【簡単レシピ】乳鉢で作る本格バジルのペストソース: pesto alla genovese

このレシピはイタリア人の友人から教えてもらったもの。彼はもう既にメルボルンに移ってしまったんだけど、このレシピを置き土産にして行ってくれた。

普通のバジルのペストソースは、フードプロセッサーで作るんですが、本格的なものは乳鉢またはスパイスグラインダーと呼ばれる石でできたすり鉢、英語ではMortar and Pestle、まぁ略してMortarと呼んでいますが、これで材料を押しつぶして作ります。

これがまたフードプロセッサーで作るよりも非常になめらかで美味しいのです。手間がかかりますが、これを試したらフードプロセッサーのペストは食べれなくってしまいました。

 

まず、松の実をフライパンでローストします。この時に松の実を焦がすと苦くなるので、松の実の風味を出すためにちょっと茶色くなる程度にします。火は強火でいいです。

【簡単レシピ】乳鉢で作る本格バジルのペストソース: pesto alla genovese
【簡単レシピ】乳鉢で作る本格バジルのペストソース: pesto alla genovese

 

これを乳鉢、モーターに移して押しつぶす感じです。うちのは大きめのモーターを買いました。以前は、スパイスを潰すのに使っていた小さいのだったんですが、このペストを作るために買い換えました。

大きいのでPestleが重くて使いやすいです。ですが、基本的には体力勝負になりますね。

【簡単レシピ】乳鉢で作る本格バジルのペストソース: pesto alla genovese

 

それから、すり下ろしたニンニン、粗く削ったパルメザンチーズを入れて、これまた押しつぶします。この時塩こしょうも一緒にいれてしまいましょう。

ちょっとスパイシーが好きな人は、ここで唐辛子のフレークを入れてもいいでしょう。うちでは子供がいるので、食べる時にかけています。

 

この後にメインのバジルを入れます。分量は好きなようでいいんですけど、多めに入れたほうがバジルの風味がたくさん出ていいと思います。

今回は、ちょっと少なかった気がするんですけど、まあ、お好みで分量を調整して見るといいと思います。

徐々にオリーブオイルをくわえながら押しつぶしてきます。一気に入れると中々押し潰されないので少しずついれましょう。

【簡単レシピ】乳鉢で作る本格バジルのペストソース: pesto alla genovese

 

はい、出来上がったのがこちらです。とろりとしていて、風味がフードプロセッサーで作るよりもなめらかなので口当たりがやらかくなります。

当然ながらパスタに入れてもいいですし、チキンなどのさっぱりめの肉料理にも使えます。

ぜひ試してみてはいかがでしょうかぁ。

 

 

 

【簡単レシピ】乳鉢で作る本格バジルのペストソース: pesto alla genovese