HOME シドニー暮らし 欧米式の子育て 【欧米式子育て】思春期の子...

【欧米式子育て】思春期の子供と口論になった時の対処方法とは?

思春期・反抗期の子供と付き合うのは本当に大変です。その日によって態度の違うし、気分も全然違います。

まぁ、それは思春期であれば当然のことで全く以て自然なんですが、一緒に暮らし、振り回される親の身にもなってみてくださいって、言いたくもなる今日この頃でございます。。。。。昨日もまた、言い合いをしてしまいました。

何が原因だったのかは、次の日になってみると大したことではないんです。ですが、親だって人間ですからね、ムシの居所が悪い日もあるんですよぉ・・・・ねぇ・・・。

このブログでは、何度か思春期の子供たちについて基本的な知識を勉強してまいりました。そこでもう一度、思春期のティーンエージャーに絶対に言ってはいけない言葉をおさらいしたいと思います。

喧嘩になった時の基本姿勢

口論になるのは、思春期にあるティーンエイジャーの自我の芽生えで、成長してる証ですから、反対に喜ぶベきものではないかと思うのですが、毎日のように反抗的な態度を取られたらウンザリしてきますよねぇ。

  • 言い合いはできるだけ避ける。通常、激昂しているとき、私たちは言ってはいけないことを口走ったり、言うつもりのないことまで口走ります。もしも、激昂しそうになった時は冷静になる時間を持ちましょう。
  • 子供に異論を唱えない:子供の言うことを真に受けないようにしましょう。いちいち真に受けて、異論を唱えない事です。あなたの子供が自立しようとしているのだと思い出しましょう。たとえ、ちょっと間違っていても、聞き流してあげましょう。
  • 説教をしない:もちろん、親はあなたの子供よりも多くの人生経験があります。けれど、子供に説教すると、子供はそれ以上話を聞かなくなる可能性が高いです。子供があなたに耳を傾けるようにするには、積極的に子供の話を聞く必要があります。
  • しつこくしない:しつこく話をするのは逆効果です。子供は多分、あなたを無視し、あなた自身のイライラが増すだけです。
  • 皮肉は絶対にやめる:皮肉は、ほぼ確実に怒りをかい、子供との距離を広げます。

実際に行動すること

  • 子供に部屋に戻るように即す:まずは、距離を取りましょう。その時は、「お互い、感情的になってるから、あなた、自分の部屋に行って」ときちんと説明しましょう。いきなり、「部屋に行け!」といえば、角が立つし、反抗期のガキは、基本的に自分が正しいと思っているので、なぜ自分が部屋に戻らなければ行けないのかが理解できません。
  • 想像力を書き立ててやる:あまりにひどいことを言われたら、「そんな態度を自分の友達にされたらどう?それとも、そんなふうにお友達とも話しているの?」、「そんな言い方、ショックだし、失礼だわ」と自分の気持ちを教えてあげるのもたまには必要です。
  • 冷静になって、落ち着いたら、ハグしてやる・・・。

まとめ

さて、もう・・・・難しいですぅ!!本当に、難しいです!こんなに冷静になんてできませ〜ん!!と、思っているおとうさん、おかあさん型・・・あなた達だけじゃございませんよ!

本当にね、生意気というか、なんでもわかっている顔をして話をしてきますからねぇ。でもね、それもまた、成長過程であるし、私たちだって、そうだったんですよぉ〜、覚えてないだけで。ですからね、必要最低限のルールとコミュニケーションをとっておくことだけは忘れずに、それ以外はもう・・・ほっとけばいいと思います。そのうちに、気分が変われば、大人になってくればまた話すようになると思います。

あれやこれやと焦って、このまま非行に走るんじゃないかとか、あれこれ心配して関係を悪化させるよりも、長い目で見てあげたほうが良いと思います。

ああ、でも、言う方は簡単ですが・・・・ねぇ・・・。うん・・・。

でも、なめられちゃなんねぇし、負けられません!!

 

 

 

Sakura
2000年からオーストラリア在住。シドニー某大学の修士課程卒業。『海外在住引きこもり主婦』のアーティスト兼ブロガー。専門は銅版画ですが、油絵もやります。海外生活事情や文化などを中心に書いてます。
- Advertisment -

最新記事

人気の記事

【国際結婚・恋愛】外国人の恋人に絶対やってはいけない5つのこと

日本もだんだんと個人主義が浸透しつつあるようの思う今日この頃・・・・でも、やっぱり日本独特の文化や背景があるので、ちょっとやそっとじゃ、欧米...

『白髪を染めない』格好良さを追求|白髪ヘアスタイル特集!

さて、私の旦那の髪は、すでに真っ白と言っていいく...

【欧米式子育て】赤ちゃんの寝かせ方:『抱き癖』で夜泣きがひどくなる!?

  昨日、クリーニング屋さんに行った帰りにちょっと...

外国人が驚く日本人の『無礼な習慣』と『マナーの悪さ』7つとは?

ウチの旦那は、オーストラリア産まれの今年で55歳に...

【オーストラリア移住】オーストラリアは本当に理想な国か?豪州永住歴20年の現実

さてさて、ちょっとばかり調べてみると、なんとオース...

オーストラリアは人種差別が多い?豪州移住19年から見た豪州の人種差別

最近になって、日本でも移民を入れると言う政策が進ん...

【少子化問題】日本は子供が産めない国?少子化に歯止めがかからない理由とは?

昨日のヤッフーニュースで見た記事。「総務省が「こど...

【スピリチュアル】晴明神社はちょっと他の神社と違う、その理由とは?

さて、晴明神社のことについて、以前も書いているんで...

『生き甲斐』とは?40代と50代は生き甲斐を見つけて人生を変えるべし!

先日アップした記事で、海外では40代、50代になる...

【奈良吉野山】 脳天大神:びっくり仰天のすごいご利益のパワースポット

またまた、吉野山のご紹介です。 吉野山のと言うの...

ランダム

【簡単レシピ】レンズ豆の野菜スープ:寒い夜にはぴったりの健康スープ

北半球と南半球、当然ながら季節は真逆である。そこ...

【移民国家の実態】いつまでも英語を話せないオースラリア人たち

オーストラリア在住、18年目。いや〜、長いです。3...

【幸福の価値観】『結婚しないという人生』、その将来と最後は?!

う〜ん、最近の記事では日本の『少子化』、『内縁関係...

【国際結婚・恋愛】オーストラリア人男性のいろんなタイプ

オーストラリアは移民国家ですから、いろんな国からの...

【欧米式子育て】思春期の子供と口論になった時の対処方法とは?

思春期・反抗期の子供と付き合うのは本当に大変です。...

【日本の旅】奈良・吉野山で古の宗教観と出会う、私の特別な場所

  この吉野山という場所を初めて訪れてみようと思っ...
PVアクセスランキング にほんブログ村

Instagram

オススメ記事