HOME オーストラリア生活便利帳 オーストラリア文化 【海外生活】浅く広くは嫌わ...

【海外生活】浅く広くは嫌われる?外国人とお友達になる方法

さてさて、ワタクシは在豪18年になります。まあ、今でさえ友人関係には特に問題もなく、とっても快適に過ごしていますが、それでも最初の頃は全くもって友達がいませんでした。それもそのはず、渡豪してすぐに妊娠発覚、就職も出来ずに専業主婦になったから。

その後は、出産して1年後に産後うつを経験して、2年くらいの薬物投与、セラピーなどなどを経て、美大に進学してから、やっと友達ができたって感じなんです。

そこで今回は、外国人と友達になる方法、ただ単に友達になるのではなく『親友』となるにはについて書いてみたいと思います。

実は『浅く広く』は嫌われるかもしれない?

基本的に私は、日本でも海外でもそんなに変わりはないとおもうんですが、社交辞令や当たり障りのない会話というのは外国人同士でもあります。もしかしたら、彼らの方が結構、うまく世渡りしているような気がします。

私はあまりパーティートーク(社交辞令)がうまくないので、パーティーなどに行くと結構、疲れちゃったりしますので、友達や知り合いがいない時はあまり行かないようにしています。何をどこまで話していいのかわからないし、突っ込んでいい部分と、さらっと流していい部分がよくわからないので、最終的には「そこまで話す?」っていうくらい、突っ込んで行くときもあるんです。

ただ、天然入っている分(自分ではずっと気がつかなかったけど、実はそうだったらしい)、海外ではあまり嫌われるということがなくて、大らかに、「まあ、Sakuraだからね」という微笑ましい気分で流してくれることを発見したので、図に乗って、結構アレコレと言ってます。

ただ、あまりにもあからさまな『浅く、広く』を強調しているというか、あなたのことはこの場限りよ、という雰囲気を出すと・・・・「鼻持ちならない奴」ということで嫌われることになるかもしれません。

タイムリーに、昨日は友人の50歳の誕生日パーティーに呼ばれ、まあ、たくさん知り合いがいたのでホイホイと出掛けて行き、かなり楽しい時間を過ごさせてもらいました。が、実はこのパーティーにもいたんですわ・・・いつも、同じ質問をしてくる人、同じ笑顔で話しかけてくる人。とにかく、「あんた、私に興味ないでしょ」と一目瞭然な人というのが。

実は私の大学にもこういうタイプがいたんです・・・・。そして、だんだんといろんな行事にも呼ばれなくなって行った・・・そう、敬遠されて行くんです。

では、どうやったら海外生活をエンジョイし、日本人以外の親しい友人を作ることができるんでしょうか・・・・。それは、外国人と突っ込んだ話をすることなんです。

天気の話から政治の話

まあ、基本的にどこの国でも同じなんですけど、会話の取っ掛かりは「天気の話」だったりする。そこから始まって、自己紹介、名前を言う時もあれば、サラッと交わして、仕事の話だったり、なんでこの場に来たのかとか、まあ、それなりの取っ掛かりを深めていくんです。

これは万国共通な感じなんですが、この後の展開が面白いのが欧米の人たち。彼らは結構、論議が好きで、今日会ったばかりなのに哲学だったり、政治だったりといきなり突っ込んだ話が大好きなんです。ですから、以前、日本人の女友達が彼氏をASVPという出会い系サイトで探していて、「最終学歴はやっぱり、大学院かな。ドクターもいいよね」と、かなり高望みをしていたことがあった。で、英語はもううちの旦那でさえも理解に苦労するくらいのレベル(ウチの旦那さんは英語の先生)。

・・・・おいおい。そんな高学歴な男とどんな会話をするんです?あなた、今の政治の動向知ってます?趣味は料理の他に何がある?アートは?

この彼女のことについてはちょっと前から人種差別だと発覚し、ムカついていたので、

「で、あなたはどんな話をするんだい?そんな高学歴の奴はやっぱりそれなりの女を見つけると思うけど」って言ったら、

「でも、あたし、ベッドでは結構すごいんだよ」

う〜ん。

まあ、話が脱線しだしたんで、元に戻しますけど、欧米のパーティーとかでは、かなり突っ込んだ会話がかわされるときもあります。それによって、まあ、嫌いになる場合もあるし、おおお、この人とはずっとお友達でいたい!と思う場合もあるわけです。

そして、この人は面白くて、有意義な時間が過ごせる!と思った時点で友人関係がどんどんと進んでいくことになるし、友達が増えていくことになります。

話題は豊富に個性を出して

このブログでは何度も欧米の個人主義について話していますが、それぞれ個人の意見や主張をとにかく尊重し、議論やディベイトもするけど、最終的には「その人がいいならば」と言うことで日本のように意見が合わないから「仲間外」にしたり、「排除」したりはしません。

まあ、性格が悪くて嫉妬したり、悪口を撒き散らしたり、底意地の悪ことをすれば基本的に総スカンを食らうことは多々ありますが、意見が違うだけでシカトされることはありません。ですから、非常識な考えや自分さえ良ければいいと言うようなことでなければ、ガンガン自分の意見を言うようにしましょう。そうすることで、

「有意義な時間を過ごした」

と思ってもらえて、次にも会いたいと思ってもらえるわけです。

日本とは違う価値観

それから、基本的に全くもってに本当は違う価値観であると言うことを覚えておいて欲しいんですが、日本ではよく、血液型や正座なんから話を繋げようとする人もいますが、これはNGだと思っておいていいと思います。

血液型の話題

まず、90%の外国人は血液型で人間を分類すると言うことに嫌悪感を抱いている人もいます。うちの旦那がそうなんですけど、A,B,O,AB型のこの4つで分けられてたまるもんか!と思うようですね。まあ、私はう〜ん、当たっている部分もあるんで否定はしませんが。まあ、避けておいて無難かな・・・変な人と思われるかもしれません。

星座の話

星座の話、占星術ってまあ、占いオタクやヒッピー系、そう言う非科学的なことが好きな人も結構います。私の知り合いにも占星術に詳しいオージーが何人かいますけど、う〜ん、やっぱり、アート系と言うか、そう言う不思議なものが大好きな人が多いですね。だから、仲良くなったら聞いてもいいですが、いきなりはちょっと引く人もいるかもしれません。

まとめ

まあ、基本的には外国人で、文化が違っても中身は同じ人間です。悲しかったり、楽しかったり、面白いと思えばやっぱりお友達になりたいと思うものです。

私は、反対に外国人の人の方が楽です。変な先入観で私を見ないし、自分の物差しで私自身を当てはめようともしないし。それに、基本的に『人は人』ですから、私の私生活を自分の私生活と比べてアレコレと詮索もしない(たま〜に、いますけどね・・・過去に二人ほどいましたか)。

だから、自然とオージーの友人ばかりが残ってしまったんですが、実はめちゃくちゃ楽だと思っているんですわ。私がいない所で悪口や噂話もしないし、何かあれば面と向かって言ってくれるし、私を好きでいてくれる、嫌いにならないと言う保証が感じられるんですね。

それに日本に行けば、30年以上も親友をやってくれている友人が何人かいるし、今はLINEやFacebookなどのSNSがあるので、チャットもできるし、特に日本人の友人がいなくても寂しくないし。

反対にいつも比べられて、嫉妬されたり、シカトされたり、そんな風な心配をしたり、相手に必要以上な気を使わなくちゃ行けない事を考えると、

「申し訳ないけど、アンタたち、面倒臭いわ」

と言う事で、こちらからつながりを切った部分もあるわけですけど。

そして、こっちの人って本当によくしてくれるんですよね。お世辞をいう人も少ないし、その分、私もお世辞を言わなくてもいいし、本音を言っても特に気にしないし。

でも、やっぱり、日本人だから、日本の友達が欲しい・・・とおもっている方もいるでしょうが、人間関係や人付き合いで疲れちゃうっていう、海外生活している方いません?そういう面倒臭い日本人社会から解放されても生きて行けますよ・・・・。私、今はほとんど日本人の友達いませんしね、正直、スッキリした部分もあるし。

という事で、まとめになってるんだか、なってないんだから分からなくなっちゃいましたけど、せっかく海外生活しているんだから、出来ればこっちの人とたくさんお友達になって、沢山の思い出を作ったほうがいいと思ったので、今回の記事にしましたが。まあ、人それぞれですよね、はい。

 

 

 

Sakura
2000年からオーストラリア在住。シドニー某大学の修士課程卒業。『海外在住引きこもり主婦』のアーティスト兼ブロガー。専門は銅版画ですが、油絵もやります。海外生活事情や文化などを中心に書いてます。
- Advertisment -

最新記事

人気の記事

【国際結婚・恋愛】外国人の恋人に絶対やってはいけない5つのこと

日本もだんだんと個人主義が浸透しつつあるようの思う今日この頃・・・・でも、やっぱり日本独特の文化や背景があるので、ちょっとやそっとじゃ、欧米...

『白髪を染めない』格好良さを追求|白髪ヘアスタイル特集!

さて、私の旦那の髪は、すでに真っ白と言っていいく...

【欧米式子育て】赤ちゃんの寝かせ方: 抱き癖で夜泣きがひどくなる!?

昨日、クリーニング屋さんに行った帰りにちょっとした...

外国人が驚く日本人の『無礼な習慣』と『マナーの悪さ』7つとは?

ウチの旦那は、オーストラリア産まれの今年で55歳に...

【豪州移住】オーストラリアは本当に理想な国か?豪州永住歴20年の現実

さてさて、ちょっとばかり調べてみると、なんとオース...

オーストラリアは人種差別が多い?豪州移住19年から見た豪州の人種差別

最近になって、日本でも移民を入れると言う政策が進ん...

【少子化問題】日本は子供が産めない国?少子化に歯止めがかからない理由

昨日のヤッフーニュースで見た記事。「総務省が「こど...

【スピリチュアル】晴明神社はちょっと他の神社と違うその理由とは?

さて、晴明神社のことについて、以前も書いているんで...

『生き甲斐』とは?40代と50代は生き甲斐を見つけて人生を変えるべし!

先日アップした記事で、海外では40代、50代になる...

世界で最も金持ちの国ランキング|15 Richest Countries in The World

久々に世界の様々な条件でのランキングをいって見たい...

ランダム

COVID-19で在宅勤務!テレワーク用の便利なお勧めグッズ

現在、新型コロナウイルスのパンデミックにより、日...

最低限の常識!海外旅行でトラブル回避の10の方法とは?

大昔・・・イギリス、ロンドンのキングスクロスの駅の...

【豪州旅行】知らないと損をする!お金の基本情報と旅行者税金還付制度TRS

オーストラリアは時差もほとんどなく、治安的にも安全...

世界で最も外国人雇用条件の良い国10選ランキング

仕事で海外在住する人が周りで増えています。近所のご...

美味しいご飯を炊く!ハリオのご飯釜がおすすめ!

オーストラリアに来た当時、まず探したのが電気釜。...

【ネパール】ヒマラヤトレッキングの服装リストはこれで完璧!

ネパールトレッキングに行く!ああ、でも服装はどう...

欧米の18歳になったら実家を出るのが当たり前の常識が変化してきた

ウチの長男はただ今、16歳です。青春真っ只中とはい...

世界で最も治安の悪い都市ワースト10はどこ?

前回は世界で最も安全な都市のランキング10をご紹介...
PVアクセスランキング にほんブログ村

オススメ記事

人気のカテゴリー