【海外移住生活】オーストラリア女性と日本女性のおしゃれを比べると文化と価値観の違いがわかる?

 

私の本職はアーティストです。現在は油絵をやっていて、その前は銅版画をやっていました。まあ、どのミディアム(アートの種類)をやっていても基本的にはアーティストは汚ったないかっこをしてます。

それは単に、汚れるから。

綺麗な服を着ていると、まず間違いなく、後悔します。

なので、着古したものやつなぎのジーパンやジャージのようなものだったり、Kmartと呼ばれる日本で言うところの西友とかの安い衣料品店などで購入したものしか着ません。ですが、やはりこだわりはあるので、ちょっとお出かけする時はそれなりにしますけど。

しかし、これは別にアーティストに限ったことではなく、オーストラリアや英語圏の人は普段にはあまり気を使わない人が多いように思います。そして、日本に行ったことがある友人が口を揃えて言うのが、

「日本人って、オシャレよねぇ、みんな綺麗なかっこしてる」

だそうです。

まあ、確かに私も日本に行く度に、さすがだな、日本人女性!

と思うのです。そこで、今回は双方のおしゃれの仕方を分析してどんな文化的背景と価値観があるのかを考えてみたいと思います。

 

ファッションの『バラエティの差』が大きい

日本:

日本のファッションに様々なバラエティがありますね。例えば、キチッとしたシンプルなキレイ系、昔からよくある原宿の古着系、フリフリのついた可愛い系、イケイケっぽいギャル系、ロリータやちょっとしたキャラクター系などなど、多種多彩。まあ、それだけ商品としての価値や市場が多いというもの当然あります。日本人の趣味趣向に沿った需要と供給のバランスが取れているんでしょう。

そして、ファッションについてもガイドブック並みに着こなし術などを扱ったファッション雑誌も多い。この中にも「モテる女の〇〇術」とか「ファッションで決める、今年の恋!」とかまあこんな感じで(すいません、自分で考えました)、いろいろあります。一般的に言ってですが、日本女性とファッション、あるいは流行のファッションというのは、切っても切れない関係にあるように思えます。

オーストラリア(ヨーロッパ圏含む):

オーストラリアは人口比率もあるでしょうが、バラエティは圧倒的に少ないです。シンプルでエレガントな感じ、カジュアルなジーンズでも似合うデザイン、20代が好むようなギャル系、などくらいしか思い浮かばないんですが、たまにド派手な色合いやデザインのものもあります。

基本的には『自分の個性』を重視してアクセサリーでアレンジしたり、どちらかというとシックなスタイルが多いように思います。が、当然これもまた個性があるので、イケイケ姉ちゃんっぽいのもいれば、若い子はやはり、露出の多いファッションが目立ちますね。ちょっと、working girl(性的職業従事者)に見えないこともないかなぁ・・・と思ったりもするのは私が歳とってきた証拠か?と思ったりするけど、基本的には好みの問題ですが。

 

『相手を意識した』ファッションと『自己主張』のファッション

日本:

日本のファッションはどちらかと言うと、外から見られたらどう思うかと言うので選ぶ人が多いような気がします。例えば、「可愛く見えるようなファッション」だとか、「セクシーに見えるようなファッション」だとか、「キチンと見えるようにするファッション」だとか。

まあ、この「キチンと見えるようにする」は欧米であってもそれなりのところに出かけるときには社会人として、常識人としてTPOによって使い分けるのは当然のことですから、当たり前なのことですが。

ですが、ここにやはり周りから「どう見れるか」というのが潜在意識の中に存在するのではないかと思いますので、自然とファッション動向にも『〇〇的な傾向』というのが作用するのも日本の特徴のように思えます。

 

オーストラリア(ヨーロッパ圏含む):

正直に申しまして、『自分の好きなものを着る』と言うのが彼らの基本ではないでしょうか。まあ、仕事上で大切なミーティングの時にジーンズでTシャツというのはプロフェッショナルとしてキチンとTPOを守るのが社会人として当然です。ですが、相手からどう見られるか、ということもありますが、これもまた自分の中のプロ意識として表現するものはないかと思います。

そしてまた、デートなどここ一番!と言う時にも勝負服というのがあります。が、それもまた自分がどう見られたいか当然、ありますけどそれよりもどう表現するか、「セクシーに迫って今夜こそ奴を落とす!」と言うのもありますが、これはもうどこの国でも一緒でしょうね。一般に英語で言う、Fishingといわれるものです。

 

『メイクはいつもバッチリが基本』と『必要な時だけ』

日本:

日本のネットや雑誌などにも多くのメイクに関する記事を目にすることがありますが、日本でのメイクというのは非常に重要なようです。家に居ても旦那さんのためにメイクをする奥さんが多いそうですし、旦那さんも「ウチの女房は化粧もしない」と文句をいうとか。20年前になりますが、私も仕事柄毎日、きちんと化粧をしていましたが、週末は基本的にはスッピンでしたし、化粧直しもラッキーなことに必要ない乾燥肌だった為、最低限のケアーで済んでいました。

ですが、2012年に日本に行ったときは在豪12年ということもあり、もうすでに国籍も豪州人でしたし、必要なとき以外はメイクなし、という生活が長くなり、この時ももう「どうでもいいや」と三日後からメイクなし。

そうしたらなんと、喫茶店に居合わせたおばさま方から外国人と間違われたのか、大きなささやきが・・・

「まあ、ノーメイクよ。スッピンで堂々と居られるのはいいわね〜」

すいません、気にしないというのが基本です。

 

オーストラリア(ヨーロッパ圏含む):

オーストラリア人は基本的にスッピンか、薄化粧が多いと思います。まあ、たまにびっくりするほど厚い人もいますが、そういう人はメイクが趣味なんだろうな、と思いますし、高校生も色気付いてきて「メイクをする」ことに関して経験も浅く、興味津々なので厚化粧している子も多いです。

ですが、私の周りのオーストラリア人女性は、休日にはスッピンで平気でぷらぷら街中に出て行きます。

そう、『必要な時以外はメイクはしない』

というのが圧倒的に多いです。仕事ではやっぱり人前に出るのでマナーとして化粧をしている人も多いですが、ホリデーになったらもう、ここぞとばかりに手抜きをするのも彼女たちではないでしょうか。

 

まとめ

海外生活が長くなると、どうしても感覚がズレてきます。まあ、これは個人差もありますから私の個人的な解釈でもあるし、体験でもあるのですが、結論から言えばやはり「どう見られるか」と言うのを気にするのは圧倒的に日本の方が多いでしょうね。

まあ、若い時は「自分の勝手だろ!」と言う自己主張が強い時期もありますが、それだって限度があるし、ある程度の時期が来ると普通に落ち着いてくる。

日本の教育云々もあるでしょうが、やはり国民性でしょうね、みんなと同じようにするという基準のようなものがあるので、それを補佐するように雑誌やネットでもHow toものが多く売れるのではないでしょうか。

そして、正反対なのがやはりオーストラリアなどの欧米。当然ながら、個人主義ですからまずは「自分が好きなもの」が基本であり、相手からどう見られるかは仕事上を除いては多分、あまり気にしていないと思いますね。

ですが、上記でもあげたように男女関係に関して言えば、そんなに大差ないというか、「おっしゃ、今日はいい男と出会うぞ!」という女性だって当然いますし、男性だってアピールする必要がありますから、その時には「どう見られる」というのも気にします。

ただ、これは極端な場合の例であり、普通に生活していて、パートナーがいたりするればあまり気にしなくなりますし、実際、見た目よりも内面で勝負の個人主義ですから自分が基本ではありますね。

しかしながら、多様性を重視する欧米のファッションセンスや日本のキッチリとするファッションセンスを比べてみると、当然ながら文化的な違いがよくわかりますね。人の価値観というのは様々なところから垣間見れるということでしょう。

ですが、やっぱり、スッピンで街中をプラプラできるのはありがたい!

そして、日本語を喋らなければ、外国人のふりして日本でもスッピン。

これは開き直りの精神でオススメです。