HOME 人生 『白髪を染めない』格好良さ...

『白髪を染めない』格好良さを追求|白髪ヘアスタイル特集!

さて、私の旦那の髪は、すでに真っ白と言っていいくらいの、グレー。で、私も数年前から結構な感じで白髪が増えてきました。そして、誰よりもそれを喜んだのがうちの旦那。まあ、確かにね、私だけアジア人だからってこともあるけど、若く見られて、よくある、白人男性が再婚にアジア人の若いねぇちゃんを選んだ・・・なんて感じに思われていると強く思っている人なんで、嬉しいらしい、私が老けていくのが。

で、染めようかなぁ・・・・と言うたびに反対される。

「なんで染めるの?君が年齢を重ねて、ますます美しくなっている証拠を隠す必要なんてないでしょう!?」

まあ、こんなことを言われたら、染めなくてもいいかな・・・なんて思う始末。

そこで今回は、この『白髪』について書いて見たいと思います。

『白髪があると老けて見える』は本当か?

それは、人によります。元美容師の私は、昔は白髪染めを推奨してきました・・・20年も前ですが。これは何を隠そう、売上のため(すいません、すいません、守銭でした!)。それに当時はやはり、白髪が生えてきたら染めるというのが基本だったんですよ。

それに、白髪がない方が若く見えるのは統計的に言って、確かなこと。でも、これはあくまでも統計的です。そして、人それぞれ、その人のライフスタイルや、ファッション、内面的なパーソナリティーもまた加味されて行く。そして、欧米では割とこの白髪をそのままにしている人が多いんですね。が、こちらでも『老ける』からと言って染める人も結構います。特にやはり、アジア系の女性はよく染めています。やはり、アジア圏の文化はちょっと、欧米とは違いますからね。

で、ここでの答えは、

『白髪があると老けて見える』は人それぞれです。

白髪が似合うようにするには?

で、私が美容師時代から思っていたことは、伸び始めた白髪はとってもみっともないということ。どう見ても、『白髪染め』していますということを証明しているようなものなんです(事実そうですし)。ですから、多分、白髪染めをしている方は、

「面倒だなぁ・・・・また染めなくちゃ・・・伸びてきてるし」

そして、

「いつまで染めちゃくちゃいけないの?このまま、死ぬまで一生?」

なんて思っている方も多いはず。

でもね、ここで思い切って、白髪を魅力的にすることもできるってことを見て頂きたい。そうすることで、あなたが『白髪染め』に死ぬまで縛られることなく、開放されることもできるんです。

自分に似合う髪型を見つけよう

以前は、お年を召してくるとショートにする方も多かったんですが、最近ではロングでもいけるんですねぇ。そこで、今回は白髪の似合うようなヘアースタイルをご紹介して見たいと思います。まるで、美容のプロになったみたい・・・(すいません、元プロです)。

これみんな、外国人じゃないか!日本人には似合わない!と思っている方もいらっしゃいますが、基本的にはそんな違いはありません。日本人にも似合いやすいようなスタイルを元プロが選んでみました。

ここで、頭に入れていただきたいのは、白髪は軽く見えると言うこと。地毛の真っ黒はやはり重く見えますが、白髪は白いので軽く見えるため、黒髪よりもボリュームを出してもいいんです。

そこで、基本は、クチャクチャと毛先を遊ばせることがポイント!

ショートヘア

ショートヘアは、今でも白髪のヘアスタイルの王道といってもいいと思いますが、それでも昔のように一定のスタイルではなく、個性的にすることも可能。軽さや動きを出してあげると、あなたの個性が出てきます。ショートヘアにするなら、私がお勧めするのは、思い切ったベリーショート。着るものに気をつければ、品の良いオシャレ感が出せます。

出典:https://www.pinterest.jp/pin/335166397262356167/
出典:Instagram@tyalexanderhair
出典:Photos Of Short Haircuts for Older Women
出典:Photos Of Short Haircuts for Older Women
出典:https://www.pinterest.jp/pin/322851867021802247/
出典:https://www.pinterest.jp/pin/555209460301391779/

セミ・ロング

セミ・ロングは肩につくか、’つかないかくらいの長さ。ボブだったり、軽いレイアーを入れても良いですし、まあ、正直に言えばちょっと手入れが必要かも。ブローをしたり、セットするのが面倒な人にはあまりオススメしないんですが、それでも毛先を遊ばせてあげるタイプであれば、ファイバーが入ったワックスだったりと、スタイリング剤でかなり楽になります。

ここでも、基本的なことですが、白髪は色が白いので軽く見えますから、毛先を遊ばせてあげましょう。

出典:https://www.pinterest.jp/pin/361132463855958811/
出典:https://www.pinterest.jp/pin/AQ9A5uuWpRBz5xhavA3AHxDSk5DxQTDe195D-g3p1nEu_mMNMOkKGdA/
出典:Instagram@over50__style
出典:https://www.pinterest.jp/pin/496451558908411947/
出典:https://www.pinterest.jp/pin/AVQHPcueJeVsc6B_W7hJ-d3EtVtlN5T1_wwcP-6XXhVmrg1ZvT4aiIE/
出典:https://www.pinterest.jp/pin/799881583791803528/

ロングヘアー

一般的に白髪のロングヘアーはだらしなく見えると言う固定観念があるようですが、決してそうでないですよ。ただ、どうしても年を取ってくると若い時のようには行かない。ロングヘアーが敬遠されるのは、髪の量が薄くなってくるからと言うのもあります。

人によって、頭のてっぺんや生え際が薄くなってくる人もいますから、そう言う人は長い髪の重さでぺったんこになって、貧相に見えてしまうこともありますから、髪の少ない方にはお勧めしません。ショートやセミロングでトップに膨らみを持たせたほうがいいでしょう。

出典:https://www.pinterest.jp/pin/90916486211713658/
出典:https://bellatory.com/hair/beautiful-gray-hair-2
出典:https://www.pinterest.jp/pin/453596993712540304/
出典:https://www.pinterest.jp/pin/491103534360043589/
出典:https://www.pinterest.jp/pin/481111172682771647/
出典:https://www.pinterest.jp/pin/304626362288978676/

 

 

白髪スタイルに似合うファッションは?

ここで、ヘアスタイルだけでなく、ファッションについてもちょっと気を使ってみたほうがいいと思います。日本に行くと、どうしても『おばちゃん』が多く、まあ、仕方ないことなんでしょうが、60歳代、70歳代の女性が皆同じようなファッションなんですね。

別に、60歳になったから、70歳になったからと言って『ババ様ファッション』をしなくてもいいわけです。好きなものを着ればいいですし、『歳だから、こんなの着たら』なんて考える必要もないと思います。好きなものを着ましょう!

ただ注意しないといけないのが、体の線がたくさん出るような服。やはり、歳を取ってくるとどうしても体のラインが崩れてくるというか、どうしても出てなかった部分が出て着たり、二の腕にお肉がついたり(私もそう!!)するんです。ですから、そう言ったところを出す必要はない。でも、だからと言って必要以上に隠す必要もないわけですが。

ですから、30歳代くらいの女性がするファッションだって、60代、70代でも全然オッケーだと思います。反対に、それくらいの冒険をしないとやっぱり、内側から崩れてくるような気もするし。

出典:https://www.pinterest.com.au/pin/204702745546982976/
出典:https://www.telegraph.co.uk/fashion/people/that-girl-next-door-is-just-shtick-vogues-lucinda-chambers-on-be/
https://www.pinterest.com.au/pin/204702745547584264/
出典:https://www.bloglovin.com/blogs/style-at-a-certain-age-13728085/road-trip-4723910895

歩く姿勢、立っている姿勢は大丈夫?

そして、歩くときにヨチヨチと歩いていませんか?それから、背中が丸くなっていませんか?下を向いて歩いていませんか?ちょっとした、姿勢で白髪だって若く見えるんです。

この姿勢って、ものすごく大切で、普段よりもちょっと大股に歩いてみてください。そうすることで、背筋も伸びてくるでしょうし、前をしっかりと向いて、胸を張りましょう。

 

出典:https://www.pinterest.jp/pin/396105729696775597/

 

出典:https://www.pinterest.jp/pin/AfbfB6EZLOZUThBVkXfg9zkV0KeEEpORHpJM2uWqgca3BzqXgBlmRHg/

『おばちゃんだから』という思想は厳禁!

それから、歳を取るということは、それだけ人生の経験もして、英知が増えているということ。消して、恥ずかしいことではなく、それだけいろいろなことを経験してきたからこそのあなたの内側に知識が詰まっているんです。まあ、そういう生き方をしてこなかった人もいるでしょうが、基本的に人間の価値はその人の英知だと思っているので、若い奴に『ババア扱い』されると、『何も知らないガキに言われたくねぇわ!』とマジでムカつきます。

おめえが、私の歳になった時にこんなにかっこよく生きているか??

と、今の自分を誇りに思えるような生き方をしましょう。

そして、こういった内面の意識がきちんと表に現れて、白髪だってとっても素敵に見えてくるのです。

 

まとめ

私は、今、ごま塩で白髪が20%の黒髪が80%くらいでロングにしています。まあ、ショートにするものいいんですが、基本的に美容院に行くのが面倒くさいので、自分で切ってます。それに髪がちょっと癖があるので、ほっておくと自然な感じにカールが出てくれますから、ホホバオイルを濡れている髪に擦り込んでおしまい。そのまま乾かして、癖で広がるので横に三つ編みして落ち着きを出します。

最近は、バセドウ病で甲状腺を取ってしまいましたから、やっぱり太ったんですよねぇ・・・10キロ違いますから、腹が出てしまったのを隠すためにちょっとダボっとした服を着ていますが、それでも30代のときと変わらない服装かな。

まあ、これでずっとやっていこうと思っているので、あまり気にしない私は、化粧もしなけりゃ、口紅も普段はあまりつけないし(お出かけするときだけ)。でも、こうやってナチュラルに徹することで、自然と内面もそれから外見もおかしくないようになりますから、ぜひやってみてはいかがでしょうか?

 

他にも私のPinterestに『人生とファンション』というボードがあります。そこには格好いいなぁ、と思うヘアスタイルとファッションをピンしているので、是非、参考にしてみてはいかがでしょう。

 

 

 

参考になったなぁ、面白かったなぁ、と思ったら『シェア』をポチッとお願いします。

  • Facebookでお友達にシェア
  • Twitterでフォロワーさんにシェア
  • Pinterestでピンしてシェア
Sakura
2000年からオーストラリア在住。シドニー某大学の修士課程卒業。『海外在住引きこもり主婦』のアーティスト兼ブロガー。専門は銅版画ですが、油絵もやります。海外生活事情や文化などを中心に書いてます。
- Advertisment -

最新記事

オーストラリアの森林火災

オーストラリアのユーカリの木が自然発火で山火事は常識という事実

オーストラリアはとっても広い国です。もう、びっくりこくくらいデカイ国で、大陸です。そして、気候も熱帯雨林から乾燥している砂漠気候まで様々。 ですが、実際には非常に乾燥している国なんです。真ん中のウル...

人気の記事

ランダム

PVアクセスランキング にほんブログ村

人気のカテゴリー