【食と健康】海外生活はなぜ体重が増えるのか?!その原因を探れ!

 

はぁ・・・・人それぞれ色々なことで、歳を感じる瞬間ってあると思うんですが、私も今年で49歳なんです。日本の巷では、「おばさん」と言われる年齢をとっくに過ぎているんですよね。海外にいると、基本的に「おばさん」とは呼ばれないので、自分が「おばさん」だとはこれぽっちも自覚がないと言うか・・・・。「おばさん」ってさぁ・・・・考えてみたら、日本ってとっても失礼な国だよねぇ・・・・。おじさんとかも平気でいうけど、やっぱり女性に対しては海外でもある年齢になったら、「おいくつですか?」とかって聞かなくなるんだからさぁ・・・。おばさんって言われて、ショックな人の気持ちがわかるわ・・・。

さて、私が歳を感じるのは、「腹」です。自慢じゃないけど(すいません、自慢です)、子供を生むまで42キロだったんですよ。まあ、子供を産んで産後うつ病をやったときは35キロまで落ちちゃいましたけど、あれはね、病気でしたから、カウントしないことにして。それで、いまは・・・・もう、言えないくらいの体重。確かに、甲状腺を取ったので、ちょっと太りやすくなったというものの、これって、マジでやばい。それに、周りを見てもオーストラリアに来て「太りました」という日本人の人、結構いるんですよ・・・。

で、今回は、その『太る』原因を探ってみたいと思います・・・・。

海外生活で太る原因

1.  食生活の変化

日本だったら、和食にすると塩分が増えるかもしれないけど、割とカロリー低いものが多いです。焼き魚とかそばとか、結構、色々とあるんですが、海外に出ると、そう簡単に日本食ばかり食べてもいられないんですよね。日本食材は高いし、どうしても現地の食生活になっていくんです。そして、忙しかったりすると簡単にすませようとして、バーガーとか、パスタとか・・・・。では、どんなものがあるのか・・・ちょっと見てみましょう。以下のもの・・・・やばいです。

1.  フィッシュ・アンド・チップス

2.  スナック菓子

3.  ケーキはほとんどが砂糖

4.  パスタとピザ

5. バーガー

 

2.  運動不足

人それぞれなんですが、仕事内容、生活習慣にもよるでしょうが、運動不足が原因ということもあります。特に、私のように半分隠居生活のようなことをやっていると、絶対的に運動量が少ない!実際、数週間、週に四日ほどジョギングを始めたら5キロ減りました(すいません、雨が降ったら行かないので、ここのところ行ってません)。特に、なれない生活だったりして、引きこもったり、旦那さんの海外赴任でついてきたりすると、専業主婦をやっている人も多いでしょう。ですから、絶対的な運動量が少なくなって行く、そして、オヤツや食事などの変化によって、カロリーだけが増えて行く・・・・ああ・・こわ。

 

3.  現地感覚になる

日本人はみんなスリム・・・と、久しぶりに日本に行くと思うんです。いや〜、本当に、スリム。でも、体重を気にしている人って多いらしいとか・・・。お〜い、オーストラリアに来てごらん、君は本当に「スリムで素敵」に思われるよ!

といことで、慣れっていうのは怖いです。私も正直、12、3キロは増えているんですが、それでも「太っタァ・・・どうしよう、この腹・・・」なんて言っていると、現地の友人たちに白い目で見られるんですよ。「このビッチ、嫌味??」っていう目をしています。そう、基準が違う・・・。タイとか、インドとか、アジア圏は細い女性が多いんですけど、欧米はでかい人が多いです。

ですから、ここで油断というか、基準が狂ってくるんですね、やばいくらいに。それに、欧米の人はあまり化粧をしません。私も最後に化粧をしたのはいつだったか覚えていないほど、すっぴんです!そして、化学品を使わないせいで、お肌もキレイになってくるので、まわりもすっぴんばかりだし、特に気にしなくなるんです。で、日本に行っても面倒臭くて、口紅を塗るだけ・・・・だったりする。

 

4. ストレス

ストレスによって暴食をする人もいますよねぇ・・・。慣れない海外生活って、本当にストレスがたまりますからね。毎日のようにうまくいかないことも多いし、生活習慣の違いは、見えないところからもストレスを感じていることもあるし。

私は、ストレスが溜まると甘いものが食べたくなります。日本だったら、甘いものでも砂糖の量はそれほどでもないだろうけど、こっちの甘いものって、ものすごく「甘い」んです、砂糖の量が半端ないんですよね。ですから、ここでも気をつけないとほんの少しでも、ものすごい量の砂糖をとっていることになります。そして、このストレス性の暴食って、太るんですよ・・・・。

 

まとめ

原因がわかったところで、どうしろと言うの?って、感じですけど・・・。とにかく、自分を見失わないこと(笑)。意味がわからないとお思いでしょうが、日本と欧米の体のスタイルの基準って違うんですよね。ですから、日本でのスタイルをキープしたいのであれば、食生活も野菜中心のもの、パスタ類は極力避けるとか、自分でご飯を炊いて出来るだけヘルシーなものを心がける。

それから、天敵である甘いもの。最近の研究では、砂糖はコレステロール値をあげるそうです。ですから、油物をとってなくても、甘いものを多く取っていると、コレステロール値が上がってしまう場合があるそうです。

後は、一日30分でいいから運動をしましょう。ちょっと、公園を歩いてもいいし、車を使わないでバスや電車を使ってみるとか。それだけでも随分と変わってきます。この時、出来るだけ早足で歩くようにしましょう。ちょっと、汗を掻くくらいがちょうどいいそうです。汗をかいて、ちょっとだけ呼吸が速くなるのも心拍数が上がって、いい運動になるそうです。まずそこから初めて見ましょう。

しばらくしたら、ジョギングを始めてみるのもいいでしょう。お金もかからないし・・・・。2分歩いて、2分間ジョギング、これを交互に繰り返して30分間のジョギングをしましょう。これが慣れてきたら、2分歩いて、5分ジョギング、2分歩いて、5分ジョギング、このパターンができてきたら、ジョギングの方を長くして、最終的には30分のジョギングができるようになるといいそうです・・・・。

私は・・・・無理でしたぁ・・・。で、太極拳にしました・・・。

関連記事: