【スピリチュアル】晴明神社はちょっと他の神社と違う、その理由とは?

 

さて、晴明神社のことについて、以前も書いているんですが、私はこちらの神社、こじんまりとしてかなり好きな神社なんです。初めてこちらに伺ったのが、2012年の秋で、この時は大学院での作品作りに必要な写真を撮りに行ったんですが、京都ブライトンホテルに泊まると言うことで、元々の屋敷跡にお邪魔して、京都での安全な観光(いろんな意味でね)、それからいい写真が撮れますようにと言うおねがい方々伺いました。

随分と前から私自身、神社や仏閣、また精神性による神道や仏教、霊能に関して興味があったので、いろんな本を読んだり、または自分で感じる部分での愉しみを増やしてきましたが、特に、ここの晴明神社における感じはとっても興味深いものがあります。

そのときの旅の行程は、まず、京都に入って、京都での紅葉の写真を撮りまくり、その後、天川村、吉野山の金峰山寺で秋のご開帳をする予定で行ったので、まずはじめに晴明神社に伺うことになりました。

ご存知のように、晴明神社は平安時代の最も力があったとされる陰陽師、安倍晴明を祀る神社であります。普通の神道の在り方として、人が神様になる場合、怨霊封じ、または疫病封じ、天皇関係、それに準じた階級(?)や地位によって神様になる場合が多々ありますが、官僚であった陰陽師が神様にまでなると言うのは、かなり珍しいことではないかと私は思います。

 

あるに人にとっては苦手という晴明神社

多分、こう言ったことから、ある人たちにとってはこの晴明神社は苦手、となるんじゃないか・・・とおもう部分もあります。

例えば、桜井識子さんのブログでは『相性の良くない神社』という記事(桜井さんは、あまり陰陽師のことはご存知ないようですが)において、晴明神社は相性の良くない神社ということをおっしゃっていて、そのあと、晴明神社とじっくりと、がっぷりと向き合ったお話もまた書いていらっしゃいますが、ああ、なるほどなぁ・・・と思いました。その本がこちら。

しかし、桜井さんにとっては多分、苦手な神社なんでしょうが、私はどちらかと言うと、京都に滞在するときにはお世話になりますって言う感じの神社のように思っているんです。桜井さんの本を読むとよくわかるんですが、やはり、安倍晴明は死しても、神となっても術師、陰陽師である、それも最強の陰陽師である・・・と言う印象なんです。

つまり、晴明神社に行って、お祈りし、ご縁を結ぶことによって、京都にいる限りはその術、あるいは咒によって邪悪なもの、異質のものから守ってもらえると言う感覚があります。ですから、山の神様や水の神様や仏様、自然界の神様とは全くもって違った神様であると、まあ、桜井さんもおっしゃっているんですが、私もそれに同感です。

ただ、私がちょっと違う感じで思ったのは、人それぞれ出自が違うので、私の場合はそんなにあわない、苦手ではないということ。私の実家、母方の方は元々は皇族に属していた家系で、まあ、ゆうなれば安倍晴明が仕えていた側の出ということになります。なので、多分、そう行った背景、血筋からか私にとってはなんとなく、馴染みがあるというか、咒や呪術に対する受け入れの器がある感じがしています。ですから、晴明神社に行っても「はい、屋敷跡のホテルに滞在します、よろしくお願いいたします」っていう感じなんですねぇ。

 

できればまっさらで参拝するべき?

しかし、2014年の2回の目の訪問の時は全くもって違いました。実はこの時は、旦那の50歳の誕生日で京都に行ったんですが、はじめに吉野山に行ったんです。そこで金峰山寺での夜の勤行とご開帳を体験しまして、それから京都に入りました。この時は、無宗教の旦那が一緒だったため、どちらかというと、本当に「観光」という感じでおりました。ですから、晴明神社にも数日たってから伺った感じだったんです。

もうねぇ・・・なんだろう・・・門が閉ざされちゃったというか、完全にシャットアウトされた感じがしたんです。冷た〜いんです。無視されている感じ・・・。以前行った時の「ほう、来たのかい」っていう、のんびりとした雰囲気はなくて、閉店している感じ。まあ、京都についてすぐに伺わなかったから、ちょっと時間が空いちゃって、怒っているのかなぁ・・・なんて思ったりしもして。でも、お守りを買い直さないといけないので、社務所に行き、巫女さんにお守りをくださいと言ったのに、この巫女さんさえも無愛想でものすごく、冷たい。もう、ほとんど「ポイっ」ってお守りを投げてよこされた感じ(多分、そういうつもりなかったと思うけど)。

「え〜!!!そんなに私、嫌われたんですか?!」って思った。

それが、ずっと、ずっと、今だに悲しくて、悲しくて。4年近くも、ことあるごとに悶々としていたくらいです。

それで、色々と答えを探すべく読み漁ったり、調べてみたりしたら、この桜井識子さんの本に出くわしたんです。それで理由がな〜んとなくわかりました、というか、わかったような気がして来たんです。多分、そうじゃないかな・・・と思います、今は。

そう、吉野山の金峰山寺での山の仏様とのご縁を結んじゃって、ものすごい強いものを背負ってやって来たんじゃないか、それで私自身が神社にとっての「異質」になっていたんじゃないかという気がしたんです。この桜井さんじゃないですけど、私もまた山岳系の神様、仏様とのご縁を結んだことによって、晴明神社が「相性の良くない神社」になってしまったんではないかと思い当たったんです。

まあ、吉野山の金峰山寺の夜の勤行に参加なさった方はわかると思うんですけど、あれは、ものすごいですから・・・もう、何だろう、パッシーン!っと叩かれる感じの気合が入るというか、なんと言うか、実はあれから私は修験道に目覚めまして、女性だから無理だけど、あの修験道の装束にはゾクゾクして、萌える・・・。そう、これが萌えるって言うことなんだと初めてわかりました・・・。

 

さて、来週、私はまた京都に行きます。

今回は、京都が先で、次に吉野山の金峰山寺、いまの時期は、夜の勤行、ご開帳の時期ではないので、朝の勤行に参加して来ます。ですから、多分、今回は大丈夫じゃないかと思うんですが、どうなるかなぁ・・・と思っています。多分、「はいはい、京都にいる間は、咒をかけてあげましょう。」と言って下さることを期待しているんですけど。

あんな、冷たいのはもう、勘弁です・・・。

京都は本当に色々と面白い街で、ご飯も美味しいし、こういった呪術がふんわりと体験できる場所も晴明神社だけでなく、結構な数あるんですが、そういう現代社会からはかけ離れた異郷になぜか私は惹かれるんですねぇ。まあ、オーストラリアにもアボリジニーたちが畏怖した「マジック・フォーレスト」なる場所もかなりありますし、私にとってはどちらも興味深いし、こういう自然のエッセンスがあるからこそ、生きるって楽しい・・・と思うときもしばしばです。

そして、今回の友は同類ですから、さて、彼女は何を感じるか・・・ふふふふふ・・・とっても楽しみです。