまかした事実があります。ですから、当然ながらデモを支持するはずもなく、ここで一言。

すっこんでろ!クソモ!!

と言っておきます。

オーストラリアには黒い歴史があり、何万人と言う先住民が虐殺されており、人種差別も多い場所もありますし、移民の国としての現政権の立場は国連からも注意を受ける時もあります。

参考記事:

オーストラリアの建国記念日(Australia Day)は黒い歴史の侵略記念日 オーストラリアの建国記念日(Australia Day)は黒い歴史の侵略記念日 オーストラリアは人種差別が多い?豪州移住20年から見た豪州の人種差別

現政権は難民を難民センターに隔離して、牢屋のように閉じ込めています。これは大人だけでなく、子供も同じで、何年にも及び、これにより自殺の追い込まれたり、精神に異常をきたしたり、またトラウマを抱える子供も多いのです。

この件に関して、難民は国際法で認められているにも関わらず、不当で非人道的な扱いだとして国連からも注意を散々受けていますが、無視。

こんな政党に投票する国民も多く、無意識の人種差別者も多いと思ってますが。しかし、メトロポリタンで暮らす豪州人はそう言う人は少ないと私は感じています。それはやはり都市部には移民が多いと言う理由でもあるのですが・・・。

そう、私も移民です。そして私の息子達は白人とアジア人のハーフです。厳密に言えば、カラーズのオーストラリア人です。

たまに黒人じゃないのにアジア人の差別と一緒にするのはおかしいと言う人も見かけますが(Twitterでね)、私は人種差別は基本的には一緒だと思っています。だから、同じ差別をされる側として黒人の差別は人ごとではないのです。

私たちアジア人差別よりも、もっと酷い差別を受けているんですから。

そして我が家では、息子達に小さい頃からいじめや人種差別、性差別には立ち向かえ!と教えて育てています。

と言うわけで、

今回はこのシドニーの魂、Eternityをご紹介しました。

参考になれば嬉しいです。