シミもシワも気にしない、白髪も気にしない、40も半ばを過ぎたら中身で勝負!!

 

日本は本当に『若さ』を異常に気にする人種だと思う。自分がもともと日本で美容師としてバリバリやってきた時から、実はあまり自分のことは気にしなかった。どうでもいいとうか、まあ、適当にモテてたし、友達も居たし、男に不自由したことがないと言うことも変な自信になって居たのかもしれないけど、出来れば化粧なんてしたくなかったと言うのが本音。

そう言う意味では、

オーストラリアは天国!!

だって、ほとんどの人が化粧をしてないし、口紅さえもつけてない人が多い。だから、ここ数年本当に私も数えるほどしか化粧はして居ないし、それでも旦那も何も言わないし、化粧しても別に褒めもしない。どうでもいいわけじゃなくて、そう言う外見を気にする人間でもないし、もともと作りが派手なので私が化粧をしたところで特に変化もないと言うのが事実でもある。

しかし、日本はなぜあそこまで『若さ』を強調するのだろうか・・・・。

 

若さは美徳でなく、未熟の表れ

私が20代の頃は、付き合う人はほとんどが年上だった。これは、男も含め、女も含めて。それは、中身も含めて色々と吸収して成長したかったから。年上の人と付き合っていると、やっぱり色々なことを教えてくれるし、それが「ほぉ・・・なるほど」と納得するようなとても賢く、尊敬すべき、また愛すべき人たちに恵まれていた。そして、その人たちは、往々にしてあまり周りを気にしない人たちだった。

女性でさも、大口開けて大笑いし、「うん、うまい!」と唸って舌鼓を打ち、美味しいお酒を飲ませてもらった・・・まあ、飲まされたという方いいかもしれないけど。そして、本当のいい女っていうのは、美味いものをうまそうに食う女だとそこで教えてもらったように思う。そして、私は誰からも「本当に、美味しそうに食べるよねぇ」と良く食事に誘われたりするようになった。

だから、私はあの往年のお姉様方、彼女たちは仕事の先輩だったり、バイトで知り合った人だったり、兄貴を振ったもと彼女だったりしたけど、一応に手強い方達ばかりだったし、楚々として口に手を当てて笑うというところはついぞも見たこともなかった・・・。

そして、彼女たちはみんな一応に、「ガキが偉そうなこと言ってんじゃないよ」と言っていた。

そう、彼女たちにとって「若さ」とは「未熟」と同意語だったんじゃなかと思う・・・。

 

日本は「ロリータ」の集まり

日本のアニメもそうだけど、日本人のアイドルがクネクネと喋ったりしていると、妙に悲しくなる。こんなことを言うとオタク系のお兄様方からめっちゃ怒られそうなんだけど、それでもああ言う女は日本にしかいない。あ、中国や韓国でも増えているらしいので、日本だけと言うのはちょっと違うかもしれないけど。

なんであんな、何も知らない「バカそうなの」がいいのだろうか・・・・。よくわからない。

やっぱりあれは、日本の処女信仰と固く結びついているように思えるんだけど、猫をかぶっているとしか思えない。本当にああ言うのだったら、気持ち悪いと思うんだけど、それでも日本男子には人気があるし、ある一部の外国人男性にも人気があるのも事実なんだよねぇ・・・。まあ、うちの旦那は気持ちが悪いと言うけど。

 

女も男も酸いも甘いも嚙みから味が出る

経験や知識、そして経験があってこと人間には味が出てくる。何も考えないで、「若さ」だけが取り柄のようなガキどもにはわからない様々な英知が出てくるわけで、それが人間臭さも出してくれる。だから、本当は男も女もシミができたり、シワができたりするのだって恥ずかしがることではないとも思うし、ババアと自分を蔑むこともないとも思うんです。

私は少なくとも、若い時に自分が若いから年上の人たち、特に40歳過ぎのお姉さまたちよりも優れているとはこれっぽっちも思っていなかったし、「若くていいでしょう」と思ったことがなかった。できれば、あの人達のように美しく歳をとっていきたいなぁ・・・と学ばせていただいた方なんです。

そう、やはりね色々な経験をしているからこそ、惹かれる部分もたくさんあるし、素敵なだなぁ・・・と思う方もいまでもおります。それは、恋愛感情ではなけれども、一緒にいてとっても勉強になるんですねぇ。

 

まとめ

今回はなんだかよくわからない記事になってしまいましたが、私が言いたいのは、40過ぎたから、50過ぎたからと自分をババア呼ばわりしたり、じじい呼ばわりする日本の習慣っておかしいと言うことが言いたいんですよ。なぜ、歳をとることに引け目を感じなくてはいけないのか。なぜ、あんなにバカな若い奴らがでかい顔をしているのかよくわからない・・・。

英語には特に敬語や尊敬語などはないですが、それでも態度や言葉遣いで相手に対する尊敬の意を評することがありますし、よくわからない人もいるでしょうが、こう言う礼儀には結構うるさい時もあります。日本も本当はそんな感じだったけど、今のTVとかをたまに見てると、なんか・・・・違う気がする時がある。

だからね、中身なのよ。本当に大切なのは人柄やその人が持っているセンスだったり、ユーモアだったり、顔や形じゃなくてね、本当に賢い人というのは中身なの・・・・ということが言いたかった記事でした。