【日本の旅】奈良・吉野山で古の宗教観と出会う、私の特別な場所

 

この吉野山という場所を初めて訪れてみようと思ったのは、2012年の秋のことでした。当時の私は、National Art Schoolというシドニーの美術大学のMasterコース、修士課程にいました。

学士課程(Bachelor of Fine Art)、優等学位 (Honours)から日本の宗教観と日本の伝統色について調べていて、日本の伝統色は自然の優美さを表現する名称が多いことから、京都と奈良、そして万葉集にも出てくる吉野山を訪れ、修士課程の作品作りの取材というのが吉野山とのご縁の始まりでした。

まあ、実際、この時の撮った写真が5000枚という・・・。そして、そこから作った作品も今までで一番大きな版画、80 x 200cmというものを生み出してくれたのですが・・・。

そんな吉野山をご紹介したいと思います。

吉野山の歴史と宗教観

さて、吉野という地名は、神武天皇の御代からも出てくるように古くから由緒ある場所です。そして、桜の名所で有名ですが、修験道の修行をする信仰登山の場所でもあります。吉野山は大峰山から熊野三山へ抜ける山岳霊場で、修行道である大峰奥駈道の北側にあたります。

多分、私がここで調べたことを語るよりも、吉野町公式ホームページを参照していただいた方が良いと思いますので、ここに引用いたします。 

花の吉野は、また豊かな歴史や伝承で彩られています。吉野という地名は、早くも記紀の神武天皇御東征のなかにでてきます。宮滝などでは縄文や弥生時代の土器が発掘されており、また、応神天皇以来、幾度と無く吉野の宮への行幸の記事がでてくることから、吉野は太古の昔から文化が発達し、世に知られた土地だったのでしょう。 古代においては何と言っても、大海人皇子(後の天武天皇)が吉野に潜行され壬申の乱で兵を挙げられたことは有名です。時代が下ると源義経が兄頼朝の追捕を逃れて、愛妾静や弁慶などを伴って吉野に入りました。しばしの安らぎも束の間、吉野から逃れる際に別れざるを得なかった義経・静の悲恋の物語が残っています。さらに時代が下ると大塔宮護良親王が鎌倉幕府倒幕のために、河内の楠木正成と呼応して吉野を城塞化され、兵を挙げられます。また、建武の新政の夢破れられた後醍醐天皇が、吉野に朝廷を開かれたことは太平記に詳しく記されています。南朝四帝が吉野の地を頼みとされ、京都奪回のためにこの地から全国に号令を発せられたのです。この願いは遂に実現しませんでしたが、忠僧宗信法印をはじめ当時の吉野の人々は、我が身を顧みず終始、南朝のために尽くしたのです。

大和盆地に都が置かれた太古の昔より、吉野は神さぶる地とされていました。なかでも吉野水分峯(よしのみくまりのみね=青根ヶ峰)は、四方に川の源を発することから神奈備山として崇められていました。古代の多くの天皇が吉野に行幸されたのは、この山に祈りを捧げるためだったのではないかとも云われています。このような日本古来の自然崇拝の思想と、外来の仏教・儒教・道教などが融合して出来たのが、日本独自の宗教「修験道」なのです。 修験道は平安時代に入り組織化されたと考えられますが、白鳳時代の人、役行者(役小角)を開祖としています。役行者が、金峯山上(山上ヶ岳)で厳しい修行の後、本尊蔵王権現を感じ取り、その姿をヤマザクラの木で刻みお祀りしたことが始まりとされています。

金峯山上は老人や女子供が参詣するには厳しすぎるために、その山下にあたる吉野山に同様にお祀りしたのが、現在の金峯山寺蔵王堂といわれています。

参照:吉野町公式ホームページ

 

女人禁制・女人結界の地域

吉野山を散策して山深く入っていくと「女人禁制』という地域がまだあります。こちらは、聖域への女性の立ち入り禁止区域になっています。ここ大峰山の修験道地域では珍しくないことで、現在では、これについて男尊女卑であるとする意見もありますが、特に修験道では神道的な考え方もあり、女性特有の『血の穢れ』を意味する生理中、もしくは産褥中の女性が、神聖とされる場所には近づかないという意味合いもあります。

また、古来から山には女神がいてその女神の嫉妬を避けるために女人禁制にしたのだという説もあるし、修験道の厳しい修行の妨げになるということもあるといいます。

私も、吉野ではなく、洞川温泉、大峰山の女人結界の場所まで行ったことがありますが、重々しい感じの大きな門で、ここから先は「絶対、ダメだから!」という感じで、どど〜ん!と立っていました。

「ちょっとだけ、片足でも潜ってみる?」という気分にもならないくらいの場所で、なんか、感動すら覚える。

どっかに写真があるはず・・・。今度また、探してみよ。

ありましタァ!


ここまで、すごい感じではないんですが、吉野山の奥深く登って行くと、この『女人禁制』の立て看板があって、

「ここからは女性はご遠慮ください」みたいな感じになっているそうです。まだ、そこまで行ったことがないので、宿の女将さんがおっしゃっていました。

しかし、これもまた古の宗教観ですし、都会ではぜったにに見られなくなったもの。それが短かに残っていることについて、海外に住んでいるとやたらめったらに愛おしく感じる部分でもあるのです。

 

文芸と深い吉野山

吉野山の西行庵

吉野山はまた和歌にも読まれ、文人達のお気に入りの場所であったとも言われています。古今和歌集当時は、実はまだ桜のイメージよりも雪深いイメージが強かったらしく、

有名な百人一首、

「あさぼらけ有明の月とみるまでに吉野の里にふれる白雪」(坂上是則)にもあるように、吉野の冬の有り様が現れています。

その後、新古今和歌集には桜の歌が増え、松尾芭蕉や吉野山の名所である西行庵の西行もまた、「吉野山こぞのしをりの道かへてまだ見ぬかたの花をたづねむ」という歌を詠んでいます。

ぶらりと歩くと昔懐かしい日本の風情

そして、なんと言っても私は吉野のこじんまりとした町並みが好きです。

写真で見るとよくわかるんですが、吉野山って、山のてっぺんをズズッと削って、両端にお店やさんと宿を建てた感じになっているんです。そして、なかなかどうして、個性の強いお店もありますし、お話をするととってもユーモアのあるおばあちゃんがいたり、ふと、ああ、こういうのが日本の田舎なんだよなぁ・・・・なんて思ったりします。

私が行くと必ず、寄ってお団子を一個買うのが角にある草餅のお店、『萬松堂』さん。前回は旧友と一緒に行って、シーズンオフだったのでお客は私と彼女のみだったので、大女将さんですね、お婆ちゃんがお茶を入れてくださり、よもや話を楽しみました。

ガマ蛙がいたり・・・
OZ旦那と早朝の散歩だったり・・・
金峰山寺から降りてくる所から
紅葉の時期の週末は結構な人出がある
団子屋さんだったり・・・
ちょっと上のほうまで歩くと手打ちそば屋さん、美味しかったですよ。
栗が売ってたり。山わさびがとっても興味があった
すだちが美味しそうです。
笹寿司が有名

そうそう、笹寿司が有名なのです。

お宿のことはこの次に書きますけど、とっても美味しいのです。ネットで見ると日帰りでくる方も多くて、この笹寿司を買って電車の中で食べながら帰る方もいらっしゃるとか。いやいや、ほんと吉野はいっぱいあるのです。

そして、何と言っても吉野葛なんですが、こちらもまたいずれ記事にしたいと思いますので、吉野葛も有名ですということはここに書いておきます。

まとめ

私は2012年に初めて訪れてからというもの、2014年にOZ旦那の50歳の誕生日を京都、奈良で迎えるために彼をここに連れてきました。その時は、金峰山寺の夜間拝感を体験させてあげたくて、夜の勤行に参加しました。その時、彼はもう感激しきりで、正直、京都よりも素晴らしい!ということを言っていました。

そして、なぜかお気に入りの神社が水分神社だそうで、こちらは水の神様であるのですが、二日続けて参拝するという惚れ込みようで、うまく発音できないくせに今だに、友人が来ると吉野自慢が始まります。

また、オーストラリアの友人が日本に行くという話を聞くと、是非、吉野へ行ってごらんなさいと勧めます。それは、吉野が古の日本独自の宗教観を今に伝え、京都のように観光化したものでない、土着の信仰を感じることができる町であるからです。

吉野山の魅力はその懐の深い日本古来の宗教観だけではなくて、あんなに有名な『桜』の観光地なのに、観光地化されていないところにあるような気がします。

よく日本にありがちなのが、いきなり観光地化するために変なアニメちっくな『マスコット』を作ってみたり、神社やお寺でいきなり関係のないようなおみやげ用のお守りを種類豊富に大量生産してみたり、あるいは関係ないのに『縁結び』と言う勝手に神様を作ってしまうようなことがなく、伝統をきっちりと守っているところに私は惹かれるのです。

そして、お山全体が『信仰』と言うオーラを発していて、行って山を歩くだけで何か浄化させられる感じがとても好きなんです。今回、2018年の秋口に行った時には、ツレの友人に、

「ハイキングに行くから運動靴は絶対に持って来い」

なんて言う風に騙し、

「なんだよ、この坂は!ハイキングじゃなくて、これは登山だろ!!」

と、何度もこのコメントを吐かれ、非常に楽しい坂道を登ることになったのです。そしてその度に、

「ここは修行のお山ですからね、これも修行ですよ。修験道のお山です」

と言うことを言い、

「修行なんかしたくねぇよ!」

と言いつつも、彼女は吉野山の魅力にとりつかれたに違いないと思います。だって、

「また、行こうねぇ」

と、言ってましたもん。

本当は毎年行きたいくらい好きな場所なんですが、まあね、シドニーからなので・・・わがままは言わないことにしていますが。私は勝手に吉野山と縁を結んだことにしているので、また『ただいま〜』と訪れたいと思います。