オーストラリアで風邪やインフルエンザをひいたら?風邪薬や対処方法は?

 

まず、海外に出て、嫌なのは病気をすることでしょう。実は、ワタシ、オーストラリアに移住してまずやったのが、インフルエンザ。多分、日本から持って行ったんじゃなかと思うんだけど・・・・とにかく、ひどい熱が出て、出国前に叔母に貰った解熱剤の種類を確かもせずに飲んじゃって・・・・実は、ワタシ、イブプロフェンにひどいアレルギーがあるんですよ。そして、多分、あれが・・・そうだったと思う。発疹、吐き気・・・・移住して2日目にして救急病院に行きました。

さて、今回は日本は風邪とインフルエンザが猛威をふるっているというYahoo!ニュースを見たので、おっ、ちょっとネタに使わせてもらおうと思って書いています。そうです、オーストラリアで風邪を引いた時の対処の方法をご紹介します。

風邪をひいて医者に行くのは日本だけ

基本的に、オーストラリアでは風邪やインフルエンザなどでは医者には行きません。風邪やインフルエンザから併発する細菌による炎症(気管支炎や扁桃腺炎など)には必要に応じて抗生物質を処方してもらえますが、それでも本当に、必要な時だけです。

風邪やインフルエンザは、ウィルスが原因なのでこのウィルスを体の外に出すこと以外に風邪やインフルエンザを治す方法はないと言われます。ただ、これに伴う、関節や節々の痛み、発熱などを抑える鎮痛剤を飲むようにと言われるだけです。

ですから、オーストラリアでは基本的に医者にはあまり行きません。

市販の風邪薬

市販の風邪薬もありますが、人によっては動悸がしたりなどのアレルギー反応が出ることもあります。ほとんどの人は、市販の風邪薬でも飲まない人がほとんどでしょう。

有名なのが、こちらのCoralです。ワタシはあの、ドキドキ感がするのが嫌で絶対に飲みませんけど・・・。それでも咳止めも入っていますし、ある程度は鼻づまりも治るとか・・・効かないという人もいますけど・・・。

風邪薬はパナドールやニューロフェンで代用

基本は、パナドールです。パナドールはオーストラリアでももっともポピュラーな薬で、ワタシもいつもカバンに入れています。パラセタモールというのが主成分ですが、アレルギーの副作用も少なく、もっとも安全な鎮痛剤と言えるでしょう。

そう、鎮痛剤なんですよ・・・風邪薬ではありません。ですから、歯が痛くても、パナドール。

ウィルスの感染による、体の拒否反応で熱が出たり、節々が痛くなる。でも、数日でこのウィルスも体から出て行くので、その間の症状をこの鎮痛剤で抑えて乗り越えようというものです。

この他に、ニューロフェンというのもありますが、これは抗炎症剤が入っていて、アスピリンと同じ性質のもので、副作用やアレルギー反応が出る人もいるので、注意が必要です。ちなみに、私はアレルギー反応が強く出るので飲めません・・・・。

パナドール(パラセタモール系)の種類

パナドールには、強さの違いを選べることができます。ここでは、薬局で買える、パラセタモール、パナドールの種類をご紹介しましょう。

1)普通のパナドール:

スーパーでも買えるパナドールです。こちらは4時間くらいの持続があります。

 

 

2) パナドール・ラピッド

即効性のあるパナドールです。こちらも4時間くらいの効き目があります。こちらには、溶かして飲むタイプのものもあります。

 

 

 

3)パナドール・オスティオ

これは、ちょっと強めの神経痛などに効くパナドールです。通常の4時間前後よりも長く、最高で8時間のと長く効くようです。手術後のペイン・コントロールなどにも使われます。

 

 

4) パナデイン

このパナデインは、パナセタモールとコーデインという鎮痛剤の両方からできています。パナドールよりも強くなっているので、少し眠気がさしたりしますので、服用の際は運転をしないほうがいいでしょう。

 

 

5)パナデイン・フォート

この薬は処方箋がないと買えません。とっても強い痛み止めで、手術後の鎮痛剤やひどい痛みの時に処方されます。

 

だいたい、ひどい風邪の場合は、パナデインを飲んだりしますね。しかし、このパナデインは、便秘になります・・・・ひどいです・・・・全く出なくなります。そして、強いので、なるべく何かを食べてから、食後に服用してくださいね。胃が荒れてしまうので、バナナでもいいですし、ヨーグルトでもいいので、なにかを胃に入れてから飲んでください。

 

オススメの鼻づまりの薬

数年前までは、処方箋がないと買えなかった薬なんですが、今は薬局で買えるようになりました。ワタシは、旅行に行くときに必ず持って行く常備薬です。だって、旅行先で風邪をひいて、鼻が詰まって、ご飯の味がわからなくなるなんて・・・・そんな最悪なことってあります??熱とかだったら、パナドール(鎮痛剤)を飲んでおけばいいけど、パナドールは鼻づまりは治せませんからね!鼻が詰まったら、物が美味しく食べれないんですよ!

というわけで、こいつのおかげで、何があってもワタシの食生活は安泰になっています!

Nasonex Nasal Spray :

1日一回、夜寝る前にシュッシュとスプレーします。この鼻づまりのスプレーは、ステロイドが少々入っているのですが、他の商品と違って臭いをカットすることもなく、きちんと匂いを嗅ぐことができます。ですから、鼻水だけを止めるんです。ただ、こちらは子供には推奨してませんので、大人だけの使用にしてくださいね。

 

まとめ

オーストラリアに来て、初めのうちは医者にかからない・・・という現実がちょっと信じられなかったんですけど、私だけじゃなくオーストラリア人みんなそうだと思ってください。そして、日本は医者と製薬会社の癒着の上に医療があるという現実をみてください。

普通の内科医から出される、風邪薬・・・鼻づまりを止める薬、咳を止める薬、炎症を抑える抗生物質など、炎症が起きていないのに処方しています。抗生物質は、細菌によって起こった炎症の元の細菌を殺す代わりに、体の中の良い細菌まで殺してしまいますし、免疫力も低下させてしまいます。ですから、本当に必要な時のみに服用するべきなのです。そして、ウィルスが体から出て行けば、自然と風邪も治りますし、自然に直した方が体の中に抗体が出来て免疫力も上がります。と、お医者の友だちは言っています。

オーストラリアに移住、永住して18年。最近は、あまり風邪もひかなくなってきました。ちなみに、インフルエンザで学級閉鎖とか、オーストラリアにはないですよ。それに、インフルエンザの何型とかのテストもないし。そんな何型とか調べてどうすんの?って感じ・・・。ウィルスが抜けないと治らないのに・・・。そこでまた、お金を儲けているのね・・・日本の製薬会社って、がめついわ。

そういうわけなので、ビビってる皆さん、大丈夫ですよ。痛み止めだけ飲んでて、18年間生きてます。でも、咳がひどく、咳をすると胸が痛いというのは、気管支炎のおそれもあるし、肺炎のおそれもあるので、ちょっとやばいなと思ったら、医者に行ってね!